2020年08月31日

カツオのようなサバ 〜 8月25日釣行

ベタ凪で潮流れも素直な沖釣り日和。
例によって投錨の釣り。

いつものポイントには反応なく周辺を探し回って僅かな魚影を見付け
そこにくるよう船を回し投錨。
これが結構難しい。

ではではと仕掛けを入れるとAさんは早速アジを釣り上げた。
潮も穏やかなので魚が船に付いたらしく
反応出続けているがその割に喰いがいまいち。

そしてこのところ小さなワカシに邪魔されてたが今回はシイラ。
仕掛けを落とす時と巻き上げ時に喰い付き大暴れで仕掛けは切られるし。
元々釣り上げる気はないから邪魔そのもの。
もっともメーター級ならタモ取りもするけど。

アジは小形化してるがサバはマサバ、ゴマサバ共大きくなってカツオ級だから
引きも強烈で2人同時に掛けるとオマツリ必至。

これがほんとの夏祭り。

しかし見るからに旨そう。
そこそこ楽しめた。


カツオのようなサバ001.JPG
サバはカツオ級。
アジは小形化してるが脂は乗ってる。


カツオのようなサバ002.JPG
あまりしつこいので1匹だけ釣り上げたシイラ。
キダイは何とか刺身サイズ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年08月21日

かなり広範囲を探し回ったんだけど 〜 8月17日釣行

完全な無風状態。
ベタ凪。
でも流木怖くて飛ばせない。

いつもの投錨ポイントに入ったが前回同様モニターは真っさら。
なぁーんにも映らないね。
無風では流し釣りも苦労するから仕方なく投錨。
魚探故障じゃないのかと思うほど見事に無反応。
それでもAさんマダイ2kg。
アジ、サバ、マダイは魚影なくれも釣れる時はある。

他船は一艇もない。
あきらめちゃったのかな。

こんな時アカムツやアマダイの良形が釣れるのならそちらをやればいいんだが
それもままならない。

釣りものがないぞ。
次回どうしたらいいんだろ。
とにかくこのところ魚影を見ない。
海が死んじゃったのかしら。


かなり広範囲を探し回ったんだけど.JPG
丸々とした“旨サバ”が僅かに楽しませてくれた。
3枚おろしで冷凍庫入り。
アジは刺身。キダイは酢締め。ソコイトヨリは塩焼き。
何とかおかずぐらいにはなった。
とにかくどこ探してもいないんだから手の打ちようがない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年07月21日

これこれ、これが釣りたかったの 〜 7月20日釣行

なんとか降らず吹かずでご機嫌な海だった。
無風状態だったので投錨釣りにぴったりだが
相変わらず反応乏しく探し回ってどうにか見付けた。
さぁどっちに流れるか。

GPS拡大を最大画面にし流れ方向見定める。
Aさんバウでいつでも投錨できるようスタンバイ。

ここぞと思う所で投錨合図。
僅かにアスターンかけ錨の利きを促す。
これで反応近辺にぴたりと止まった時は、してやったり。
潮流が速かったので錘重量を少し増やす。

さぁーいつでもいらっしゃいよと操船不要の楽ちんな釣り開始。

Aさんの竿がもう曲がっている。
良型のアジだ。
船頭はイトヨリがきた。
キロには及ばなかったが満足満足
これが釣りたかったのでオツム内はもう昆布締めがちらちら。

次はカツオもどきのデカサバのお出まし。
こいつは締めサバだな。
何とも食い意地ばってるな。
でもこれが楽しくて釣りやってんだからね。
キダイがきたりソコイトがきたりでクーラーほぼいっぱい。
Aさんももうクーラーに入んないからと竿たたんじゃった。

しかし投錨釣りは投錨場所の選定がとても難しい。
そのかわり後は何もしなくてよい。
この釣りに馴れてしまうと虜になる。

さて今度の出船はいつになるか。


これこれ、これが釣りたかった001.JPG
これが釣りたかったのよ。
大きいのは1kgに及ばず700g。でも満足満足。
下段はソコイトヨリ。


これこれ、これが釣りたかった002.JPG
この日のアジは特別脂の乗りがよい。
薄皮引いた時脂肪でテカテカ光ってるもの。


これこれ、これが釣りたかった003.JPG
これも釣りたかったデカサバ。
最大は900g。まるでカツオのよう。
締めサバで食べたら落っこちたホッペ。
付け直して食べるようになる。
子供達が来るとのことで鮮魚パーティーにでもするか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年06月28日

サバパワー 〜 6月24日釣行

無風状態で流し釣りには操船難儀でこの日も投錨釣り。

どこか魚影出る所はないかと探し回るが近頃めっきり芳しくない。
仕方なく適当なポイントに投錨。
当然直ぐに釣れる訳ない。
辛抱の釣りで30度に流れるラインを眺めるのみ。

潮流れ速すぎるから投錨釣りにも不向きだが
無風で操船に手こずり釣りにならないよりはましだ。

30度のライン流れでは当然当たりは取り難いが強烈な当たりが出だした。
マダイのような引ったくるような誰が見てもはっきり喰ったとのサイン。
慎重にやり取りするもそのパワーの凄いこと。

大サバだ。

惚れ惚れする見事な丸々と幅も広く
いかにも脂乗り乗りの魚体は天種アマダイの比ではない。
早速頭と腹わたを取りキンキンに冷えたクーラーに。

それにしてもサバの引きじゃなかったなぁ。
こんなサバならいくらでも釣りたい。
釣って楽しく料理の幅もありどのように造っても激旨だもの。


サバパワー 〜 6月24日釣行.JPG
きれいな身は旨さの証。
締めサバ、味噌煮、干物、塩焼き、いずれも旨味満点。
850g前後。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2019年07月17日

GPS内蔵電池切れに注意 〜 7月13日釣行

大アジ刺身と締めサバ食べたくて安倍川沖まで行けば何とかなるだろうと
出船準備でGPSスイッチオン。
ところがモニター表示が異常。
今まで入力した内容が全部表示されず内蔵電池切れが表示されてる。

このところ出船の際この表示が出ていたのに電池の交換を怠っていたので
いよいよ完全に切れてしまったようだ。

さぁ困った。

かと言って釣行を諦めるわけにもいかず
えーい、ままよと桟橋を離れ安倍川沖へ向かうが
とにかく進行方向、船速、緯度経度、
もちろんポイントも全部出ないのだから操船困難この上なし。

岸側を目測に近くまで行けば他船がいるだろうと目論んで航行してたら
案の定ポイントと覚しきあたりに三艇ほど入ってる。
これ幸いとここで釣り始める。

しかし自船の位置表示や潮流れ方向も出ないから手探り状態の釣り。
それでも根性の釣りでAさん共々大アジ、大サバを釣り上げる。
大した執着心だ。

このところ大アジ、大サバには縁がなかったから釣果が出たのが満足満足で
まぁ何とか格好はついて8時間後に沖上がり。

帰路のGPSは不要なので締めサバをオツムにちらちらさせながら
オートパイロットで帰ってきた。

横着はするもんじゃないね。
初めに電池切れ注意の表示が出た時に交換しておけばよかったことだ。
しかしこの作業は本体をフルノに持ち込まなければならず
少々大事になるからついつい横着してしまう。
どうぞくれぐれもご注意の程。

恐らく長年にわたり入力してきた好ポイントマーク
1,000ヶ所は全部消えてるだろな。
電池を新しいものに替えてもお宝が全部パーになってしまう。
それとこれから何回かはGPSなしの釣行を余儀なくされるから憂鬱だ。
全く何が起きるか分かったもんじゃない。

本日の釣果はそこそこあったので旨々の締めサバを作った。

(おまけ)
サバの血合骨はとても抜きにくいが酢で締めた後は抜きやすい。
薄皮は三枚におろす直前に背と腹側の鱗際に浅く
包丁を入れてから剥くとちぎれなくきれいに剥けるし酢の回りもよい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−サバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする