2014年07月24日

締めサバ食べたい 干物や味噌煮も食べたい 〜 7月23日釣行

台風のうねりがとの予報だったがベタ凪。
ダボ仕掛けとコマセ仕掛けを持ってサバ狙いで出港。

ベイトの反応なくコマセでサバを寄せて釣ろうと片テン2本針で
さぁいらっしゃいと。

Aさん共々ぼつぼつ大きいのが釣れ出し、そのうち船上が戦場状態に。
何しろ血の気の多いサバは締める時も血が噴き出しデッキは血だらけで
しかも重労働で休んでる暇がない。

釣り上げて直ぐ頭を落とし腹わた出して海水で洗いクーラーに入れ
次の仕掛けを落としてる間にデッキや周囲に飛び散った血を洗い流してると
またもや竿先がギュンギュン。

初め浅場だからと両軸手巻きでやってたが
とてもじゃないが腕がもたず電動に変えるが大形ばかりでこれでもくたびれる。
その間に操船ときてるからこりゃあかなわん。

Aさんクーラーに入り切れないって言ってる。
二人共同じ様な釣れっぷりで少々早上がり。

マイナス30度で冷凍してあった昨年のが無くなったので
これから溜め込むとしよう。


001.jpg
さて何匹いるのでしょう。600g〜1kgのものまで。


002.jpg
サバの鱗も前に紹介しましたワイヤーブラシがうってつけ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:31 | 神奈川 | 【釣】−釣果−サバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

船上が戦場に 〜 7月2日釣行

またまたサバ狙い。
早朝から9時頃までは芳しくなく
昨日はサバにケッチン喰らうのかなんて思ったほど。

ベイト反応でやるのだが昨日のベイトはあまりに強い反応で
余程たくさんいるらしい。
サバもそちらで満腹状態ではなかろうかと
単体反応を探して仕掛けを入れたら案の定一発できた。

潮と風の条件が良く反応の出る航跡上をトレースできたから
一時間ほど入れ喰い状態で悲鳴をあげる。

釣り上げたのをサバ折りで血を出し頭と腹わたを取ってる最中
置き竿がガックンガックンやり出す。
処理中のサバとナイフを放っぽり出して手持ち竿にし対応。

昨日は電動を使ったので腕は楽だったが何しろ忙しい。
一時も休んでいられない。
正に船上は戦場と化し、あーぁくたびれた。
Aさんも同じようなことしてる。

かーちゃんの実家に行くのでこいつで干物をたくさん作って手土産にする。


001.jpg
干物作り進行中


002.jpg
途中身を返して汁の浸透をうながす


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:21 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−サバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

こんなのがツ抜けになるといいのだが 〜 6月30日釣行

何だかサバに入れ込んでしまい
この日もいそいそと出掛けるもAさん都合悪く一人で釣行。

ゴマサバはいつものように釣れたのだが
ポイントが40〜50m立ちと深くなり魚体も大きい。

そんな折、電動リールのコードを忘れてきた。
地獄の始まりだ。
両軸手巻きを使わざるを得ず
疲れるし腕は痛くなるしゴリゴリ巻いてると正に地獄だ。

そんな時サバではない引き具合で上がってきたのが良形のマアジ。
慎重にタモ取りして勿論活き締め。

次はマルアジだったがこれも大きい。
マアジの方を当日半身を刺身にしたら
脂乗り乗りでこれは旨いが新しすぎて少々固い。
あとの半身を次の日に食したらこれは絶品だった。
大形のアジは一日置いた方が良さそう。

サバ五目を目論んで出たのだがゴマサバ、マアジ、マルアジの三目だけで
前回の旨いマハタは釣れなかった。


001.jpg
こんなのが10匹も釣れたらなぁ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:33 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−サバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

飽きもせずサバ狙いだが五目釣りになる 〜 6月28日釣行

サバ狙いから帰って来てもうサバはいいだろうと思うのだが
旨いからじゃんじゃん食べる。
特に干物が絶品で。
だからまたまたサバが釣りたくて。

Aさんも今まで“船が沈む”というほど釣ってるのにサバやろうと言うと
おっ、やろやろ、なんてことでいそいそ出掛けることになる。

凪の海を少々ぶっ飛ばしポイントに入るとそこそこ魚影は出る。
この反応はカタクチやシラス、それにキビナゴなどの小魚だろうけど
これに付いてサバが動くからここを釣れば間違いない。

ウマズラ、ソコイトヨリ、マハタ、カサゴ、それにマダイなども釣れるから
実際は“サバ五目”といったところか。

6時頃から始めて10時前にはAさんクーラーいっぱいだと。
それじゃ上がろうと楽しい4時間弱を過ごした。

船から桟橋にクーラー移す時、2人掛かりでやらないとギックリ腰になりそう。


001.jpg
ザ・五目釣り


002.jpg
冬から夏にかけてのマハタは特に旨い時期で薄造りと酢締めが旨そうにできた。
大皿は流氷焼きの植村宏光さん作陶。(前回のホテルでの皿とは別の大皿)
この皿が縁で知り合えた。


003.jpg
この海鳥、船の縁から離れず針に付いた餌を潜って喰う。
人を恐れずタモ網でもすくえる。
離すと逃げもせず船縁にいついてうっとうしいったらない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 12:29 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−サバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

またまた今日もサバ狙い 〜 6月23日釣行

サバなんて何故狙い物にするのだろうと思われるでしょうね。
それは食べて旨いのと中深場での身餌確保。
それに第一あの半狂乱の引き味が楽しいじゃないですか。

だからこれがもしアカムツほどの確率でしか釣れないとしたら
誰でも目の色変えて狙うはずです。

Aさんもサバやるかと言うと、おっいいねー、なんて乗ってくるのだが
そのAさん都合悪く昨日は来られず久々の単独釣行で
いつもの場所に行くと反応が極端に少ない。
その為、前回ほどの疲労困ぱいにはならず、程々でちょうど良かった。

しかし、たかがサバなんて気の緩みもあるんでしょうね。
タモ網を使えばいいのに強引に引き抜くもんだから
800〜900gほどもあるのを4本も海面でバラした。

今までサビキアジ用の針ス4mに2本針を使ってたが
手返しの効率と手前マツリを少なくするため
長さ2mに1本針に変えたら正解だった。

“外道”で食べ頃サイズのマダイが釣れたが腹の中に指脂の塊が入っていて
身に脂が乗り久し振りに旨いタイ刺が食べられたのと
マアジの40cmが1匹釣れたがこの刺身も中々だった。

サバコロッケ”ご存知ですか?
中深場用餌の皮の部分を取ると身が残りますね。
これをミンチ状にたたいて玉ねぎの微塵切りと混ぜ
食パンを豆乳に溶いだものをつなぎにして塩とコショウで味を整え
並通のコロッケと同じように揚げるとおいしいですよ。
ビールの当てにぴったり。

干物、味噌煮、フライ、それに締めサバと旨い食べ方沢山あるのに
現実にはサバに邪魔されたとか猛攻で参ったとか
忌まわしいようなことばかりが言われてる。

きっちり血抜き活き締めしたサバなんて買えませんからね。
もし1本釣りでそんなのあったら高価で手が出せない。
サバは中々優等生の魚ではありませんか。

ストック用の少し大型の冷凍庫があると便利ですね。
釣れる時に沢山釣って保存すれば1年中食べられる。


001.jpg
今日も楽しさおいしさを与えてくれた魚達


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:59 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−サバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする