2013年12月11日

魚をさばくのに手袋の効用

魚をおろす時、両手とも素手でやってますか。
ゴム手袋と軍手を使い分けて用いると具合がいいですよ。

まず鱗を取る時、魚を押さえる方の手にゴム手袋をはめると怪我の予防になり
滑らないから仕事がしやすい。
使い終わったらさっと洗える。

一方三枚おろしには軍手が良い。

ホームセンターでまとめ買いし
煮沸消毒後ビニール袋に入れて保管しておけば衛生的に使える。

どんな魚でも表面は多少のヌルがあり素手では力が入らず滑って危険。
特にアマダイのように軟らかい身はしっかり押さえてないとうまくおろせない。
見た目良くないから料理人はこんなことしないが
衛生面をしっかりやればこれは使い勝手の良い方法でお勧めできます。


001.jpg
ゴム手袋も左右どちらでも使えるのないかなぁ


002.jpg
軍手は仕事はしやすい


003_1.jpg

003_2.jpg
おまけ。
釣りに行く時ジャガ芋の皮がむけるイボイボの付いたゴム手袋を持参すると
釣った魚をつかんで針を外すのにいいです。
アマダイなんかもっぱらこれを使ってます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 03:57 | 神奈川 | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

魚を締める刃物(2)

活き締めに使うナイフを4年間使ってきたが
研いで短くなり刃も立たなくなったので買い替えた。

今まで使ってきたのは柄が木製だったので
魚の血糊が付くと滑って危なかったが
今度のはステンレスの一体成形で使いやすい。

関孫六のペティナイフ。
両刃のステンレスだから少々研ぎづらいが錆には強そう。

いつも言うように手術の時切れないメスで
ごりごりやられたらたまらないのと同じで
魚だってスパッと切れる刃で締めた方が苦痛も少なくて済むだろうと
いつも研いで使ってた、

ネットで購入したのだが、ついでにかーちゃん用に三徳包丁も購入したが
切れ味の持ちはどうかな。
とても使いやすいと喜んではいるが。

しかしこのような量産包丁って廉価で和包丁と比べ物にならない。
2本買っても5千円少々だもの。
和包丁なら1本で万単位だ。

そう言えば最近の板前さんの中にも一体成形の包丁を使う人がいますね。
使いやすいんだろな。


001.jpg
左:魚を締める為のペティナイフ/2,321円
右:かーちゃん用三徳包丁/2,927円
この値段で切れ止まりしなければすごいのだが・・・?


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:34 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

骨抜き

何やら政治屋さん絡みのような法律の骨抜きとはちと違って
魚の血合骨を抜く道具のこと。

長く使ってると両端が磨り減ってきて骨をつかめなくなる。
固い骨をつまんじゃ引き抜くのを数え切れないほど繰り返しているのだから
そりゃあちびるわ。

閉じた状態の先端を光にかざして見ると隙間のあるのがわかる。
こうなると使い物にならないから次を買うことになるが
この道具もピンキリで100円ショップのものから一万円以上のものまである。
要するに刺抜きと同じですからね。
どこにそんな違いがあるのかといつも思ってた。

物は試しでさすがに一万円は手が出ないけど二千円のをネットで買ってみた。
今使っている物で十分だったのだが違いを知りたいのと好奇心から。

で、使ってみた。

何てこたぁない。
千円以下のものとどこが違うのか。
それに重くて使いづらい。

そうだろな、お金のかけようないものな。
細い金属曲げただけのものだもの。
純金製なんてものなら別だけど。


001_01.jpg

001_02.jpg
左840円/右2,030円
840円の方に軍配あがる


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:34 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

一度も使ったことのない鯛竿

五目釣りはマダイとチダイがお馴染みで両方共よく釣れるからいっその事
マダイ竿を使えばその柔らかさと長さからバレが少なく船底に入られず
釣り上げる確率も上がるのだろうけど長竿はどうにも好きにはなれず
買ったはいいが一度も使うことなく埃をかぶっている。

船の上では1.8mから2.0mの長さが扱いやすく好みでもあるし
短いほどの魚とのやり取りがダイレクトに感じられるのも魅力だ。
ワラサのでかいのが掛かると相当振り回されたりはするけど。
それはそれでまたおもしろい。

いつもダイワのリーディングXアママルが大活躍するのもこの為で。
だから流石にワラサの時はクッションゴムを使うようにはしてるけど。
腕クッションと共に。

そう言えばこのところオニをやってないなぁ。
これも少なくなってきてるから以前ほど魅力ないのだが。
アママルはここでも活躍するのに。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:08 | 神奈川 ☀ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

素手を守るために

前にもちょっと紹介したことあるけどゴム手袋。
これ絶対いいですよ。
釣行の必携品と言っても良いほどで是非お勧めしたいです。

8月8日の記事写真にもあるようにいろいろ活用範囲が広い。
特に真冬のアマダイ釣りには欠かせない。

手を入れるところが広いのが使いやすくホームセンターでいろいろ売ってる。
少々の棘は凌げるし寒い冬場に魚を掴むのに良い、
血やぬるが付いてもはめたまま手を洗う要領でやればすぐきれいになる。
Aさんも手放せなくなってるみたい。

こんな良い物使ってる人あまり見かけないけど一度使ってみてください。
ダボハゼ丸お勧めアイテムです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:20 | 神奈川 ☀ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする