2020年07月04日

先日小膝を叩きたくなる小話を見付けた

テーマは18歳と81歳の違い。(テーマ自体もユニーク)
いいですか、いきますよ。


道路を暴走するのが18歳。
逆走するのが81歳。

心がもろいのが18歳。
骨がもろいのが81歳。

恋に溺れるのが18歳。
風呂で溺れるのが81歳。

ドキドキが止まらないのが18歳。
動悸が止まらないのが81歳。

恋で胸を詰まらせるのが18歳。
餅で喉を詰まらせるのが81歳。

自分探しをしてるのが18歳。
みんなが自分を探してるのが81歳。

東京オリンピックに出たいと思うのが18歳。
東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳。
社会に旅立つのが18歳。
あの世に旅立つのが81歳。

早く「20歳」になりたいと思うのが18歳。
できれば「20歳」に戻りたいと思うのが81歳。

「嵐」というと松本潤を思い出すのが18歳。
鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81歳。


等々、80歳になった我が歳を思うにうまいこと言うなと感心しきり。

※日本経済新聞「あすへの話題」より


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

小さいイトヨリ釣れたら

キロ級イトヨリ狙いの五目釣りで大アジ、大サバ、キダイに混じり
25cm程のイトヨリが混じることがある。
ソコイトヨリも含めこれの塩焼きが滅法旨いのご存知?

この魚取り立て強烈な旨味を持ち合わせてないのはキロ級も同様だが
上品で繊細な奥ゆかしい旨味は一度経験すると癖になりこいつが釣れると

おう旨い塩焼きが食えるぞ

ということになる。
キロ級になれば当然刺身、昆布締めが一般的だが
贅沢にも切り身にし天ぷらで食したらアマダイに負けないほどの旨味がある。

関西系の魚で大型は料理店の御用達といわれる程の高級魚だが
関東ではそれほど珍重されないのは何故だろう。
味が上品過ぎるのか。

大アジ、大サバは同じくらい嬉しいが
キロ級イトヨリはアマダイどころじゃない。

この魚、身に水分多く特に小さいのは顕著だから塩焼きにぴったり。
これを釣ったら是非塩焼きで食べてみてください。


小さいイトヨリ釣れたら.JPG
25cmを塩焼きにした。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年06月30日

何日ぶりかでイトヨリキロ級 〜 6月27日釣行

投錨釣りの潮流れがこの日は緩くラインはほぼ真っ直ぐ入り
微妙な当たりも確実に取れるし大アジ、大サバ共喰った。
魚も船に付く時間長く滅多に無い状況。
従ってそこそこ良い釣り日和でAさん共々クーラー賑やかで
たまにはこんな日もないとなぁ。

この日の収穫は何と言ってもキロ級イトヨリの復活。
前回はAさんでこの日は船頭。
まだまだいそうだけど。

ヒットから海面までぐいぐい重量感ある引きは針掛かりして直ぐに分かる。
しかし前回はアカエイに騙されたけど。

大アジはいつもの大きさだが大サバの大きさったら
時々一荷で掛かると綱引き状態で
これはこれで楽しく料理の幅も広くとても嬉しい。
しかし竿先がいきなり海面に突き刺さる当初の当たりはマダイそのもの。

そうそう、大アジもキロ級近くの個体は同じような当たりが出る。
やっぱりアジ、サバは食味からも釣る楽しさからも断トツだ。

そして操船の必要ない投錨釣りは超楽ちんだ。
釣りに専念できるもの。


何日ぶりかでイトヨリキロ級001.JPG
この日のお宝。
1kgのイトヨリと下段は塩焼きサイズ。
塩焼きがとても旨い魚。キロ級は昆布締め。


何日ぶりかでイトヨリキロ級002.JPG
大アジは600〜900gで全12匹。
幅広で金色に輝く姿は旨さの証。
締めサバと同じ造りで締めアジにして食したら旨いの何の。


何日ぶりかでイトヨリキロ級003.JPG
どうです、このバディ。まるでカツオだ。
900gの個体、夏場も旨いゴマサバ。
これらの魚は買っては食べられない。
釣りびとバンザーイね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年06月28日

サバパワー 〜 6月24日釣行

無風状態で流し釣りには操船難儀でこの日も投錨釣り。

どこか魚影出る所はないかと探し回るが近頃めっきり芳しくない。
仕方なく適当なポイントに投錨。
当然直ぐに釣れる訳ない。
辛抱の釣りで30度に流れるラインを眺めるのみ。

潮流れ速すぎるから投錨釣りにも不向きだが
無風で操船に手こずり釣りにならないよりはましだ。

30度のライン流れでは当然当たりは取り難いが強烈な当たりが出だした。
マダイのような引ったくるような誰が見てもはっきり喰ったとのサイン。
慎重にやり取りするもそのパワーの凄いこと。

大サバだ。

惚れ惚れする見事な丸々と幅も広く
いかにも脂乗り乗りの魚体は天種アマダイの比ではない。
早速頭と腹わたを取りキンキンに冷えたクーラーに。

それにしてもサバの引きじゃなかったなぁ。
こんなサバならいくらでも釣りたい。
釣って楽しく料理の幅もありどのように造っても激旨だもの。


サバパワー 〜 6月24日釣行.JPG
きれいな身は旨さの証。
締めサバ、味噌煮、干物、塩焼き、いずれも旨味満点。
850g前後。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年06月25日

赤い魚ばかり 〜 6月21日釣行

日曜の釣行は帰路高速の渋滞で敬遠気味だったが
このところ空いているのと気象状況も良いことから夜中の2時に出掛けた。

マリーナ駐車場は少しばかりの混みよう。
タチ狙いらしい。

近場で少し釣れてるらしく南下途中でジグ落としみたが
魚影も大したことなく僅かな時間で切り上げ南下。

鯖根から安倍川沖の反応探すが芳しくない。
ぽつりぽつりは出るがとても船を乗せられる群ではなく投錨の釣り。
Aさん大サバに大アジ釣るが後が続かず反応も全く寂しいので
抜錨しアマダイの流し釣りに変更。

風吹かずで操船思うようにならず難儀する。
釣れても形が揃わず醍醐味に欠ける。
海は穏やかだったんだけど。

何とかおかずぐらいは確保し暑さに負けて退散。

しかしこんな状況続きだと釣り物がない。
次回とうしよう。


赤い魚ばかり 〜 6月21日釣行.JPG
この日の赤い魚。
ホウボウは刺身サイズで4日ほど熟成させてから。
他は天種にでもしよう。
アマダイは天ぷらが一番と思うが。
黄アマダイが一匹混じってる。お分かりですか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ