2011年07月11日

濁るなら濁る、澄むなら澄む、はっきりしろい富士川沖! 〜 7月9日釣行

この日はベタ凪、凪倒れの予感もしないではない。
浅場のタチポイントはマルソウダ、サバ、小型のカンパチが運動会やってて
タチもおちおちしておられず群は散り散りで魚影があっても喰いが悪い。
そりゃあそうだ、おちおち餌も喰ってられないもんね。

何より潮の色も中途半端でタチにもキスにもベストではない。
何とかおかずくらいにはなったけど。

キスも渋い。
特にシラス網が入った後はぴくりとも来ないのと
ますます平均サイズは小形化してる。

河口近くの砂礫と砂地の混合ポイントもシラス網が入って全くだめ、
蒲原寄りに変えてたったの20匹。

暑いのなんので、Aさーんもう帰ろうよ、ってなことで10時半終了。

それにしてもタチの小さいことF3本なんて滅多に来ない。
サイズが平均して大きくなれば沖へ行っちゃうんだろしな。

でもね、この前も書いたけど今年のは小さくても脂が乗ってて旨いね。
特に炙り造りが旨い。


001.jpg
本日船頭の釣果。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:22 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

6月28日富士川沖状況 〜 6月28日釣行

早朝のマリーナは南西が5m吹いてあまり芳しくないが
東寄りではないので何とかなるだろうで、
富士川沖へ舳先を向け自動操舵をセットするも
うねりが大きく蛇行しながらの航行を余儀なくされる。

他船は1艇も入ってない富士川の東寄りのタチポイントで
魚影探すもどこもお留守の様子。
ベイトは全くいない。

タチ単体らしき魚影が低周波魚探に出るもヒットせず
時間を空けてキスをやろうと仕掛けを投げるも大したことはなく
おかずぐらい釣って再びタチのポイントへ入るが変化無く
西へ探りながら移動すると1艇の遊漁船が富士川東寄りポイントに入っている。

たぶん海生丸ではないかと近づくと
やはりタチジグのエキスパート海生丸さんだ。
細いながらもぼちぼち釣り上げている。

魚探はと見ると広範囲に反応が出てる。
ベイトとタチ単体の反応でジグを入れると1発でくる。
小さいけど入れ喰い状態。

海生丸さんの近くでお邪魔させてもらっちゃった。

一時収まってた南寄りが強くなりそうな気配だったので帰港することに。
大正解でマリーナの海面は少し経つと大荒れになった。

Aさん共々、まぁ何とか楽しめた釣りになった。
それにしても今年のタチ細いけどよく脂が乗って食べると旨いの何の。

そこそこ冷凍のストックも出来た。
何しろ1年分溜め込まないと。


001.jpg
今日もおかずくらいは釣れました。


002.jpg
キスって不思議なんですよね。
オスがたくさん釣れる日と
卵を持ったメスばかりが釣れる日があるんです。
今日は白子のオスが多かった。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:51 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

祭りの後の静けさよ 〜 7月28日釣行

前回、富士川沖はタチ、サバ、カタクチ等がお祭り騒ぎで
その時釣ったサバを締めサバにして食ったら旨いの何の、
なんてAさんと話をしながら富士川沖に着くも今日はタチもカタクチも反応なし。
たまにサバが跳ねるが食い気がないみたい。

それでもAさんが始めに降ろしたジグにF4本クラスのキラキラ魚体が上がり
ちょっと期待したが後が続かず。

反応探しにうろうろするばかり。
反応が出てもえらく狭い範囲で効率よくない。

で、今回もキスに転向。

いつものポイントに海桜丸が付いているので
コンニチハをして状況を聞くと大したこと無いみたい。

でもそこそこ当たりはあるし20cm超も混じるまぁまぁの釣りに。

そうこうしてる中、南が5m以上吹き出し、状況良くならずと判断。
正面から波風を受けながらの早上がり。

締めサバ今回はおあずけになってしまったがまぁいいや。
キスの酢締めにしちまお。

早上がり正解でした。

帰路の高速から見た浦原から富士川沖は
“大うさぎ”が団体で飛び跳ねてたし1艇も見えなかった。


001.jpg
釣果というより“超”貧果


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:58 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

タチウオちゃん早目の盆踊り大会 〜 7月21日釣行

出航時、ペラに何かが絡んだみたいで異様な振動。
大事を取って18ノット程で富士川沖へ。

さてさて何はともあれ魚探ぎょたんわくわく。

おっ!いるぞ、いるいる!
それも広範囲に!
濁り具合も丁度良さそうだ。楽しくなりそうだぞ。

水面下のカタクチだろか、
それを狙って子供のタッチャン、ジャンプして朝日を受けきらっと光ってる。

ではではとジグを落とすとAさん共々一発できた。
F3本クラス、小さいけど贅沢言ってられない。
きっとタッチャンの子供達が海中で盆踊り大会でもやってるんだ、大勢で。

とにかくまだ他船は一艇も来てないから貸切状態でやりたい放題。
潮回りなんて全然やらなくても反応は出っ放し。

他船が集まってきた。
ルアーのベテラン船、海生丸も。

どの船も釣り始めるとやはり動かない。
F4本クラスが少しだけ混じるがシラガも多く
Aさんと二人で20本は投げた(北海道弁で拾てたの意味)だろうか。

リリースなんて体裁良いことではなく捌くのが面倒なだけ。
さすがに自称青年の腕っぷしにもガタが出てきた。

先程からキスのポイントに一艇だけ入っているが、
中川キャプテンの海桜丸のように見えなくもない。

タッチャンはもういいからキスにチェンジしようと近くに行ってみる。
やはり海桜丸だ。

船を接近させ、こんにちは。
中川キャプテンも笑顔で挨拶してくれ、キスもぼちぼちよ、と。

それじゃぁ近くでやってみようと、船を並べて一投目から二人して中型を。
ジギングでガタがきてた腕はほっとしてる。
おかずくらいは釣ったから早上がりしようと沖上がり。

釣りで夢中で忘れてたペラのトラブル。
何だか良くなったみたい。
でも念には念をと35ノット程に上げてみると振動は全くなくなった。
良かった。

今日最高の一日でした。
タッチャン小さかったけど、中川幸子キャプテン有難さんでした。


001.jpg
Aさん、今日もご機嫌でやり放題。


002.jpg
タチの頭をはさみで落とし血抜き活き締めのAさん。


003.jpg
今回も数量、ご想像にお任せ。
さぁー、これから下ごしらえ。張り切って。でも大変。


004.jpg
2時間足らずで中型揃いが25匹。
酢締めで食べるか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:11 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

タチウオの富士川沖情報(3)〜 7月10日釣行

清水港内は全くの平穏。
興津手前からうねりが大きくなり3mはあろうか。
それでも南寄りからなので航行には大した差し障りなく富士川沖へ。

船足を止めて改めて海面を見るも、ミルクコーヒーだ。
ペラで掻き回しても前回よりまだひどく
濁りの厚さは相当なもの。

うねりも大きく南から、風は北東からなので
うねりをスターンで受ける状態であまり有難くない。

「こりゃだめかもね」

Aさんと話ながら魚探を見ると、

居る!

前回よりかなり良い。

しかしこの濁りではなぁー、なんて始めたらAさんに一発目がきた。
続いてダボ船頭にも。

周囲には一艇も来てない。
よーし、貸切でやっちゃおー。

結構調子いい。形も悪くない。
Aさん早くもフル回転。ターボがかかった。

少し過ぎた頃、遊漁船が集まりだしそれぞれ調子いいみたい。

9時頃には当たりも少し遠のきキスに転向。
とは言っても、さすがにこの濁りではキスはだめと試すこともなく由比沖へ。

2時間足らず楽しんで、いやー今日“も”大漁だったなぁー。

Aさんにこにこ顔で帰港となりましたよ。


001.jpg
タチはこんなもんです。


002.jpg
F5 F4サイズ


003.jpg
キスも2時間足らずで。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 12:43 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする