2014年04月21日

アカムツの住まいは停電状態? 〜 4月19日釣行

それにしても今年の海中はごみが酷く
厚い層になっているのが魚探に映し出され
あまりにも高密度だから魚探の水深が一桁の表示をしたりする。

Aさんがプランクトンの死骸だと言う物質は
糸を巻き上げる度にしつこく付いてきて
竿先ガイドにまつわり付くと除去するのに手間取る。
毎年今の時期に見られる現象だが今年は特別酷い。

あまりにも層が厚いためアカムツのいる水深200〜300m立ちまで光が届かず
魚も餌を喰わないのではないかと推測の域は出ないが
当たらずも遠からずではないだろか。
台風でも来て海が掻き回されたら改善される可能性はあるな。

アカムツのベテラン船“K艇”と一緒に出港し
同じポイントに仕掛けを入れるも芳しくない。
この現象が不漁の原因だとすれば等分期待できそうにない。


001.jpg
Aさんラッキー。
アラの1.5kgを釣り上げた。


002.jpg
魚探モニターに厚く表示される水中のごみ。


003.jpg
こんなのが上げる度に付いてくる。


004.jpg
平行してポイントを流す僚船K艇。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:51 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

こいつが糸に付くようになると釣れない 〜 4月16日釣行

電動で200〜300m立ちから巻き上げてくると
道糸に何やら焦げ茶の繊維質のようなものがまつわり付いてきて
竿先ガイドに溜まりこれを爪で取ろうとしても意外に頑固で手こずってしまう。
今の時期になると経験おありでしょ。

海中に何やらモヤモヤがあるのが魚探に映る。
Aさん曰くプランクトンの死骸だと。
こいつが糸にまつわり付くらしい。

毎年今頃になると必ずこの現象を見るがこうなると釣れない。
この層が光を通さず海中を暗くしてるからだろうか。
場所によってはきれいな所もあるようだが
おおよそ広範囲に渡るから始末が悪い。

それにしても渋い釣行が続いて景気良いリポートができなく滅入ってしまう。
そろそろ鰺や鯛、ワラサにシロギスも間近だろうけど。
それとカタクチも現れてくれないと
ヒラメ、マゴチ、他の大形底物にも手が出せない。

とにかく今の時期不漁続きで意気が上がらない。
じっと我慢しか仕方ないか。


001.jpg
モニターに映し出された一面のモヤモヤ。


002.jpg
こんなのが糸に付いてきて取るのに苦労する。
とても頑固なの。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:24 | 神奈川 | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

今の時期海の中は変わり時? 〜 3月25日釣行

このところ芳しからざる釣果で
昨年の今頃はどうだったんだろうと釣行日誌を見たら
やはり釣れない日々が続いてる内容が多かった。
海の変わり時なんだろか。
それと5月頃まで潮流の質(たち)が良くなく2枚潮以上の日も続く。

アジのポイントも時々魚探で覗くと
ちらほら何らかの反応は出てはいるがどうだろか。
近々サビキを落としてみよう。

今回も興津沖から久能沖をアカムツ狙いで仕掛けを入れてはみたものの
コツンともこないし悪い潮流に邪魔され意欲を失し早上がりしたが
これが幸いし昼前から南西が強烈に吹き出し
沖にいたらえらいことになってた。


001.jpg
マリーナ内も凄いことになって13mも吹いてる。
それでなくとも舵の利かない半舵シャフト船を
狭い桟橋に着けるのは冷や汗もの。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 12:37 | 神奈川 | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

こんな海は初めて 〜 3月15日釣行

同じ駿河湾内でも場所によって潮流の異なるのは当然だが
今回は特別異常だった。

出掛ける時Aさんが濁りが入ってそうだからどうだろかと懸念してたが
正にうっすらと緑色と乳白色を混ぜた色合いで
こりゃあだめかもな、と思いつつ仕掛けを入れるが
正にだめかもが大当たりでコツンともこない。
アカムツの当たりどころかゲストの当たりもこない。
かろうじて上がってくるのはドンコだけ。
これが興津沖。

南へ行けば濁りも少しはましかと久能沖へ行くも大した差はなく
その上潮流が超異常。

船は一定方向に向いているのにラインが船底に入ったかと思うと先方に流れ
更にまた船底に入ったり先に流れたりを何回も繰り返し操船では修正不可能。
つまり5枚6枚潮の典型でとても魚が釣れるなんて気がしない。
こんなの初めてだ。

興津沖に戻ってみたが今度はここも同様の潮流になってる。
手の打ちようがないとは正にこのことであきらめて早上がり。

アカムツどころじゃなかったな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:37 | 神奈川 | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

富士川沖のタチとキス 〜 5月14日釣行

中深場五目をやった方が手堅いとは思いつつ
いくら何でもキスがもういいだろうとAさんと話をしながら
ルアータチとキスの準備だけして凪の中出掛けるも
結果を先に言うと散々だった。

初め興津沖のキスから始めたが釣れるには釣れるが
“メダカ”みたいのばかりでこりゃあだめだと北上しながら
富士川まで探ったが白旗上げて帰ってくることに。

由比沖も蒲原沖もだめで富士川沖で少々釣れたが
Aさん共々ツ抜けまではいかず。

帰りにカタクチを探しながらだったがこれも全く見当たらず
これがいればヒラメの一枚や二枚との算段が消えてしまった。

タチもポイントに入ってはみたもののいない。
100m立ち近くに少し見えたがこんなのルアーじゃおもしろくない。
遊漁船も3バイほど動き回ってたがやはり見付けられなかったのだろう。

キスは30匹も釣れなければ面白みもないし。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:03 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする