2019年08月28日

ヒメちゃん捨てないで 〜 8月26日釣行

今回も安倍川沖の大アジ、サバ、アマダイ狙いで航海灯を付けての出港。
日の出が一時より一時間も遅くなった。

ポイントは貸切状態で一艇もいないから思い通りに流せる。
反応は芳しくなく忘れた頃にポツリポツリと出るが喰いは良くない。

そんな中キロ級のマダイを掛けたと喜んだ。
強烈な引きで巻き上げが止まることも。
慎重に慎重に浮かせたら赤くないのが一荷で付いてる。
何と800gの正に大アジで、しかも巾広で旨そうなのが。

しかし後にも先にも大アジはこれだけでその後は全く反応出ない。
Aさんも似たり寄ったりで浮いた反応が出ると
これも丸々とした旨そうなサバで大歓迎。
サバ反応も直ぐに途切れいつものパターンでアマダイに切り替え。

ところが今までこんなことなかったが
大き目のヒメが次から次へと喰ってくる。

この魚、釣りびとの大方は捨てるでしょうね。
図鑑によってはこれ程食味評価が分かれる魚もそうはない程だが
天ぷらや干物にすると一級の味になる。
小骨が多いから高級蒲鉾の材料になるなんて評価もある。
しかし天ぷらや干物にすれば気にならないし
食味も満足に足りるからせっせと調理する。
個体の中に腹わたが悪臭を放つのがあるが
腹わたを除去すれば臭いは残らない。

今回は全部干物にした。
本命のアマダイも500〜600gの食べ頃サイズで
これも三枚におろして干物にした。
しばらく肴は干物が主になりそう。
もちろん大サバは締めサバ、大アジは刺身に。

釣りびとしか味わえない贅沢が満喫できる。


001.JPG
25p級のヒメ


002.JPG
800gの大アジに丸々としたサバ


003.JPG
形揃いのアマダイとホウボウ


004.JPG
ヒメの干物


005.JPG
アマダイの干物
近々干物作りの浸け汁作りをアップします。
超我流だけど化学調味料、油脂を一切使わない旨々の付け汁。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:06 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−ヒメコダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

何を釣りに行ったんだか 〜 6月20日釣行

富士川沖のシロギスは幻と化したのか。

おおよそキスなんてものは何十匹
束釣りができて当たり前のような感覚があるが遠い昔になってしまった。
Aさんの竿にもコツンともこない。
タチも見たが深いポイントは狭く話にならない。

早々に見切りを付け定置網回りのアマダイをやったがAさん2匹釣ったのみ。
他はゲストばかり。

一方僚船K艇がサバ狙いで35本釣ってきた。
サバは未だ溜ってるようだ。
今のゴマサバは丸々と大きく旨い時期でもある。

釣れないキスなんかやってないでサバの方が良かったな。


001.jpg
Aさん中ぐらいのアマダイ。


002_01.jpg

002_02.jpg
下ごしらえ終わった本日のゲスト。
ウッカリカサゴは昆布締めに。大きいのは1kg。
小アラ、ヒメコダイは天種、ドンコは煮魚に。
何しろ狙い物はボウズだから。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:28 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−ヒメコダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

トゲハナスズキ 〜 1月13日釣行

前回はヒオドシを釣ったが今日はトゲハナスズキなるこれまた珍魚が釣れた。
20cmほどの大きさにしかならずケバケバしい色合いだ。

そこでまずは食べてみないことにはと思い片身を昆布締め、
一方を天ぷらで食したら上品な白身でとても両方共旨かった。

アマダイ450gとオニカサゴ750g
それに良形のアカボラ(ヒメコダイ)を10匹程が今日の釣果で
Aさんは同形オニカサゴ3匹にソコイトヨリ、ヒメコダイ、
あっ、そうそうまた写真撮るの忘れたけどヒオドシと赤い魚が大漁だった。

水温も三保沖で14度台になってたので
そろそろ良形アマダイがいいんじゃないだろか。

一匹だけ“良形シメサバ”が掛かったんだけど船べりでバレた。
くやしぃ。。。


001.jpg
トゲハナスズキ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:07 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−ヒメコダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

相変わらずアマダイ だが今日はヒメコダイが主役 〜 1月29日釣行

ズバリアマダイのポイントを書きます。
静岡県以外の方、ご免なさいね。

東名高速道路 由比パーキングエリア前の
100m立ち前後をやってみてちょうだい。

おおっ!と言うはずです、多分。
そこそこ形も揃うしAさんもここで“ツ抜け”をやったポイントなんですよ。

それとヒメコダイのいいのが釣れる。
20cmオーバーともなるとキスと同じくらい食べ応えがある。
つまり歩留まりがいい魚なの。

前にも少し書きましたが優等生なんです。

まず鱗は取りやすい。
腹わたが少ない。
丸い体型だから包丁は使いやすい。
血が少ない。
際だった刺が無い。
そして先にも書いた歩留まりが良く、小さい魚体から多くの身が取れる。
その上何よりも食べて美味しい。
刺身、昆布締め、酢締め、天ぷら、フライ、干物・・・
えーっと後何か無かったかなと言うくらい何に料理しても旨い。

こういうの魚の優等生って言うんですね。


001.jpg
Aさんは800g。


002.jpg
船頭は400gと少々淋しいがこの後良形が出る。


003.jpg
立派な刺身サイズのヒメコダイ。


004.jpg
アマダイ(左)とヒメコダイの刺身。
皮は湯引き。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:15 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−ヒメコダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする