2019年04月26日

算段つかずのオニカサゴ 〜 4月22日釣行

前回に続きオニカサゴ、数はかなり出るのだが
如何せん型が放流サイズばかりでキープサイズは5匹のみ。

Aさんは神懸かりにでもあったように掛かるのは全てキロ級でツ抜け。
一体何が関係してるのか。
全く不思議な兆候で???ばかり。
数量はほとんど同じなのに…。

この日無風状態が長時間にわたり続いたこともあり
スパンカーの振り調整も頻繁になり
そんな時に限って当たりが出て慌てて竿を持って合わせようと
あたふたしても後の祭りで地団駄踏むことに。

強風はご免だが中深場釣りには
ある程度吹いてくれないと釣りに集中できない。
とは言っても自然現象に注文つけても始まらないが
釣りはメンタル面でもかなり影響受けるし。

まぁそれでもそこそこの釣果はあったので良しとしないと。

4月22日釣行 001.JPG
1.4s筆頭に食べ頃の中オニ。


4月22日釣行002.JPG
フサカサゴ。
オニの外道で釣れるがせいぜい30p止まりにしかならず
オニと間違えて放流しそうになるがキープしてもよいのでは。
仲間にコクチフサカサゴがいて見分けがつきにくい。
伊豆半島西側海域に多くいる。
とても旨い魚でオニ以上かも。


4月22日釣行003.JPG
そろそろサバシーズン到来。
刺身と締めサバが楽しみ。


4月22日釣行004.JPG
ニセオキカサゴ。
多く釣れる魚ではないがやはりオニの外道で掛かってくる。
煮魚が旨い。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

オニカサゴ、数はそこそこなんだけど・・・ 〜 4月18日釣行

久々の赤オニ退治で楽しんできた。
根掛かり頻発ポイントなので手持ち竿でやったもんだから少々くたびれはしたが。

アマダイと同じで誘い上げ下げで喰わすのだが
あのがたいだからバクッと喰っても良さそうに思うけど
意外に上品な喰い方をする。

初めクンクンと餌舐めてるみたいな当たりが出るから
ラインを少し送り込んだり反対に聞き上げてみたりの駆け引き後
一瞬重量感に変わり竿先が引き込まれる。

掛けてしまえばムツの地獄針は外れにくいから
電動中速で一定のテンション維持しながらの巻き上げで
ゴンゴン、ゴクゴクの抵抗をかわしながら。
オニはでかい口を開けながら上がってくるからキロ級になると結構重たい。

船べりで針がかりを確認し心許なければタモを入れる
6匹掛けて4匹放流(25cm以下の為)持ち帰りは2匹のみ。

釣り上げたらまず初めに毒鰭の処理。
針スを持ってぶら下げると大口を開けるから手袋をし
バス持ちで全ての鰭の先端をはさみで切り落とす。
それを先にやらないで針を外して
バケツにでも入れたら後で手で掴めなくなり往生する。


4月18日釣行 001.JPG
ちょうど1kgのオニ他。
下はフサカサゴ。


4月18日釣行 002.JPG
オニの胃袋(開いてきれいにしてある)あらと一緒に煮ると珍味。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 13:39 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

オニカサゴ1.3kgと2.2kg 〜 9月5日釣行

例によってコマセ五目からオニカサゴ。
大サバは少しばかり釣れたがまたしてもサバフグ出没。

オニへ変更し間もなくAさん何やら大物を掛けウンショウンショやってる。
タモ持って横で構えたが何やらサメ臭いなぁ。

やっと浮かせたのは案の定10kgを超えそうな深海性のサメ。
ご苦労さん。

と、船頭の竿に小さな当たり。
慎重に聞き合わせたらグイーッと乗った。
間違いなくオニの感触でグイグイッ。

でかそう。

浮かせたら1.3kgの立派なオニ。

次にAさんにきた。
竿のしなりからこれもでかそう。
上げたのは2.2kgの大オニ。

その後もぼつぼつ釣れ続ける。


001.jpg
船頭の1.3kg。


002.jpg
Aさん2.2kg。


003.jpg
Aさん奮闘の末大きな深海ザメ。
お疲れさん。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:02 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

鯛場は一艇も入ってない 〜 5月28日釣行

鯛場から魚が消えてしまったのだろか。
タイや青物狙いの船が全く見当たらない。
今の時期ワラサとタイの活況があっても良いはずなのに。
状況良ければそこそこの船は入っているのに寂しい限りだ。

さて、オニカサゴのポイントに入ったが北東風8〜9m、波高3mの悪条件の中
Aさん共々根掛かり連発。
当たりも取れない。

ムツ狙いの船が3艇出てたが早々に帰っていった。
これじゃ釣りにならないもの。
かといってボウズで帰るのもしゃくだし、結局は根性の釣り。

ところが9時頃になると風が落ちてきて凪に近くなり出した。
ここぞとばかり2人共真剣そのもの。

小さな当たりがあって、ごくゆっくり誘い上げたらギューンと乗った。

おっ!でかそう!!

オニ特有の抵抗をいなし浮かせたのは1.2kg。
その後は1kg、それにコクチフサカサゴと続き
Aさんもそこそこ良い釣りができた。


001.jpg
1.2kg


002.jpg
Aさん良形ムシガレイ


003.jpg
その後にとんでもなくでかいカンコを釣り上げた。
まぁまぁそこそこの釣果で坊主は免れた。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:22 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

オニカサゴとフサカサゴ 〜 5月15日釣行

フサカサゴ科の魚はちとややこしい。
一般にオニカサゴと称しているのは標準和名イズカサゴのこと。
ところが標準和名がオニカサゴという浅場に住む種もいるからややこしくなる。

更にフサカサゴ科でありながらフサカサゴという標準和名の付く個体もあり
その中にはコクチフサカサゴなんてのもあるからおつむ内は

???

だらけになる。

そのオニカサゴとフサカサゴの両方をまたまた釣り上げた。
以前は伊豆半島西海岸沖でよく釣れたフサカサゴ。
この頃は当地でも度々釣り上げて中にはオニとフサの混種のような個体も見る。

オニ釣りをする人はこの2種の判断は釣り上げて直ぐにつくが
不慣れな人はオニと混同してしまうのではないか。

フサカサゴは背の前方が盛り上がり幅も広い。
図鑑にはせいぜい大きくて25cmとあるが30cm以上を何匹も釣り上げてきた。
オニより死後硬直が遅く食べてはオニと変わらなく旨い。

気象予報は一日中穏やかと出てたが
昼近くから南が10mも吹き出し逃げ帰ってきた。


001.jpg
上:オニカサゴ/下:フサカサゴ
何れも30cmの個体。

(次回、富士川沖のシロギス試し釣りの報告)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:24 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする