2019年08月17日

高速道利用時のセンス

言わずもがな、高速道上の車は殆どがある一定の高速で走っている。

インターから、あるいはサービスエリアなどからの合流は
本線上の車に少しもストレスを与えずセンスよく合流できてこそ
上手なドライバーと言えるが、
高速道が国内中張り巡らされて長い期間が経ったのに
まだまだセンス良く合流してくるドライバーが少ないのは如何か。

つまり本線上の車の前に出て合流するか後ろに付くかの判断を
センスよく出来るか否かでそのドライバーの腕がわかるというもの。

インターなどから合流する時
ランプより後方の本線上の車の速度と距離をドアミラーで確認したら
パワー全開でその車の前に出られるか、後ろに付くかの判断を瞬時にし
本線上のドライバーに僅かのストレスも与えないアクションをしてこそ
センスの良いドライバーと言える。
本線上の車も追越車線に出られず譲れない状況にあることはよくあること。
その辺のことも現状認識し判断すべきでこれも一つのセンスのうち。

ところが中にはそんなこと一切おかまいなしのアクションで
前に出るなら出るでパワー全開にしろ!と、
また後ろにつくならそれなりの車速にしろ、と
声に出したくなるようなシーンが度々ある。
これらの判断材料になるのが自分の車のパワーをよく知っておく必要がある。

本線上の車速と距離をドアミラーで判断してパワーを全開にし
易々と前に出ることができれば
おっうまい運転するなと喝采を送るが前に出るんだか出ないんだか
全くアクションに現れず本線上の車にいらいらさせるほど下手な運転はない。

高速道の歴史も長いのに横丁の路地から私道に出てくるような感覚で
高速道に合流するドライバーの多さには困惑する。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

休日の高速道 事故多すぎる

マリーナ通いは往復220kmの道程で、その殆どが高速道を使う。

休日は事故や渋滞が多発するから釣行を諦めるが
その前後が台風やら低気圧の日が続いたりで
一週間も船が出せない日が続くと、いよいよ“禁断症状”が現れ
えーい行ってしまえ、と出掛けることになる。

休日の高速道でよく見かける状況なのだが前方だけしか見てないような運転
つまり左右や後ろはワタクシ全く感知しません、
あるいは余裕無くその気配りが出来ないような車を度々見るにつけ
事故の多いのも頷ける。

中には走行車線が空いているのに追越車線を延々とノロノロ走行し
何考えてるんだろと首を傾げたくなるのさえいる。
トラックに煽られてもへっちゃらでトラックドライバーカッカしてるだろな。

煽り事故が報じられているが煽る方は理屈抜きに危険だが
その原因を作っている方にも多々危険を招いてないか。
本能寺の信長じゃないが。

日常運転しない人達が慣れない運転でいきなり
休日の高速に入ってくる訳だから不慣れであろうことは否めないが
交通ルールぐらいはわきまえてほしい。

一方渋滞を招いてる原因の一つにコンビニ商品配送車も見受けられる。
確かに法規順応で大変結構なことだが高速道には一定の流れがあり
それに添って走った方が事故は起きにくいし
他車にも影響を与えないで済む。
コンビニ車の直後に不慣れなドライバーが追従すると抜くに抜けず
その後の車も追い抜きチャンスを逃し結果後続車がノロノロ運転になり
遙か後ろで渋滞が発生する。

何事も法規は人が作るもの。
その法規に実質的な血を通わせ活かして活用することこそ
人の知恵のように思うが。
本末転倒まではないにしても現状に合理的な融通で対処したいものだ。

様々な状況を見るにつけ休日の高速道事故多発は
起こるべくして起こっているようにさえ思える。
休日毎の事故数や渋滞は異常なほどになる。
僅かでも減らしたいものだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

CX5もうすぐ10万キロ

ランクル100ディーゼルからCX5にしてから4年になるが
今の所調子よく走りもうすぐ10万キロになる。
ランクルに比べ少ない距離だが車旅に出ないことが原因してる。

以前は北海道だけでも年に1〜2回は行ってたが
膝を痛めたかーちゃんが行けないので車の長旅もしなくなった。
それでもマリーナ通いだけでも往復230kmあるから
一般の人より距離は多い。

中々値段の割りにはよく出来た車で今の所満足して乗っている。
何しろランクルの半値だから。

ランクルのように歴史がない車だから
10万キロ以上トラブらずどこまで使えるか一抹の不安はあるが。
免許返納云々の年齢だから買い替える訳にもいかず乗り続けることになる。

どんな物もそうだが取説読むのが嫌いだから
未だに分からないスイッチ類がある。
カーナビだって必要最小限やっと覚えたがこの車は特にややこしい。
つまり若い人向き。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

車のタイヤ径は大きいと見栄えする

何だかタイヤが薄すぎてホイールが地面に接してるような車は別として
車輪径が大きいと車体とバランスがとれるみたいでマツダ車の特長のようだ。
おおよその車種において他メーカーより大きい。

一般的には販売コストを抑えるためか小さすぎではないかと見えるものもある。
車全体のスタイリングに大きなアクセントを与えるのは確かなようだ。

CX5も車輪径の大きなことが見栄えを良くしてる一因のようにも思う。
ランクル100のタイヤは27インチ径を使ってたことからも
迫力を生み出していた。


001.jpg
大きいホイールを使ったワーゲンの記事


002.jpg
CX5のホイールは19×7インチ
タイヤは22.5インチと大きめが付いてる


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:42 | 神奈川 ☀ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

車の軽量化で失うものもある

燃費を良くするためにも車の軽量化にはどこのメーカーも知恵を絞る。
その結果多くの車がモノコックボディーの採用により
ラダーフレームを使う事は乗用車ではほとんどない。
従って余程の高級車でない限り重量感やドッシリ感に欠けることになる。

高速を長距離走るとこの差が疲労度に表れる。
ランクルがそうだがオートクルーズをセットしたあの重量感のある走りは
ラダーフレーム無しには有り得ないのだろう。

しかしワーゲンゴルフは小さくても実にドッシリ感の走りをするが
何か特別な構造を持つのだろうか。

いずれにしても軽量の車は少々疲労を感じるように思うがどうだろう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする