2015年09月14日

フグ被害に打つ手無し 〜 9月12日釣行

船について来るかの如くどこへ行ってもフグ被害に遭う。

サバフグは海面近くにいるようで
ラインも高切れ連発で全く釣りにならず打つ手無し。

カラーラインよりブラックラインが切られ難いと言われてるが
それ程の差はないみたい。

それにしても今までこれほど酷い年はあっただろうか。
異常発生してるのではないのか。

釣具店からコマセかごがなくなるようだが道理なことで被害は甚大なのだろう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 12:01 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

カタクチを探しに 〜 4月12日釣行

海は荒れるし魚はいないし。
いる所は底引網が入るしで釣りにならず
仕方なくカタクチイワシの群を探しに出たが
ものの見事に小さな群も見当たらず。
根魚も薩摩揚げ材料のみ。

4月に入ればカタクチの群がいてダボ仕掛けサビキで
それはそれは豪快で楽しい大鯛釣りができるのだが
基になるカタクチがいなければどうにもならない。
カタクチの稚魚幼魚のいわゆるシラスを取り尽くしてしまうから
いないのは当然だが。

相模湾では連日カタクチは定置網で捕れてる。
相模湾の漁業者は自分達の海を大切にしてるから
連日安定した漁獲量を維持できてる。

ちなみに一昨日(土)の小田原魚市場水揚げ概況を見ると
アジ 1,000kg
サバ 1,300kg
マイワシ 4,300kg
ブリ 2,210kg
カタクチ 960kg
その他諸々。

市場周辺9ヶ所の定置網で一日だけの水揚げ量です。
シラスの大船団もいないし、ましてや底引網なんてとんでもない。
定置網によるいわば“待ち”の漁法を守っているから
その豊かな海が維持できてる。

伊豆半島を境に至極近い隣の海とは思えない駿河湾は
県政に優れた為政者が出現し
強い指導力を発揮していかないと湾が死んでしまう。

こんなこと当事者だって百も承知してるであろうが
多くの漁業組合の足並が揃わずまとめ役不在で
どうにも致し方無しが実情なのだろう。


001.jpg
昨年やっと小さなカタクチの群を見付けせしめた大鯛。
使い回しですみません。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:28 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

近頃すっかり荒れた海にとっつかれる 〜 2月21日釣行

本州付近は移動性高気圧の真ん中にあるが
外海は強力な低気圧が東の海上を進んでるから石花海は行けないだろなと
外堤防を出たら案の定北寄りが8mほど吹いて複雑な波が立ってる。

久能沖アカムツポイントへは行けるだろうと
北風に押されながらも行ってみるとこれはちときつそうだ。

船はドンブラコ、風はスパンカーを唸らせ当たりは全く取れず
これでは釣りにならずと少しでも風裏近くの興津沖へ戻るも
10ノットほどでしか走れない。
もっともここへ戻ったって釣れないのは百も承知のことだが・・・

小一時間かけて戻ったがドンコに沖ギスしか釣れず
その上滅法寒く全然楽しくないからもう上がろうと早々の退散。

アカムツベテラン僚船K艇も同じく帰路についてる。
それにしても興津沖のアカムツ、すっかり枯れてしまったような気配。
そしてこんな酷い海も滅多に無い大荒れ。

マリーナは外海が嘘のよう。
ヤフーもマピオンも予想大外れの一日。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:24 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

荒れた海 〜 9月27日釣行

北寄りで9mも吹いてる早朝のマリーナは意気消沈で出港できず
風が落ちるのを1時間ほど待って湾内のルアータチはどうかと出てみた。

もっとも外は台風17号の影響で出られる状況ではない。
僚船も僅かに出たがタチ狙い。
そして予想通り芳しからざるごとしいつも通り。

痺れを切らし西倉沢沖なら風裏になるからと中深を試しに。
海面は良い状態だが2人共ドンコのみ。

波高覚悟で興津沖に戻ってみたが予想通り物凄い波とうねりで波頭は3m以上。
でもやっぱり音沙汰無しで退散の憂き目に。

この荒れた海でスパンカーをたたむのは1人ではかなり危険で
1人が風上にバウを向けるようスローで操船し
1人が帆をたたむ共同作業が必要だ。
でないとスパンカーを降ろした途端に船は横向きになり
当然横波を受け危険極まりない。
いつものことだが呼吸はAさんとぴったりだから難無くこなせるが。

しかし釣り物がないぞ。
よわったぞ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:20 | 神奈川 | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

なぜか富士川の濁りが半端じゃない 〜 9月3日釣行

少しばかりご機嫌斜めな海面を騙し騙しサバポイントへ。
魚影はポツポツ出てるが海の色が薄い乳白色。
今までこの潮で釣れた例(ためし)がなく嫌な予感は大当たり。
反応あるのにコツンともこない。

コマセを少しばかり多目に振ってもだめ。
どうやってもだめ。
あれほど釣れ盛ってたのにサバちゃんどうなった?

2時間ほども辛抱してたのにとうとう痺れを切らし
10艇ほど出てる鯛場へ逆風突いて行ってみるも同じ様なもの。
集まってる船も移動が激しいから芳しくないのだろう。

赤灯台沖をやってだめなら完敗で帰ろうと少しばかりやってはみたものの
掌ほどのマダイ、ソコイト、マルソーダぐらいで釣りにならずで沖上がり。

帰路の東名蒲原の高所から湾内を一望すると超広範囲が同じ色で濁ってる。
そして富士川と言えば雨も降らないのに凄い濁りで
これが湾内に流入してるのが原因だ。
上流で大掛かりな土木工事でもしてるのだろうか。
南へ流れる状態が続けばお手上げだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:45 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする