2020年06月25日

赤い魚ばかり 〜 6月21日釣行

日曜の釣行は帰路高速の渋滞で敬遠気味だったが
このところ空いているのと気象状況も良いことから夜中の2時に出掛けた。

マリーナ駐車場は少しばかりの混みよう。
タチ狙いらしい。

近場で少し釣れてるらしく南下途中でジグ落としみたが
魚影も大したことなく僅かな時間で切り上げ南下。

鯖根から安倍川沖の反応探すが芳しくない。
ぽつりぽつりは出るがとても船を乗せられる群ではなく投錨の釣り。
Aさん大サバに大アジ釣るが後が続かず反応も全く寂しいので
抜錨しアマダイの流し釣りに変更。

風吹かずで操船思うようにならず難儀する。
釣れても形が揃わず醍醐味に欠ける。
海は穏やかだったんだけど。

何とかおかずぐらいは確保し暑さに負けて退散。

しかしこんな状況続きだと釣り物がない。
次回とうしよう。


赤い魚ばかり 〜 6月21日釣行.JPG
この日の赤い魚。
ホウボウは刺身サイズで4日ほど熟成させてから。
他は天種にでもしよう。
アマダイは天ぷらが一番と思うが。
黄アマダイが一匹混じってる。お分かりですか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年05月26日

この日の珍魚と食べ頃の真鯛 〜 5月25日釣行

多少のうねりはあるものの前回とは打って変わり理想な凪の海だが
あまりにも風が弱くスパンカーでの操船に不向きなので
投錨してコマセに付かせようと良いポイントに船を止めたが
不思議なことに船を止めると反応出ない。

これいつものこと。

釣れなければそれでも良いわいと腰を据えて始める。
少し経つとAさんがでかいサバを釣り上げご機嫌。
いかにも脂のりのりで旨そうなのを。

次はこちらにも一荷できた。
その次は幅広のこれまた旨そうなアジだが反応は良くない。

と、今度は竿先が突っ込んだ。

マダイだな。

竿を絞る引きの連続は間違いなしで
腕クッションとドラグでかわしネットイン。

その後アマダイポイントでキアマがきた。

9時間の釣行だったがそこそこの釣果で
旨いのが喰えるぞとご機嫌で帰ってきた。


この日の珍魚と食べ頃の真鯛001.JPG
オスのマダイは2.2s。
腹中に白子が入って身は脂のりのりで“上等品”。
刺身と昆布締めでご馳走さん。
あら煮もこれまた絶品で落ちたホッペを付け直した。


この日の珍魚と食べ頃の真鯛002.JPG
キアマダイ前にも記事にしてるが今一度。
アマダイ中一番味が落ちるなんていうが
実際に食べたことない人の話じゃないのかなぁ。
アカアマより身は絞って絶品よ。


この日の珍魚と食べ頃の真鯛003.JPG
目の前に一本白いライン。


この日の珍魚と食べ頃の真鯛004.JPG
尾鰭下方に黄色の模様があるのがそれぞれの特徴。
アカアマにはない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年05月24日

怖い海を久々に 〜 5月21日釣行

釣行には気象予報を慎重に見極め判断するのだが
気象はあくまで予測なので全て信じる訳ではない。

が、しかしこの日は“桁外れの大外れ”。
さすがいつもそこそこ当たる釣りニュース、ウィンディコムも見事に大外れ。

当日の釣りニュース予報。
〇午前3時 東寄り8m
〇午前6時 東寄り8m
〇午前9時 北東3m
〇午前12時 北寄り3m
〇午後15時 南寄り2m
だった。

実情は午前5時に北東10m
これが午前12時まで続き安倍川沖はとんでもない大波の来襲で
船を立てなくてはまず転覆するだろうの状況で
立ててもバウで波をしゃくる一歩手前。

恐ろしくてポイントの移動が容易でなく
周波期を読み違えた一瞬ものすごい横波に襲われ
転覆しそうになったが何とか持ちこたえた。

釣りバカとは恐ろしいものでそんな中でも竿を出してる。
もう気狂いだ。

正午近くになっても北東は相変わらず強く予報のように弱まる気配ない。
しかしうねりは少し落ちてきた。

帰路はこれまた難儀で羽衣松あたりから北東からの波とうねりが。

これまた尋常ではなく通常の三保灯台をかわし港内に入る為
西寄りに船首を向けるのだが北東の波うねりが今まで経験したことがないほど
大きく横波を受け危険な為
一旦北東に上がってから追い波に乗って港内に入ることで無事帰港。

マリーナもそこそこ吹いてたが外海とは全く別世界だった。
こんな怖い経験今まであっただろうか。


P1080209.JPG
それでもこれだけ釣ってきた。
釣りバカとはよく言ったものだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年05月12日

辛うじてアマダイらしき形が揃った 〜 5月9日釣行

前回と異なり鏡のような海面をいつものように南下し
アジポイントを目指す。
ではではと魚探モニター見るも相変わらずいないなぁ。

しばらく粘っても好転せずで
これもいつものパターンでアマダイに変更したら
何故かいつもより一回り大きいのが続く。
Aさんも1sを上げた。
これなら刺身にもなるが干物にもよい。

僚船K艇から連絡があり石花海へイサキ狙いに行くとのことで
帰港してから釣果を聞いたら良形16匹だと。

よだれが出そうな話。

少々遠いが行く価値ありだなぁ。
近々行ってみるか。
今のイサキは極旨だもの。
いやいや大アジも狙いたいしなぁ。
これからの時期釣り物が増え何やるか迷うのも楽しみの一つだし。

そうそう今回は大サバも釣れたけど魚幅なく
脂の乗り今いちのようなので三枚おろしで干物にした。
その他諸々は天種に。

一日中凪の海だった。


P1080186.JPG
そこそこの形が揃った。


P1080187.JPG
脂乗り良くないマサバは干物にした。


P1080188.JPG
アマダイも干物に。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年05月10日

頼りになる波風情報 〜 5月6日釣行

釣りびとにとって晴れたり降ったりの予報も必要だが
それ以上に重要なのはご存知の通り風と波の情報。
雨は合羽で凌げるが波風には対応の仕様がない。

釣りびとにはそれぞれ贔屓にしてる気象情報元があり
それを頼りに計画を立てるが
わたしはウィンディと釣りニュース、それにバイオウェザー週間気圧配置図
の情報に信頼を寄せている。
釣りニュースは少々辛口気味だがよく当たる。

今回も午前3時から9時まで東寄りが最大8m(実際は10mほど)だが
他社のほとんどが北寄り2mの予報を出していた。

そんな中実際に出船してみると港内も滅多にない程の荒れ模様で
Aさんと外堤防出られるだろかと懸念するほど。
何とか岬をかわしてしまえば斜め後ろからの波になるから強行した。

正にドンブラコ状態だが明るくなってからの出船だったので
波が読め船はスプレー総かぶりながらも南下できた。

こんな状況を見るにつけ他社の予報はなぜこれ程外れるのかと疑問に思う。
しかも度々のことだ。
今回は波の周期も8秒とあったから風の波と大きなうねりも入ってるとの
予備知識も得られていたが正にその通りだった。

ポイントに入ったが船を風に立てるのに
180度近く旋回させるタイミングが難しかった。
時間経過と共に波風も落ちてきて反応見るもやはり魚探モニターがさっぱりで
アジ、タイはあきらめアマダイ開始するが芳しくない。

Aさん共にこれだけ苦労して出てきたんだから
おかずぐらいは釣らないとと帰れないなぁ、なんて粘りに粘って
そのおかずぐらいだけは何とか調達したが不満足この上ない釣果で終わった。

帰港時は早朝の海が嘘のように静まり真正面の富士山が見事だった。

頼りになる波風情報.JPG
いつもは釣果の一部を写真にしてるが今回はこれで全部だもんなぁー。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ