2020年07月15日

盛夏に茗荷(みょうが)

茗荷大好きな人いると聞く。

地下鉄丸ノ内線の茗荷谷駅。
昔はたくさんの茗荷が自生してた谷間があったんだろな。
今じゃ都会のまっただ中だけど。

住まいの近く大雄山最乗寺参道の杉林の中にも自生し
夏には立派なのが採れる。
そうめんの脇に置いたり酢の物や天ぷらで食すと盛夏を実感する。

毎年庭の片隅で採れるので香りを楽しむが特別旨いものとは思わない。
しかし好きな人は目が無いみたい。
色合いは良いし艶やかで見栄えは良いのだが。

そうそう茗荷紋という家紋もいくつかあるね。


盛夏に茗荷001.JPG
庭の隅で茗荷のジャングル。


盛夏に茗荷002.JPG
根から発芽してる。


盛夏に茗荷003.JPG
艶々と旨そうには見えるが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

いつまで続くこの長雨

船が出せないじゃないか!

空に向かって叫んでみてもどうしようもない梅雨前線の居座り。
地域によっては大きな災害を被っている。
お気の毒だ。
列島を覆っている雨雲は凄まじく切れ目無く大雨を降らせてる。
外に出られないから悶々と閉じこもってるしかない。

太平洋高気圧がもっと強くなって
前線を北に押し上げれば夏本番となるのだが
その高気圧どうにも弱気のようだ。
前線が消えても海はしばらく濁りだろうし
流木も漂ってペラにも注意しないと。

疫病コロナと天災強雨。
経済活動にも悪影響甚だしい。

気が晴れない日が続く。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年07月07日

晴れたら吹く、凪には降る、僅かな間隙ついて 〜 7月3日釣行

梅雨前線しつこく居座り船を出せない日が続くが
この日は午前中だけ何とかなりそうなので梅雨の間隙ついて出船した。
風はないが昨日強風の余波が残り少々荒れ気味の海。

前回同様鯖根での投錨釣りは大アジが少しばかりコマセに付いて
退屈しない程度に喰ってくる。
正午から降り出す予報なので午前中で形をつけないと。

そんな中Aさん神懸かりにでもあったように良形マダイ4枚釣り上げる。
キロ級イトヨリは2人共振られてしまったが大アジは同数の12匹。
これはこれで十分満足な釣果。

そうこうしてるうちに西の空模様が怪しくなってきた。
どうやら予報通りらしい。
降られないうちにと抜錨しマリーナに着いたらポツリポツリと降り出した。
半分は降られるの覚悟だったからこの程度でラッキーだった。

これからしばらくは前線が停滞で出船出来ない日が続きそうだ。


晴れたら吹く、凪には降る.JPG
型の揃った大アジはどれもグラマラス。全12匹。
(写真は一部)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年07月04日

先日小膝を叩きたくなる小話を見付けた

テーマは18歳と81歳の違い。(テーマ自体もユニーク)
いいですか、いきますよ。


道路を暴走するのが18歳。
逆走するのが81歳。

心がもろいのが18歳。
骨がもろいのが81歳。

恋に溺れるのが18歳。
風呂で溺れるのが81歳。

ドキドキが止まらないのが18歳。
動悸が止まらないのが81歳。

恋で胸を詰まらせるのが18歳。
餅で喉を詰まらせるのが81歳。

自分探しをしてるのが18歳。
みんなが自分を探してるのが81歳。

東京オリンピックに出たいと思うのが18歳。
東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳。
社会に旅立つのが18歳。
あの世に旅立つのが81歳。

早く「20歳」になりたいと思うのが18歳。
できれば「20歳」に戻りたいと思うのが81歳。

「嵐」というと松本潤を思い出すのが18歳。
鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81歳。


等々、80歳になった我が歳を思うにうまいこと言うなと感心しきり。

※日本経済新聞「あすへの話題」より


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年07月02日

小さいイトヨリ釣れたら

キロ級イトヨリ狙いの五目釣りで大アジ、大サバ、キダイに混じり
25cm程のイトヨリが混じることがある。
ソコイトヨリも含めこれの塩焼きが滅法旨いのご存知?

この魚取り立て強烈な旨味を持ち合わせてないのはキロ級も同様だが
上品で繊細な奥ゆかしい旨味は一度経験すると癖になりこいつが釣れると

おう旨い塩焼きが食えるぞ

ということになる。
キロ級になれば当然刺身、昆布締めが一般的だが
贅沢にも切り身にし天ぷらで食したらアマダイに負けないほどの旨味がある。

関西系の魚で大型は料理店の御用達といわれる程の高級魚だが
関東ではそれほど珍重されないのは何故だろう。
味が上品過ぎるのか。

大アジ、大サバは同じくらい嬉しいが
キロ級イトヨリはアマダイどころじゃない。

この魚、身に水分多く特に小さいのは顕著だから塩焼きにぴったり。
これを釣ったら是非塩焼きで食べてみてください。


小さいイトヨリ釣れたら.JPG
25cmを塩焼きにした。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ