2019年01月02日

出たぁ! 1.7s赤アマダイ 〜 12月26日釣行

白アマなら2s級もそれ程珍しくはないが
赤アマのこのボリュームは滅多に釣れない。

前回は船頭が1.4sを上げたが今回の快挙はAさんの手柄。

赤アマは平均寿命5〜6年と言われるが33p以上に成長するまでには
10年以上かかることが耳石から推測されている。

よくもまぁ10年以上も釣りびとの手に掛からず
一網打尽の底引き網からも逃れ続けられたものだ。

1s超の個体は筋、特に尾鰭に近い筋が堅く
刺身や昆布締めにすると口に残るが
脂乗りは半端じゃなくその旨さは釣りびとしか味わえない。

いつもまず大アジを釣って魚影が薄くなるとそのままの仕掛けで棚を下げ
アマダイ狙いになる。
仕掛けは準備してるのだが持ち前の横着心から変えることなく
Aさん共々これでちゃんと釣れるので。

今頃になってやっとアマダイ釣期に入った感だが由比沖もそろそろかなぁ。
それと大アジが釣れ続いてるのも不思議なことでまだ楽しめる。


出たぁ! 1.7s赤アマダイ001.JPG
1.7s特大赤アマ。


出たぁ! 1.7s赤アマダイ002.JPG
船頭は800g赤アマを頭に例によって諸々。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:25 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

石花海はちと無理だから薩摩揚げ 〜 2月14日釣行

港内は静かだから石花海は行けるかと灯台をかわし南に進路を取ったが
南からのうねりと波が大きく南下を断念。
釣れないのをわかっていながら興津沖のアカムツポイントへ。
で、全く音沙汰なく薩た沖ポイントへ。

280m立ちほどでやってたら沖ギスのでかいのがAさん共々掛かってきた。
ここで俄然に張り切りだしたAさん。
得意の薩摩揚げ作りの最高の材料調達とばかり二人でせっせと釣り上げる。
あまり釣れ過ぎてAさんもういいや。
船の上で鱗と頭、それに腹わたも取り去り海鳥の餌に。
これだけ薩摩揚げにするには一日ではできないなんて言ってるがホクホク顔。手間暇かけるだけあってすこぶる旨い。
地元小田原名物かまぼこは昔、沖ギスとエソを使って作っていたが
今では漁にならず輸入物の練製品を使っているとか。
それほどの高級材料だから旨いのは当然。
楽しみ楽しみ。


001.jpg
こんな小さいの放流できたらなぁ。


00201.jpg
沖ギス


003.jpg
下ごしらえ終えた。


004.jpg
歌川広重の東海道五十三次 由比の構図を沖からとらえた見事な富士山。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:22 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

チビアマダイ放流したいが 〜 12月21日釣行

等圧線が本州上に4本入っているのに早朝のマリーナは何故か無風状態。
今回もアマダイ狙いで興津沖へ。

しかしどうしたことかAさん共々コツンともこない長い時間。
こりゃあだめだと由比沖へ移動。

ここのポイントは広大でスソウミヘビが多く仕掛けロスが出る。
Aさん快調で8匹釣り上げるが良形が少なく以前よりポイントが狭まってる。

このチビアマダイ何とかできたら放流したいのだが残念ながら不可能。
不本意ながら天種にでもと持ち帰らざるを得ない。
せめて500gは欲しい。

今回は2人共スソウミヘビは一匹も掛からなかったのがせめてもの幸い。
岸沿いに1km近く続くポイントも絞られてきてるのは
やはり絶対数の減少に他ならない。
もちろん以前のようなキロ級は夢のまた夢で望むべくもない。

シロギスもタチウオもアマダイも同じ状況の駿河湾。
このまま魚がいない海に突き進んでしまうのだろか。


001.jpg
Aさん400g?


002.jpg
船頭200g。こんなのキープせざるを得ないなんて心苦しい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:49 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

強風の中アマダイがちょぼちょぼ 〜 12月14日釣行

早朝のマリーナは西風が7〜8m吹いて出港するか否か躊躇し事務所で時間潰し。

本州に4本の等圧線が入り風の強さを表してマピオン天気は予報通り。
その予報も少し収まり6〜5mに落ちると出てる。
何とその通りになって6時半に出港。

ところがヤフーの天気予報は西寄りが1〜2mだって。
素人が等圧線見たってそんなバカなという予報。
いつもながら風に関しての予報はマピオンが的中しヤフーは外れる。

西風だから北寄りならやれるだろうと興津沖へ。
少しばかり波があり釣り難いが何とかなる。
そんな中でAさん5匹、船頭4匹は上出来のように思うが。
Aさんスソウミヘビのでかいの2匹も釣って仕掛けにからまれ難儀してた。

これもまたマピオン予報通り昼前には南西が吹き出し沖上がり。

今回の釣果で早速電気うろこ取りを使ってみよう。


001.jpg
富士山が見事だったので。


002.jpg
Aさん早々と。


003.jpg
船頭も朝日に照らされて。


004.jpg
悪い条件の中ではまぁまぁか。
昆布締めと天ぷらだな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:27 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

アマダイちゃんいよいよお出まし 〜 12月7日釣行

前回冷やかしでアマダイを試したら
そこそこの手応えあったから今回は腰を据えて。

沖合にはアカムツ狙いが数艇入ってたのも気にはなるが無視無視。
アマダイちゃん期待に応えてくれてぼつぼつAさん共々。

そんな時ヒメコダイの小さいのが掛かったようで仕方なく巻き上げ開始の途端
強烈な抵抗がありヒメコダイに何か喰い付いたかと思った。
そしてそれは尋常ではない引きで
ドラグを利かせてある小形電動はラインがどんどん出て行く。
バウのAさんも何だろうかの顔付き。

どうでもいいがアマダイ仕掛けはチヌ針4号、針ス3号だから
こりゃあまず上げられないだろな、でも上げたいな。
お得意の腕クッションフル活用。

残り50mほどでひょっとしたら青物?

ラインは出ては巻きを繰り返しAさんタモ持って横で構えてる。
澄潮の奥にでかいのがゆらゆらと。
相手も大分疲れてきたみたいでやっとはっきり目視。

ワラサだ。

最後の取り込みを慎重に慎重にAさんのタモに無事入ったが尾の方は入り切れず。

あーくたびれた。
Aさんよく上がったなぁって。

針は上唇の良い所に掛かってはいたが
4号のチヌ針はのされて危ないところだった。
それに3号フロロがよくぞ切れなかったものだ。

その後は本命のアマダイがそこそこ釣れAさん共の凱旋。
スパンカーに程良い北寄りの風だった。


001.jpg
Aさん本命


002.jpg
ゲストはウッカリカサゴ


003.jpg
船頭も本命


004.jpg
ワラサは3.4kgだった。
ヒメコダイは別針に付いてたからこれに喰い付いたのではなかった。


005.jpg
本命の釣果。
もう少し形がいいとなぁ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:59 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする