2015年06月05日

シマノ電動リール プレミオ3000

電動リールはシンプルが何より。
売らんかなで余計な機能を付加させるから故障原因になることは
シーボーグ500MTで十分経験した。
シンプルなら兼価で故障も少なく電動本来の使用目的を果たせる。

船べり停止機能だけ付いていれば他は何もいらないと思う。
シマノ電動リール プレミオ3000は正にそれに当てはまる。

自重も640gだから手持竿が可能だし巻き上げスピードもその荷重も十分で
4号ラインが450m入るからオニやアマダイからアカムツまでカバーできる。
もちろん青物やイカにもぴったり。

カタログには電動初心者に合致してるとあるが
どうしてどうして長年の経験者が使っても
満足できる使い勝手は中々のものでAさんも使ってる。

他のメーカーには少々奇をてらったものも出ているが
使い難い原因になってるし故障原因にならなければよいが。


001.jpg
プレミオ3000にポリエチレンライン4号を450m入れてある。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

釣針が返しまで刺さってしまったら

思いがけないことで釣針を指先に刺してしまうこと度々。

ただ、今までは返しより深く刺してしまうことはなかったが
これとて皆無とは言い難い。

皆さんご経験おありですか。
もしそうなってしまった時のことを考えいつもニッパーを携行してる。

そのように刺してしまったらチモトの平らな部分をニッパーでカットして
針を戻さずそのまま通し過ごし抜くことを考えてのことだが
何れにしても痛いだろな。


001.jpg
いつもこれを道具箱に入れてるが使うことがないようにしないと。
痛いの嫌だからな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

意外と知られてないこと

“意外と意外”なことにタモ網の管理、気にかけたことありますか。
魚釣りのほとんどで必需品のタモ網は不都合なく使えて当たり前の釣り道具。

以前に富士川沖でキス釣りの時
30cmまではいかないがバカデカイキスを掛けた。
水面に現れたのは本当にキスかと思われるほどの正に肘叩き。

当たり前のように、いやキスには出番のないタモ網に入れた途端逃げられた。
一瞬何が起こったのかわからなかった。
タモに入って飛び出しもしないキスがタモの中にいない。
えぇっ、どういう事?っと思ってたら何とタモ網が破れてた。

これじゃ逃げ出すわけだ。

行きつけの釣具店で話をしたらほとんどのタモ網の材質は
紫外線により劣化し糸が切れるという。
そんなこと夢にも思わなかったが結構あるようですよ。

それからは真水で洗ってキャビンに入れておくようにしてる。
大物を水面に浮かせタモを入れたら網が切れて逃げられたなんて
あきらめつかないもの。

使えて当たり前のタモにもトラブルがあるから要注意ですね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:06 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

骨抜き名人

電動うろこ取り機の製造元(株)ホクトの製品で
「骨抜き名人」なる魚の小骨抜きをうろこ取り機と一緒に買ってみた。

たかが小骨を抜く為の道具だが今まで随分色々買って試してみたが
結局は安物のトゲ抜きが一番使いやすかった。
だから今回のものにもあまり期待はしてなかった。

結果はこの道具類の中では優れているが問題点が一つだけある。

それは骨を挟む部分が小さく狭い為
挟む部分に付着した身や骨が指で除去できない。
これらを除去しないとうまく挟めないから頻繁に取り除く必要がある。
挟む部分がもっと大きく広く開き
指先が入るようにすると使いやすくなると思うが。
今回はこれもアマダイに使ったので余計に使い難かったと思うが。

これらの改良が見られればもしかしたら手放せなくなるかも。


001.jpg
丁寧に上質な作りになっている。


002.jpg
この挟む部分も平面が広くよく考えられているが
大きさと開きの広さに難点はなかろうか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:29 | 神奈川 ☀ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

電動うろこ取り機「うろこ取り名人」使ってみた

魚の中でも身質がデリケートなのと、うろこが少々取り難いアマダイに
先日購入した「うろこ取り名人」を初めて使ってみた。

結果から先に言うと予測してた通りの使い勝手で中々の優れ物。
力を入れる必要は全くなく器具の重さだけで済むから腕はとても楽ちん。
初めて使ったことで今までの3倍ぐらいの早さだったが
慣れたら4倍ぐらいにはなるだろうか。
刃が高速回転してるのにゴム手袋が当たっても大丈夫なのはちと不思議。

本体は全く防水性がないから水がかからない場所に置いて
電線は刃物の所まで繋がっておりこの刃物部部分は完全防水が施してあるから
水をじゃんじゃんかけても大丈夫。

おおよそこの手の物って買ってみたら
「なーんだ大したことないな」と思う代物が多いが
これはその部類ではなく実用性に富んでる。
鮮魚店や飲食店で使ってるということだけある。

ただ特殊性の強い製品だから量産で製造価格を下げ難いと見え
値段も結構なものだ。
これはやむを得ないだろう。


001.jpg
アマダイも難無く処理できる。


002.jpg
ヒメコダイのような小魚にも使い勝手は良い。
えーい、一発投資しちゃえ!
なんて方は購入の価値ありそう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:10 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする