2020年01月18日

1月9日記事は純粋なキアマダイだった 〜 1月14日釣行

キアマとアカアマのハーフのようだったの記事を書いたが
今回の釣行でも同じようなのが2匹釣れたので手元の図鑑を調べてみた。

結果は純粋なキアマダイであることが判明した。
今までも解らずに釣っていたかもしれない。
確かに頭は黄色だが他はアカアマとそっくりなので。

持ち合わせていた知識は体も黄色で
ひと目で判明つくと思っていたが間違いだった。

明らかに違うのは頭の色と模様。
それに尾鰭の特長だ。
頭は黄色が顕著でアカマの様な眼の後方に白い三角がなく
眼の先から上顎にかけて一本の白い帯がある。

一方尾鰭下の黒い部分に黄色の点がいくつかある。
その他はアカアマとほとんど同じ。

食味について味は良くないと言われるがそんなことはない。
刺身で食してもアカアマとほとんど同じでアカアマより僅かに水分が多い。

アカアマを釣っててこれが釣れても頭は少し黄色かなと思う程度で
気付かないことも多いのではないだろうか。

これでシロアマ(2019年11月15日記事)と共に
三種のアマダイを釣り上げた。
シロアマの食味は特別だがキアマもアカアマも似たり寄ったりに感じる。


1月9日記事 純粋なキアマダイだった 〜 1月14日釣行001.JPG
この日のアマダイ。
キアマ2匹混じり。


1月9日記事 純粋なキアマダイだった 〜 1月14日釣行002.JPG
コマセ五目の釣果。
マダイは700gの食べ頃サイズ。
脂が乗って昆布締めが旨すぎた。


1月9日記事 純粋なキアマダイだった 〜 1月14日釣行00302.JPG
上/アカアマ 下/キアマ
眼から下に伸びてる白い模様とその位置が異なる。


1月9日記事 純粋なキアマダイだった 〜 1月14日釣行004.JPG
尾鰭の下段黒い部分に黄色の斑点が数個ある下がキアマ。
上はアカアマ。


1月9日記事 純粋なキアマダイだった 〜 1月14日釣行005.JPG
2匹のキアマダイ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:24 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

2020年の始めはアマダイから 〜 1月6日釣行

年末年始は高速道が渋滞で使えずマリーナ通いが出来なかった。

6日にあわよくば大アジ五目
これがだめならアマダイと二段構えで出掛けるもやはり反応乏しく
早々にアマダイ狙い。

風向きと潮流れが斜面に平行に流せる好条件だったので操船が楽だった。
ちょうど斜面を好むアマダイの居場所を好都合に流せたのが良かったのか
中形が主な釣果だった。

潮が素直なら2.5mの仕掛けを底から1m切っての釣法だが
手持ち誘いの上げ時のヒットが多かった。
針掛かりも口上の固い部分に集中してたから
バラシも少なく理想の釣りができた。

アカアマダイとキアマダイのハーフのようなのが釣れたが
珍しいのではないだろうか。

船の冷却水関係のご機嫌が相変わらず芳しくなく
今後部品交換やらでしばらく出船できない日が続く。


2020年の始めはアマダイから001.JPG
この日のアマダイ。


2020年の始めはアマダイから002.JPG
アカアマとキアマの混血のようなのが釣れた。


2020年の始めはアマダイから0031.JPG

2020年の始めはアマダイから0032.JPG
顔と背鰭が黄色で胴は赤、捌くと僅かに身が締まってる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 17:47 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

一番悪条件は風とうねりの十字交差 〜 12月20日釣行

まさかこれ程大きなうねりがあろうとは予想しなかった。

波の静かな興津沖で釣れないタチをやり
あきらめて暗闇の中アジ、アマダイポイントへ南下するも
南からの大うねりでスプレーの洗礼おびただしい。
南下する程大きくなるうねりの中ポイントに入る。

ところが予報通りだったのだが風は西から。
つまり風とうねりが十字に交差し風に立てると
南からのとんでもないうねりで船が
これじゃあわしゃあひっくり返るよ、と言ってる。

しばらくどうするかと迷ってたが危険と判断し
少しでもうねりの弱い北へ逆戻り
途中鯛場まで来たが芳しい反応見えず仕掛けを入れても餌取りばかりで
久しぶりで由比沖のアマダイ見てみるかと北上し何カ所か探ってみたが
全くだめで辛うじて650gアマダイ1匹のみ。

結構粘ったがこんな日もあるさとあきらめの境地でトボトボ帰港。
マリーナも結構吹いてた。

Aさん曰く浅場のタチはそろそろ終わりかなって。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:55 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

大荒れ予報大当たり 〜 12月14日釣行

冷却水トラブル、気象状況などで半月も出船出来ず。
この日は早朝からしばらくはベタ凪だが10時頃より南西が10mの予報。
しかし禁断症状出まくってるから短時間でも船を出したい“症候群”には勝てず
タチ、底物五目で強行。

静かな海を南のタチポイントに入るも魚影はゼロ。
タチは無反応でも喰うこともあるから
取り敢えずやってみようとAさん共々仕掛けを入れるも
なるほど来ないなぁ。

たまにコツンとくるぐらいと時々餌を取られるから
そのうち何とかなるべと続けるがやはりだめで
薄明るくなってきたので南の五目ポイントへ。
タチはF4が1本だけで2人分の酢締めぐらいには何とか。

日の出寸前にポイントに入り期待しながら仕掛けを入れたら
中アジがポツリポツリとそのうち色々釣れ出したが大したことなく
深さもアマダイ向きだったので棚を半分に切って狙ったら
そこそこの当たりで途中マダイを思わせる引きが続き
海面に浮かせたのは1.1kgのアマダイで続いて680gも。

しかし風の様子が何となく本能的に違和感を覚え予報も出てることから
吹くかな、と思ってたら、たちまちのうちにいきなり南が10mも吹き出し
ウサギの大群が大きく跳ねだした。
治まる予報ではなかったので早々帰り支度。

風上に微速前進をかける中、Aさんがスパンカー降ろし。
こんな時2人でのワークは安心できる。

風に押され鯛場当たりまでくると凪状態。
しかし何分もしないうちに南から荒れてくるのは必至。

灯台沖当たりに小さなカヌーのようなのが出てるが大丈夫なのだろうか。
近くに寄って南から荒れてくること伝えようと思ったが
大きな世話焼きと思い素通りしたが
マリーナ桟橋に着ける間もなくここも吹き出しだ。
あのカヌーどうだったんだろ。

しかし今日の風予報当たったなぁとAさん共々胸をなでおろした。


P1070918.JPG
この日の釣果。


P1070916.JPG
同じく。1.1kg超と680gのアマダイ。
このぐらいの大きさが食べては旨いし脂も乗ってる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 16:46 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

何故かでかいヒメがよく釣れた 〜 10月1日釣行

この日はポイントに着いてもまだ暗闇で準備するのもデッキの明かりの下。
魚探は大アジ反応を映し出してる。

薄明るくなって仕掛けを入れたら直ぐにきた。
日の出間際の反応は魅力あるが日が昇るにつれ
あれよあれよの間に消え失せる不思議、毎度のこと。
Aさん早々に見切りをつけアマダイ仕掛けを準備し出した。

前回底引きが入ったであろうポイントで始めたがやっぱりだめ。
大きく移動したが大したことなし。
しかしヒメはよく釣れる。
しかもでかいの揃いで。
この日は干物にしようとせっせと釣り上げるがアマダイも釣りたい。
良さそうな地形があって何とか面目躍如。

この日の海も早朝からしばらく北東が6〜7mでその後は無風。
船頭泣かせが釣行の度で何でだろう。
そしていつも通り帰港時も無風。


何故かでかいヒメが釣れた001.JPG
どうです、この良形のヒメ干物が旨いよー。
天ぷら旨いのは前回書きました。


何故かでかいヒメが釣れた002.JPG
そのヒメの干物。


P1070696.JPG
アマダイも干物に。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 15:58 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする