2014年03月17日

こんな海は初めて 〜 3月15日釣行

同じ駿河湾内でも場所によって潮流の異なるのは当然だが
今回は特別異常だった。

出掛ける時Aさんが濁りが入ってそうだからどうだろかと懸念してたが
正にうっすらと緑色と乳白色を混ぜた色合いで
こりゃあだめかもな、と思いつつ仕掛けを入れるが
正にだめかもが大当たりでコツンともこない。
アカムツの当たりどころかゲストの当たりもこない。
かろうじて上がってくるのはドンコだけ。
これが興津沖。

南へ行けば濁りも少しはましかと久能沖へ行くも大した差はなく
その上潮流が超異常。

船は一定方向に向いているのにラインが船底に入ったかと思うと先方に流れ
更にまた船底に入ったり先に流れたりを何回も繰り返し操船では修正不可能。
つまり5枚6枚潮の典型でとても魚が釣れるなんて気がしない。
こんなの初めてだ。

興津沖に戻ってみたが今度はここも同様の潮流になってる。
手の打ちようがないとは正にこのことであきらめて早上がり。

アカムツどころじゃなかったな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:37 | 神奈川 | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

富士川沖のタチとキス 〜 5月14日釣行

中深場五目をやった方が手堅いとは思いつつ
いくら何でもキスがもういいだろうとAさんと話をしながら
ルアータチとキスの準備だけして凪の中出掛けるも
結果を先に言うと散々だった。

初め興津沖のキスから始めたが釣れるには釣れるが
“メダカ”みたいのばかりでこりゃあだめだと北上しながら
富士川まで探ったが白旗上げて帰ってくることに。

由比沖も蒲原沖もだめで富士川沖で少々釣れたが
Aさん共々ツ抜けまではいかず。

帰りにカタクチを探しながらだったがこれも全く見当たらず
これがいればヒラメの一枚や二枚との算段が消えてしまった。

タチもポイントに入ってはみたもののいない。
100m立ち近くに少し見えたがこんなのルアーじゃおもしろくない。
遊漁船も3バイほど動き回ってたがやはり見付けられなかったのだろう。

キスは30匹も釣れなければ面白みもないし。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:03 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

底物どこ行ったんだろ 〜 10月30日釣行

中層魚はそれほど変わってはいないようなのに底物だけはここしばらく
全くと言ってよいほど釣果が出ない。
何故だろ何故だろう2人して船上で首を傾けているばかり。

30日アマダイの試し釣りでは形も見ず
それどころか一番嫌な外道スソウミヘビの1匹もこない。

こうなると海が死んだように思える。
潮色、流れも決して悪くないのに。

風が午後から南寄りに変わる予報の時、鯖根でも試してみようかと思うのだが
もし同じ状況だったらと考えると何だか恐ろしい。

昨年一昨年と今頃はアマダイをキロ単位で釣っていたのに
不思議なこともあるものだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:37 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

大地震の前触れじゃなければいいけど 〜 9月24日釣行

こんな好条件の揃った海は滅多に無いほど波うねりが無く
穏やかで素直な潮流れだから今日の根魚は間違いなくいただきと思った。

が、しかし
三保沖のいつものポイントで始めるも当たりが全くでない。
南寄りの3ヶ所のポイントも探ってみたが同じだ。
何だか少し変だぞと感じ始め、それじゃ鯖根へ行ってみようと
ポイントに着いて気合いを入れやってみるも、これまたまるでだめ。

Aさんは黙々と棚取りに余念がない。
いつもの好ポイント上を何度も潮回りするもコツンともこない。
雨後の水溜まりでやってるみたいだ。

Aさん曰く
  「大地震の前触れじゃなければいいけど」
なんて物騒なこと言ってる。

最後に大谷沖へ行ってみるかということでここもいつもの好ポイントへ。
しかしここも同じで当たりが全く出ないし雑魚もこない。

2人共気味悪くなってきた。
物は試しと近くのアマダイポイントでオキアミ餌でやってみるも
これまた全く同じ。

執念深くもう一度鯖根へ戻ってやってみたが完全にお手上げ状態。
何百回と根魚やってるけどこんなこと初めてだ。
一体海に何が起きたんだろう。

“パーフェクトボーズ”を初めて、それも2人して食らっちゃったよ。
この日、中層魚にはこんなことなかったみたいだから
中深の根魚に限ってということか。

2人して何でだろ何でだろうばかりが頭をよぎる不思議な海だった。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:17 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

アコウがどうしても見つからない 〜 3月29日釣行

近場のアコウポイントが鯖根にもあって今日はそこへ行ってきた。
今アコウは産卵期なので浅場に来てる“筈”なので300〜500mを探った。
Aさんと一匹ずつぐらいはと。

一匹でも釣れれば後に可能性も生まれるから二人共真剣だ。
ところがどうだ。
トウジンや沖ギスも釣れない。
やはり石花海まで行かないとだめかな。

やっと釣れたのは指4本サイズのタチモドキ。
同じくAさんも。

仕方なくオニカサゴに切り換えたがこれもだめ。
Aさんが29cmそこそこを一匹釣ったが放流した。
最低でも30cmを越えてないとね。

凪は良かったんだけど海中はやはり細いプランクトンの様なのが
沢山浮遊してたのが気にはなったが、潮自体は澄んでた。

以前にも書きましたが“タチモドキ”一匹を持ち帰り
煮魚にするつもりでぶつ切りにした。


001.jpg
ぶつ切りの身


002.jpg
尾鰭が二叉してるのがモドキの特長。
小さくて分かりづらいけど。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:18 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする