2019年03月20日

キダイもこれだけ型が揃えば狙いの対象になる 〜 3月6日釣行

アマダイ狙いの外道でせいぜい小さいのが4〜5匹がキダイの相場。
久能沖で大アジをやってたら良型のキダイがヒットした。
魚探反応はアジと似てたのでアジかと思ったらキダイの群だった。

大アジが渋かったので短い仕掛けに変え
こいつを集中的にやり出したらどういう訳か次から次へと喰ってくる。
これはおもしろいし食べてはとても旨い魚なので釣り甲斐があるなと。
魚探反応切れても喰ってくるし
この辺りではこんなこと初めてで潮でも変わったのだろうか。

いい加減釣ったあたりで無風になり
潮流れも悪くなってきたので帰港することに。

毎年今頃から5月まで潮流れの質が悪く難儀する。
しかしキダイもこれだけ釣果出れば立派な狙いものとして成り立つ。

大型は脂の乗りも十分あって刺身、昆布締め、酢締めといずれも旨いし
引きも結構強いのでおもしろい釣り物だ。


キダイもこれだけ型が揃えば狙いの対象になる001.JPG
キダイの良型揃い。
中小含みで28匹あった。
頭や中骨は出汁を取るのに使うと激旨。
次も狙ってみるか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−キダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

またまた安倍川沖へ 〜 3月2日釣行

今回も予報より海は芳しくなく安倍川沖は複雑で質のよくない波のお出迎え。
清水は凪だったのに。
アジの反応無しで早々にアマダイ五目。
仕掛けはいつもより少し長目の2.5mで開始。

波の上下激しいので手持ちで体をクッションにし
棚を少しでも安定させる工夫をしながら。
多少の波なら短い針スで置き竿にすれば適度な誘いになるが
上下動激しければ餌の動きも連動し魚が喰うタイミングも少なくなるから。

ぼちぼち釣れてはくるが何としても型がいまいちで不満足。
このポイントもかなり広いのだがやはり固まっている場所があり
短いサイクルの流し変えで狙った。

しかしアマは300g前後とキロ級は望めない。
天種には上等過ぎるのだが。
それでもAさんの方が少し型はよかったみたいでツ抜けだった。
もう少し残り物を釣り上げて今シーズンのアマも終わりかな。


またまた安倍川沖へ 001.JPG
下ごしらえの終わった五目釣り釣果。
ムシガレイの塩焼きは旨いね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に 〜 2月26日釣行

駿河湾中部の海上は穏やかな予報だったが
鯖根の海面は掘れる一歩手前状況で大アジもアマダイも棚が定まらず苦戦。
棚取りが定まらないのなら胴突き仕掛けで狙ってやれと。

これで始めたらレンコばかりでこれはこれで良しとせっせと釣り上げる。
その中にそこそこの形のカイワリとチカメキントキも混じった。
カイワリの約80%は口中にタイノエのオスとメスがペアで鎮座してるので
ペンチでつまみ出す。

チカメキントキは釣行毎釣れる魚じゃないけど
今まで30匹ほどは釣ってるだろうか。
刺身が旨い魚で高級魚の部類に入るらしい。
魚体全部が頑丈な鱗で覆われ鱗落としが難儀するから
背と腹の鱗を包丁を入れる部分だけ出刃の刃先でかき落として三枚におろし
皮を引いてしまえば手こずらないで済む。

そのうち風は収まって無風状態に。
質の良くない潮流でラインがあっちへ行ったりこっちに来たりで
真っ直ぐ入らず散々な釣り日和。

帰ってからレンコを酢締めにし手巻き鮨で食べた。
時々やるのだがいくらでも食べられるほど旨いから
ご存知ない方ぜひやってみてください。

レンコの酢締めはこちらの記事に書いてますからご参考に。

これを海苔を敷いた酢飯にのせワサビを付けて食べ出すと止まらなくなる。
少々根のいる料理だがまた釣ってきて食べたくなるほど。
お勧めします。


レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に001.JPG
出来上がったレンコの酢締め。
皿は三上 亮さん作陶。


レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に002.JPG

レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に00202.JPG
海苔で手巻きにする。酒にも合います。


レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に003.JPG
25pのチカメキントキ。
3日間ほど熟成させ刺身にする。


レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に004.JPG
こんな釣果だった。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 19:06 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−キダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

脳梗塞から少しでも遠ざかる工夫

どれほど健康に自信がある人でも、こと脳梗塞には例外はなさそうだ。

何の予兆もなく(僅かな予兆が出る場合もある)
自分の体が自分の体ではないような状態に突然襲われ
何事が我が身に起きたのか理解できずへたり込んでしまう。

これほど突然前触れもなく起こるのは交通事故ぐらいしかないのでは。
心構えのしようがない。

この疾患を少しでも遠ざけるには日常生活。
特に食生活の不摂生を正すことが大事だ。

中性脂肪、コレステロール、血糖値、血圧などは高齢者の気になることだが
正にこれらに注意を払うことを常に心掛けることが大切だ。

体を巡る血液濃度が上がりドロドロ状態になることを避け
春の小川のようにサラサラ行くようにすれば確率は下げられる。
アルコール類は絶対だめではなく適量ならむしろプラスに働くといわれる。
(脳内出血は別)

絶対いけないのがタバコ。
この習慣は何としても絶つべきだ。
タバコを吸っていても何ともない高齢者がいるとの話を耳にするが
これは確率の問題であって吸ってる人全部に疾患が起こるということではなく
高確率で疾患に巡り合うということだから
その確率から遠ざかることが疾患から免れるということで
突然の脳梗塞から身を守る最重要事項だ。

中々止められなくてという人は多いが一度脳梗塞を経験すれば
とてもそんなこと言ってられなくなり
再発恐怖の日常を余儀無くされる。
タバコを止め食生活に留意すれば脳梗塞の恐怖から遠ざかることは確かだ。
脳神経医師もこれらのこと強く説得するのだから確かなこと。

現在全く健康で脳梗塞なんて
どこの国のことかとの人もどうぞ油断されないで下さい。

わたしがいい例なので。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

昆布締めで使った昆布どうしてます?

これ以上の鮮度は他にない自分の腕で釣り上げてきた魚達。
ひと手間加えた昆布締めは他で食べることができない超贅沢な一品料理。
今の時期アマダイは最高。
魚と昆布の旨味が合わさるのだから不味かろうはずがない。

ところで使用後の昆布活用してますか。
まさか捨ててないでしょうね。
もっとも3〜5日後ぐらいなら2度目の昆布締めに使えるけど。

1度使った昆布を酒で拭きラップに包み
冷蔵庫のパーシャル室で保存すれば十分使える。

しかし当分2度目に使う予定がない時や2度目に使った後は
酢の物にすると実に美味しくビールのつまみになる。
魚の旨味を吸った昆布に酢の味が加わるのだから旨いのは当然で
捨てる部分は一切ない。
酢もキダイの酢締めなどに使った後のもので用は足りる。

室温や酢の温度、昆布の厚さにもよるがおおよそ20〜30分浸せばよい。
時間になったら酢を拭き取り適当な細かさに刻めば出来上がり。
後を引いた旨味はくせになること受け合い。

昆布について少し詳しく記しますね。

産地は北海道北部の羅臼昆布(養殖)1s 5,000〜6,000円。
北海道南部の真昆布(天然)1s 6,000円前後を使ってますが
それより廉価なものでも十分使えます。

購入先は富山県黒部市の昆布問屋(株)四十物昆布(あいものこんぶ)から
長年購入してます。
(あっ、これCM料もらってませんからね)
今まで函館や福井の問屋から買ってましたがここに落ち着きました。

昆布は全体的に生産量が減っており価格も上昇気味ではあるが
とにかく捨てる部分が一切ないことや
利用価値からしても価格に十分見合った食品でしょう。
それでもスーパーなどで100g単位で買うより廉価なのは間違いなし。
どうぞお試しください。

ダボハゼいいこと記すなと・・・。


昆布締めで使った昆布どうしてます?.JPG
昆布締めで使った後の昆布。
20分ほど酢に浸した後、細かく刻んで食す。
酒のあてにもなるし熱々のご飯にも合う。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする