2015年05月08日

糸を立てる操船ができない 〜 5月6日釣行

前回良い思いをさせてもらったオニカサゴ。
柳の下をこの日も目論み凪の中出港。

途中カタクチの反応が少々あるがこれでは当てるのが難しい。
オニポイント周辺は前回同様海鳥が異常な数で舞ってる。
カタクチが今後期待できるかも。
カタクチの群が浅場に寄ればオニカサゴもアカムツも放っぽり出して
ダボ仕掛けを降ろすのだが。

さて前回のオニポイントに入って仕掛けを降ろす。
北が2mほどでスパンカーは用をなさない。
それよりも潮流れの質が最悪。
仕掛けを入れ始めると船底にラインが入り水深半分ほどで反対の先方に流れる。
言われる所の2枚潮だ。
それも強力な。

魚探水深30%以上ラインが出て着底する。
従って根掛かり連発。
スパンカーを大きく振ったり操舵に翻弄されたり。
それだけで手一杯で釣りにならない。
とにかくまともに仕掛けが入らない。

別のポイントに移動したら今度は風向きと潮流れが十字状態で
ここもどうしようもなくあきらめて退散。

毎年のことだが連休中は高速が使えず釣行不可能で最悪。
2回しか出られなかった。


001.jpg
悪条件の中Aさん本命ゲット。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:42 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

駿河湾北部で2.4kgオニカサゴ 〜 5月2日釣行

水深150mほどの海面におびただしい海鳥が集まり舞っている。
これほど多くの海鳥を見たのは初めてだ。
水面には浮いてないがカタクチの群がいて
それを鳥達はよくわかっているのだろう。

カタクチの下から大形魚が襲えば海面に浮き鳥達がダイビングを繰り返し
一面、白い水しぶきになる。
もっと浅場ならダボ仕掛けを降ろせるが
この深さではカタクチを掛けても底に落とすまで外れてしまう。

前回のオニの根掛かりポイントに入る。
一投目から喰い良く今回は良さそう。

誘い上げにグイーンを乗ってくるあの感覚は中毒になる。
その中毒が重量感で乗ってきた。
巻き上げ途中に首を嫌々するようなオニ特有の抵抗をいなし
浮かせたのは1.2kgで食べ頃サイズ。

次に流し変え同じポイントをトレースしてたら
今度はAさんの竿が尋常じゃないしなり具合で
5:5調子竿が半円を描いて海面に突き刺さって真剣に対峙してる。
横で見ててもわくわくするシーン。

きっちり浮かせたのは何と何と2.4kg!
こりゃあ凄い!

今度はまたまた船頭の竿に重量感ある当たりでこれも1.2kg。
いつも小さいのを放流してるから二人にオニさんからのプレゼントだなんて
都合よく考えたりして。

今回は他に良さそうな所があってオニリサーチに行くはずだったが
これだけの釣果で十分、次回にしよう。

互いに開拓したポイントの情報交換してる僚船K艇から電話が入り
石花海で4kgのメダイが釣れたと。
さすが狙い物をきっちり手にするのはベテランの証。
機会を見て案内してもらおう。

こちらは早々に沖上がり。
凪の中少々ぶっ飛ばして帰港したが他船のほとんどはまだ帰ってなかった。


001.jpg
一投目に1.2kgの船頭。


002_01.jpg

002_02.jpg
そのすぐ後のファイトで2.4kgを手にしたAさん。


003.jpg
これで十分。


004.jpg
今回は刺身。


005.jpg
皮の湯引きを酢締めに。


006.jpg
内臓系。胃袋とキモなどの煮付け。


007.jpg
頭とカマの煮付け。
これで全て食べ尽くし捨てるところがない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:06 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

根掛かり名所のオニポイント 〜 4月28日釣行

オニカサゴの根掛かりポイントはこの日も凪。

ここは注意せず仕掛けを降ろせばほぼ間違いなく根掛かりの洗礼を受ける。
操船テクニックによるところも大きい。
とにかくラインが素直に入ることが根掛かり防止のポイントで
つまり底を引きずらない操船をしなければならないから
スパンカーの微調整も忙しくなる。
それでも時々やってしまう。

で、今回は80%ほどが2人ともの放流数でなぜだか前回よりもまだ確率が悪い。
良形があまりにも釣れないと27cmほどの個体はクーラーに入れたくもなるが。

そしてフサカサゴが多かったのもなぜだろか。
根の荒い所は底引網も躊躇するだろうから、いや想像だけど。


001.jpg
Aさんそこそこのオニ。


002.jpg
その後にこんなの釣れた。
ホンフサアンコウ。


003.jpg
船頭は“良形”のテズルモズルを再び。


004.jpg
オニの一荷には違いないのだが。
こんなのばかりで持ち帰り用がない。


005.jpg
おかずぐらいには十分過ぎる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:20 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

オニカサゴ、ツ抜けだぁー 〜 4月25日釣行

近頃にしては珍しくご機嫌うるわしい海で
今日はきっと釣れるぞと意気込んで荒根のオニポイントへ入る。
特餌も持ってきたからきっと好釣果だろうと。
それに凪も良いからその特餌を長く喰い棚に置けるし。

波うねりが小さいから根掛かりもある程度テクニックでカバーできる。
何だか良いことずくめ。

ではではと始めたら予想通りの展開でAさん共々絶好調。
あれよあれよという間にツ抜け達成。

が、しかし船頭は15匹釣り上げて8匹は28cm以下の放流サイズ。
一方Aさんは逆ツ抜けで良形持ち帰り超ご機嫌。
ほとんどが手持ち竿での誘い上げにぐいーっと乗ってくるパターンが多かった。

少々悪かったのは大きな2枚潮で潮流れも安定せず
スパンカー調節が忙しいことおびただしい。

午前中で早上がりし港内に入ったら、こんな所までシラス網を入れてる。
大型船の出入りに迷惑掛けないのかなぁ。
港外にシラスがいなくなったので港内にまで入り込んでるんだろな。
それにしてもねぇ〜。


001_01.jpg

001_02.jpg
二人して早々に。


002.jpg
フサカサゴも混じってた。
図鑑などには20〜25cmと書かれてるが
オニ程は大きくならないが30cmオーバーもいる。
またコクチフサカサゴというのもいる。
死後硬直が遅いことに特長があり下顎の鰓の付け根がオニと少し異なる。
食味はオニと同じ。


003.jpg
オニが放流できる根拠で浮き袋が無い。
左がオニカサゴで浮き袋が無いのが分かる。
一方右のカンコ(標準和名ウッカリカサゴ)には
白い浮き袋が見えるから小さくても放流できない。
アカムツ釣りのゲストでユメカサゴにも浮き袋は無いから放流できる。
資源を大切にすることからも小形は放流したいものです。


004.jpg
オニ釣りゲストのアヤメカサゴは浮き袋があるから放流できない。


005.jpg
久々に納得できる釣果。800〜900gが主体。


006.jpg
胃袋、キモ、幽門垂は煮付けて最高の肴になるが
尿酸値が気になるから大量には食べられない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:46 | 神奈川 | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

ええっ!10kgの大物!? 〜 4月22日釣行

鯛場でカタクチがいたそうなとAさん言うので探しに行ったがやはり幻だった。
毎度カタクチに執着するのはこれがいれば大層な釣果が得られるから。

近くのコマセ五目ポイントで反応探し。
前回同様反応あるもピクリともこない。
少し粘ったが可能性なし。

海上芳しくなく遠方移動はちときついから
近くのオニをやろうとポイントに入るが波うねり大きく根掛かり覚悟で。

根掛かりはテクニックである程度避けられるが船の上下が激しいと難しい。
そんな状況の中で根掛かり連発だがオニも何とか釣り上げる。

あぁーまたもや根掛かり!
ロッドキーパーにラインを巻き様子を見るが一向に外れる気配なし。
Aさん横に来て素手でラインを引いて外れたみたいだと。
それじゃあとシマノ600Hの小型電動スイッチオン。

  「えっ!回らないよ、まだ外れてないのかなぁ」

手巻きで助けてみると物凄く重いが何とかゴリゴリ回る。
小型電動では対応できる重さではない。
しかし130mも巻き上げなければならない。
岩の破片でも引っ掛けたのかなぁ、ゴリゴリ。

ところが生体反応が伝わってくる。
サメとは全く違う反応だぞ。

ゴリゴリ。
時々グイーグイーっと重量感の引き。

魚なら相当でかいが何しろ針ス5号だから
途中で切れなければ姿を見られるのだが。

ゴリゴリ。

腕が限界になってきた。
何とか後30mにまで浮かせた。
Aさんタモ構えてる。

最後の力振り絞って前方8mほどの海面に浮かせた。

  「えっ!?この前の“テヅルモヅル”?」

それにしてはでかい。
早く手前に引き寄せようとよく見たら

  「ミズダコ!」

これはバラシてはならずとAさんタモに。
柄を両手で持ち上げ無事デッキに。

足の太さは腕より太い。
締めて危険な口先を外しAさんと半分ずつに切り分けた。

長い間沖釣りをしていると色々あるものだ。


001.jpg
コマセ五目ポイントに出てる反応。
これだけしっかり出てるのにピクリともこない。


002.jpg
Aさん一発目でこの後も続く。


003.jpg
船頭は2匹目が900gのまずまず。


これが苦労の末釣り上げた10kgのミズダコ。
↓↓↓
004_01.jpg

004_02.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:44 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする