2014年05月30日

電動リールの船べり停止機能が竿先を折る

今まで6本の竿先を折ったダイワの電動リール。
ごく最近の性能は知らないが沖釣り始めてこれまでダイワは8個使ってきた。

最後に購入したのが故障だらけのシーボーク500MT。
これで3本折った。
ハイパータナコン400BDeで3本。
合計6本の竿先。

あぶなっかしいから船べり3m以上でセットしても
それ以上の長さで停止したり巻きすぎて竿先を折ったりと全く信用できないから
今回は4mでセットしたのに巻きすぎで折った。

ダイワの電動は危ないからよくよく注意してたのだが
ちょっと目を離したらアウト。
こんなこと車だったら重大なリコール問題になる。

シマノ製品では未だかつてそんなことは一度もなく信用して使ってる。
わたしが昵懇にしてる釣具店では僅かなパーツ代だけで竿先を修理してくれ
有難いが当然竿自体の調子は狂ってくる。

釣具店には全く責任ないことでメーカーが悪い。
もう間違ってもダイワの電動は買わない。


001.jpg
見事にボキッ!のアルファタックルサイバースティック180Mの竿先。


002.jpg
またもやこいつがやってくれたシーボーク500MT。
もうバカバカしくて修理に出す気にもなれない。


003.jpg
行きつけの釣具店が無料で直してくれた竿先。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:24 | 神奈川 | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

針スにデンタルフロスは参考にならないか

釣り師が頭を悩ますことの一つに針ス、
特に枝スや胴突き仕掛けの針スのパーマ化現象。

アカムツ釣りで小さなユメカサゴを釣り上げた時など
魚が回転しながら上がってくるから針スがよれて
使い物にならなくなったなんて誰もが経験されてること。

一番理想なのはメーカーがよれない針ス糸を開発してくれることだが
今の化学を基にしても不可能なのだろう。

そこで参考になる材料がある。

歯の間を掃除する糸。
デンタルフロスですが糸の一方が5cmほど硬質化してある。

一般に糸は軟らかくそのままでは歯と歯の隙間に通せないが
何やら化学的処理でもしてあるのか硬くなってる。
この技術を応用して針ス用糸を作れば
少しはパーマ化を防げるのではないだろか。

幹糸から10cmもこの処理をすれば効果ありそうに思うのだが。
どこかのメーカーさん開発してくれませんかね。


001.jpg
よれた針ス


002.jpg
一方が硬く処理してあるデンタルフロス


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 13:29 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

半年で5回故障、シーボーグ500MT

電動リールはダイワを多用してきたが最近の製品は故障が多く閉口する。

シーボーグ500MT(メガツイン)は半年間で5回もの修理で
いい加減にしろと言いたくなる。

それでもメーカーが気が引けてか
或いは使用頻度が少ない為か無料で修理してきたが
今回の5回目は一万円だと。

糸を平均に巻き取るガイドが故障だがこのリール通電時間125H。
巻き上げ距離81km。
この程度の使用で5回もの故障。

おまけに今回の有料。
一般的には考えられないことだ。

手数料を取らない釣具店だってあきれてるし
今回の一万円には恐縮さえしてたが釣具店には責任ないこと。

今まで8個のダイワ電動リールを使ってきたが
今後ダイワ製品の購入は恐らくないだろう。

ちなみに竿は使いやすい製品を作るダイワだが。


001.jpg
5回目の修理で戻って来た。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

液体ばんそうこう

痛てっ!指に針刺しちゃったよ。
ラインで指先切ったなんてこと釣りの最中経験ありませんか。

いつも釣行時はバンドエイドや指サックと共に
液体ばんそうこう(液ばん)を携行してるのだが
小さな傷で一番手っ取り早く使えるのが液ばんだ。

ところが何種類か使ってはみたもののどれも乾きが遅く釣りにならない。
バンドエイドは手間が面倒。

そんなことでまたまた液ばんを買ってきた。
今まで使ったことがない製品で「リュウバンS」。

これが今までにない乾きの速さで1分ほどで指先が使えるようになり
とても便利なので紹介します。
大木製薬の製品。


001.jpg
これいいですよ。すぐ乾いて。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:22 | 神奈川 ☔ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

アカムツ釣りに使っている竿と電動リール

竿先の感度が良く魚が掛かれば6:4調子から5:5調子にまで応えてくれ
自重が極力軽い竿を基準に選んだのがアルファタックルセイバーZ202。
柔軟にして強力。
使い勝手はすこぶる良好。

オニカサゴやアマダイにはダイワのリーディングXアママルを使うが
100号以上のおもりではちとしんどい。
潮が素直で200m立ち未満ならこの竿でも楽しめるが中々そんな潮は少ない。

セイバーZはアカムツの重量感のある引きにも思い通り応えてくれ
ばらしも少ないし竿自体が丈夫な作りだ。

一方電動はダイワのシーボークメガツイン500をセットしているが
昨日の記事の通り故障が多すぎる。
使い勝手は悪くはない。
重さは手持ちの長時間には限界だろう。

このリールのマイナス点は
自動でスピードからパワーに切り替わる一瞬のロスタイムがあり
この時にバレの危険性はある。

アカムツにはこのセットを多用しているがバランスは良いようだ。


001.jpg
記事中の竿と電動リール


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:03 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする