2020年08月16日

炙り造りと鋭利な柳刃

魚釣りをするおおよその人は自ら調理も楽しんでいるのではないだろか。
いやいやこちとら魚はかーちゃんに丸投げよ、なんて方もおいででしょうが。
いずれにしても魚を触るのだから出刃と柳刃の一本ずつは家庭にある筈だ。

男の料理なんてものはハマり出すとその道具類に凝り出し
かーちゃんの目を盗んでえらい高級品を揃えニンマリするものである。
後で気付かれ大目玉を食らったりして。
しかし楽しいことですよね。

わたしも調理用具は一通り揃えてあるが決して高級品ではない。
強いて言えば中級品だ。
使いやすくよく手を入れて使えば高級品に劣らないと思って使いこなしている。

知り合いに一本40万円だなんて柳刃を持ってる人いるが
全鋼製だから中々使いこなすのが難しいと思うが。

さて前回イトヨリの炙り造りを昆布締めにした記事を書いたが
料理店ですら食べられない美味に仕上がって
850gのボリュームをかーちゃんと2人でペロリ食べてしまった。
と言っても近所の人にも少し食べてもらいその感想たるや絶賛だった。
口の肥えた人だがホッペおっことしてた。

この炙り造り、アマダイ、マダイ、アカムツなどによく合った料理なのだが
魚によって炙る秒数が異なることはご存知の通り。

炙り終わって余熱が取れたら脱水し昆布締めにして
その後、昆布から外し引いて盛り付け完成なのだが
炙り秒数が合ってなかったり柳刃の研ぎが完全でなかったりした場合
引いた時皮が身からズルズルと剥がれる現象がおこる。
こうなると折角の皮目を生かした盛り付けが台無しになってしまい
見映えが劣ってしまう。

使っている柳刃も鋭利か否か十分お気をつけください。


炙り造りと鋭利な柳刃001.JPG
炙り造りの必携用具ハンドバーナー。


炙り造りと鋭利な柳刃002.JPG
研ぎ減ってしまい元の長さがわからないが25cmと29cmが今の長さの柳刃。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年01月23日

鱗落とし三点セット

魚を釣ってくればタチなど除き
おおよその魚は調理始めにしなければならない億劫な鱗の処理。
おもしろくも楽しくもない単純な作業で
周囲に飛び散り後始末もしなければならず。
かといってこれをしないと先に進まない。
ビニル袋の中や水の中でしてる人もいるようで。

ところが写真のような三点セットがあればかなり効率良く
かつ飛び散りも最小限に作業できる。
いずれにしても尖った鰭先に向かってある程度の力で擦る為
怪我予防のため厚手のゴム手袋を用いるのでこれも含めて三点セットとした。

黒のゴム製で片力商事の「鱗トル」はおおよその魚に対応でき
全くといってよい程飛び散らず鱗が取れる。
鰭際の細かい部分は従来からの金属製が使いやすい。
これは飛び散るがほとんど鱗トルで処理後なので問題は少ない。

これでキッチンを汚さず鱗の処理ができる。


P1080016.JPG
取っ手の付いた黒色の「鱗トル」と従来からのうろこ取り。
厚手のゴム手袋。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

外科手術用手袋の効用

いよいよ寒くなってきて防寒対策に知恵絞る。

上着の両ポケットにハッキンカイロ
厚手のタイツに靴下二枚重ね。
毛糸の帽子にハイネックシャツ。
ゴム長は“北海道御用達”の完全防寒などなど。
体全体はこれで何とか凌げる。

しかし指先の冷たさ、これどう対処してます?
コマセを詰めたり針先に餌を付けたりとにかく指先の冷たさには何とも悩む。

指先だけ露出してる防寒手袋はあるが
肝心の指先が冷たいのだからどうしようもない。

対策として外科手術用の極薄手袋をし
その上から指先カットの手袋をすると効果がある。
と言っても完璧ではないがかなり凌げる。

しかし針先や鰭先で突くと穴が空く欠点はある。
それでもしないよりは良い。

手術用だから指先はかなりデリケートに使えるので
オキアミを針に付けるのも具合が良いしコマセ詰めの冷たさも軽減できる。
指先のあかぎれやひび割れ、少々の怪我にも海水が触れないので痛まない。
つまりしないよりはかなり良い。
そこそこ使える。
ネット通販でも購入できるのではないか。
材質の優れてるものを選ぶと良いでしょう。


P1070924.JPG
手術用手袋


P1070921.JPG
指先カット手袋との併用。
メスを持ったり縫合したりの
細かな作業に適した指先のフィット感は餌付けなどに最適。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

うろこ取りは楽しくない

大漁にしろ貧果にしろ釣ってきた魚を食べるには避けられないうろこの処理。
アマダイの松笠揚げは別にして
これが楽しくて仕方ないなんて方いませんよね。
ガリガリゴリゴリちっとも楽しくない。

一般家庭のキッチンでやればそこら中うろこが飛び散り
かーちゃんにおこられるし良いこと一つもない。

結局何とかして楽に出来るよう工夫するしかない。
工夫ったってビニル袋の中でやるか道具の選択ぐらいしか考えつかない。
その道具も今まで随分色々見てきて良さそうなのを試行錯誤してきたが
力が不要で飛び散らない物は未だかつて見たことない。

今手元にあるものをまとめて紹介してみます。
そこそこ良さそうと思われる6種です。


うろこ取りは楽しくない00101.JPG
2014年に購入した一番の大仕掛けで
電動うろこ取りは大漁時に強い味方になる。
しかしこれを普通のキッチンで使ったら
かーちゃんに大目玉食らうこと間違いなし。
つまり業務用ということでしょう。

三枚刃が横に高速回転するが
ゴム手袋の脂に当たっても怪我をせず安心して使え
魚の大小問わずしかも鰭際もきれいに落とせる。

2014年12月13日の記事にもしてるから丸5年間使用しているが
故障もせず6種中一番の優れものでとにかく楽々。

コードをコンセントに差し込んで
回転刃のコードを本体につないだりの少しの手間はあるが
短時間で処理できる。

高価がわざわいするが大漁時はこれ程頼りになるうろこ取りはない。


うろこ取りは楽しくない002.JPG
なかでも優れたウロコとり
このへら状の道具は上記とは対照的に廉価で鯛などには活躍する。
つまり平面の多い魚に適している。


うろこ取りは楽しくない003.JPG
鱗トル
ゴムの材質で理屈はへら状のと同じだが
少々高価なだけあって使い勝手は良い。


うろこ取りは楽しくない004.JPG
金属タワシ
ヒラメ、コチ、など大形魚の細かく頑固なうろこには一番ではないだろか。
廉価だし。


うろこ取りは楽しくない005.JPG
金属ブラシ
これで落とせないうろこは他のどれを使ってもだめみたい。


うろこ取りは楽しくない006.JPG
昔から板前御用達のロングセラーで
おおよそはこれ一本で用は足りる優れもの。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☔ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

この保冷剤、かなりいいです

商品名「COOLER SHOCK」アメリカ製。

水を注入して使うのだが水の量が指定されている。
中に何やら薬剤のような顆粒状のものが入っていて
これが重要な役割を果たしているようで長時間効果が保てる。
もちろん凍らせて何回も使える。
これと氷を一緒にクーラーに入れて使っているが氷の量が半分程で済む。


この保冷剤、かなりいいです.JPG
詳しくはネットを見て下さい。
使われる方はくれぐれも規定以上の水を注入しないよう注意してください。
大きいサイズを購入したが小さい方が使いやすいようだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする