2011年08月21日

さぁー根魚の始まりだあー 〜 8月20日釣行

タチもキスもたくさん楽しませてくれた今シーズンも終わりにして
いよいよお得意の根魚にチェンジ。

根魚と言えば超深場は別にしてオニカサゴ、アカムツ、アラ、
それにイシナギやハタが横綱格で
当たり外れのないのがオニを中心にしたウッカリカサゴ、ユメカサゴがポピュラーだ。
これらはまずボーズがないので安心できる。

二枚三枚潮に悩まされたり風向きと
潮流れが素直でなかったりするのも特長で操船は結構忙しくなる。
だから魚探の深度数とリールの深度数が一致するなんてことはまず無い。

ところでどんな狙いものでも釣果はAさんとほぼ同じなのだが
釣りだけに専念できるからAさんの方が多く釣れるかというとそうではない。

船頭は操船しながらで釣りだけに専念できないから
釣果は少ないかというとこれも違う。

何故か。

Aさんは釣りだけに専念できるがGPSと魚探を見ることができない。
船頭は操船と釣りを同時にしなければならないがGPSや魚探を見ることができる。
結果は総じていえば二人ともほぼ同じ条件下で釣りをしていることになる。

根魚釣りは確かに操船は忙しく難しいが情報を見られるというのは強味だ。
シマノの探見丸なんてそんなところからの開発だったんだろな。

今回の釣りでは1kg級のオニを水面でばらした。
タモ取りの大きさだったが面倒で怠ったのがまずかった。

水面でばれたオニは、

   「あれ、オレどうして楽になったんだろな」

なんて思ったのかキョトンとしてるように見えたがゆっくり海底に戻っていった。

こっちにしてみれば

   「5人前の刺身がぁーっ」

てところか。

それと放流ぎりぎりサイズ。
30cmぴったりのオニ。
ちょっと戸惑ったけどお帰り願った。

オニカサゴはAさん共々放流がなければ“ツ抜け”がほとんどで
放流する数の方が圧倒的に多い。

後日根魚釣りの合わせについて独断的に書いてみようと思います。


001.jpg
シーズン初の小手調べとしてはまあまあ。
大きなオニはちょうど1kg。
久能沖150m立ちで。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 14:39 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

今日も良形のオニカサゴ 〜 5月6日釣行

嫌らしい波が港内にまで入り込んで凪は良くない。
北寄りが5〜6mほど吹いてる。
ポイントに入って船を風に立ててもドンブラコ状態で当たりが取れない。

ところが9時頃になると今までが嘘のように無風になった。
風向きが変わるのだろう。
潮は大きな2枚潮になり操船が難しくなる。
スパンカーのきかない船を操るのは苦労する。

このポイントはいつも2〜3枚潮で根掛かりが連発するから
決して釣りやすくはないがちょっとしたコツで良形が出る。

潮流れに苦しめられながら狭いポイント上を何度も潮回りしながら
Aさん共々7匹釣り上げたがいつものように30cm未満は放流。
次に大きくなったらこの船に釣られてよ、なんて言いながら。

前回姿を見なかったとんでもない正体はやはり鮫ちゃんだった。
4号の針スで今回はやり取りの末、浮かせたら1mの鮫だった。
ホシザメなら持ち帰れたんだけど残念。
がっかりがっかり。


001.jpg
今日も1.7kgの良形。


002.jpg
Aさんも良形。口元にキラリちゃん


003.jpg
大オニ


004.jpg
オニのクソは人間と同じように臭いー!
グレーの下痢気味。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:27 | 神奈川 | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

キラリちゃんで良形オニカサゴ 〜 5月3日釣行

キラリちゃんのおかげで釣行毎キロ級オニカサゴの釣果を出してる。

この日も三保沖100m超の立ちで良形3匹で3.7kgの収穫だ。
実際はAさん共々8匹釣ってるのだが30cm未満は放流してるから
Aさんも良形3匹の持ち帰り。

ところでAさんが2回、船頭が1度とんでもない大きな魚を掛けたが
全部針スのチモトで切られた。
4号の針スだから簡単に切れる。
鮫とも違うようなのだから何だろ。姿を見てみたかった。
切られた状態が刃物でスパッと切られたみたいだから
ハモの大きなのかもしれない。

ところで駿河湾ではどんなに良形でも2kg超のオニはまだ釣ったことがない。
千葉県は館山の遊漁船真澄丸のホームページを見るといやになるよ。
2kg超なんて当たり前3kg近いのが釣れてるから見てちょうだい。
駿河湾じゃ逆立ちしたってこんなの釣れない。
2kgで喜んでんだからね。
でも仕方がない。


001.jpg
1.3kg前後揃い踏み。全部で3.7kgの釣果。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:34 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

実に効果抜群 新考案パーツ 〜 4月30日釣行

キラキラするからキラリちゃんとでも呼びますか。
これ想像以上に魚に“好かれてる”。

オニの仕掛けは吹き流しの2本針を使うけど
上針は喰いが悪いのが普通だが
ここにキラリちゃんを付けて先針に付けないと
必ずと言っていい程上針に喰ってくる。
効果を証してることになる。

三保沖100m前後でAさん共々絶好“釣”だった。
2人共それぞれ10匹は釣ってるが30cm未満は放流してるから
数こそ5匹ずつだが良形が揃った。

この日も潮の質悪く大きな2枚潮で100立ちで140m糸が出る。
重りを150号も使えば少しは良いだろうけど面白みに欠けるから
80〜100号までしか使わない。
だからAさんとおまつり騒ぎが多いこと。

鯛場制限時間で5時間での釣果だから良い結果に終わった。


001.jpg
1.75kg


002.jpg
口元にはキラリちゃん。


003.jpg
Aさんもキロオーバー。


004.jpg
良形揃い小さいのはフサカサゴ。
せいぜい25cm〜30cmの小型種。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:07 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

根魚釣りで珍魚が釣れた 〜 4月13日釣行

前回4月10日の潮は澄んでたのに今日の海中は
埃のようなプランクトンだらけで海面は赤潮が広く発生している。
3日間でこうも変わるものか。
澄潮の方が根魚釣りには都合良いのだが。

久能沖の300〜400m立ちで根魚をやったがうんともすんともこない。
この深さだと何かは掛かるのだけど何故だろう。
海底の底質や起伏状態も申し分ないんだけどなぁ。

とうとうお手上げで仕方なくオニ五目に変更。

そしたら何だか変わった魚ばかり釣れるんだ。
もっとも前回は宝石サンゴまで釣ったけど。

Aさんがミドリフサアンコウとヒオドシを釣った。
船頭も珍しいフサカサゴだ。

二人共おかずくらいは確保して南が吹き出したので沖上がり。


001_01.jpg

001_02.jpg
ミドリフサアンコウ


002.jpg
左/ミドリフサアンコウ 右/ヒオドシ


003.jpg
船頭は良形オニ。


004.jpg
今日も新考案のパーツが口元で活躍。


005.jpg
おかず確保。カサゴ3種揃い踏み。
左/ウッカリカサゴ 中/フサカサゴ 右/オニカサゴ
どれも刺身、昆布締め、煮魚が旨い。
それぞれ750g


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:13 | 神奈川 | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする