2018年11月16日

甘口、辛口天気予報

釣行から帰って次の釣行日を決めるのにパソコンで天気予報を見る。
そしてその2日前と前日の予報は特に念入りに。

いつも参考にしているのは

○お天気.com
○マピオン
○気象庁
○ヤフー
○ウェザーニューズ
○日本気象協会
○バイオウェザー気圧配置図

の7ヶ所からの情報を参考にしている。

沖釣りは晴とか雨とか以上に風波の情況が重要になるから
そこを重点的に見る。

この中で突出して厳しい風情報を出しているのが「お天気.com」で
えっ!ほんとにこんなに吹くんかいなという程の超辛口予報を出す。

「ヤフー」のピンポイント天気は超甘口で
表示されてる風速はその2〜3倍吹く場合が多く
他の情報などはその中間と判断してる。

「お天気.com」情報を元にしてるのが釣りニュースの予報で超辛口だから
前々日と前日、それに当日では激変することもあるがよく当たる。

沖釣りは風と波情報を正確に掴んでこそ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

ゴマサバとマサバ、それに海中運動会

ゴマサバとマサバは釣り人なら一見して判別できる。

駿河湾の三保松原沖にアジ、サバ、タイの好ポイントが点在するが
夏場に釣れるのはほとんどが丸々としたゴマサバが多い。

一方、静岡市沖ポイントではほとんどがマサバ。
夏場のマサバは脂が落ち痩せて旨そうに見えず
食しても煮魚ぐらいしかなさそうで、とても締めサバで食す気がしない。
ほとんど根魚用短冊餌にし冷凍してしまう。

ゴマサバは夏場が旨いと言われるのは夏場のマサバが不味く
ゴマサバは一年中味に変化がないのでそのあたりが比較されるのだろう。
それに夏場の盗人ソウダガツオもヒラ、マル共に三保沖に多く
仕掛けが下に着くまで途中で横取りされ
ペンペン(シイラの小)同様困ったものだ。

もっともヒラソウダはその日の内なら血合身を外して刺身にもなるが
今の時期、海の中は大運動会で小形中層魚がうようよして
80号錘りのコマセカゴでは落下速度が遅く中層魚の格好の餌食になってしまう。
100号錘りに変えてもスプリンターもどきには効果ないみたい。


人気ブログランキ

ングへ にほんブログ村 釣りブ

ログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 17:44 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

サバとアニサキス

アニサキス(以下アニ)怖い怖い。
こいつ中々しぶとくて塩や酢で締めてもピンピンしてる。
もちろん醤油なんてへっちゃらでクネクネ泳いでる。

スルメイカで塩辛を作る時、こいつが蚊取り線香状で身に付いてたので
何匹か試してみたら全く元気で死ななかった。
15分くらい見てたけど知らずに食べて苦しむ人がいるらしい。

イカの身に付いてるのは注視すれば見えるけどサバはそうはいかない。
腹の中に入ってるので腹を開かないとわからない。
内蔵に住み着き魚が死ぬと身の中に入り込み
知らずに食べると悲劇が始まる。

旨いシメサ バが食べたくサバ目当てに釣行することがある。
尾の方まで丸々としていかにも脂がのって
見るからに旨そうな夏場のゴマサバ。
こんなのを釣り上げた多くの方がいわゆるサバ折りして持ち帰るが
血抜き活締めはできてもアニ対策はできていない。

ダボハゼ丸のやり方は釣り上げたら直ちに頭を落として内臓を取り出し
塩分3%の氷水に浸けて持ち帰る。(塩を持参し海水に溶かし真水氷に混ぜる)
こうすれば血抜き活締めアニ対策もばっちりで
頭の無い分ボリュームも少なく帰ってからの生ゴミ対策にも大いに役立つ。
ただし頭を落とす時、勢いよく血が吹き出るから
向きを注意しないと血を浴びてしまう。

この方法で持ち帰ると刺身でも食せる状態でもちろん身割れは 全くない。
こんなので作ったシメサバはアニの心配もなく、いやいや刺身でも絶品だ。

今まで数え切れない程のサバを釣ってるが内蔵には時に見るが
身の中に入り込んだの一度も見たことない。
安心して食べられる。

そうそうシメサバを作る時は
塩と砂糖を半々に混ぜて使うと短時間で水分が出て旨味も増す。
(知り合いの板前から聞いた方法)


サバとアニサキス1.JPG
見栄えは良くないがこんな状態で持ち帰るサバ。


サバとアニサキス2.JPG
直ぐ3枚におろせるし身割れも皆無。


サバとアニサキス3.JPG
こんなのは釣り師しか食べられないサバの刺身。
こればめっぽう旨い。
砂ずりは堅いから外す。
(5枚おろしで血合いは外してある)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

ダボハゼ丸沈没!?

いえいえそんなことはありません。
ただただ仕事の多忙とズボラ性の方が勝ってしまったことで
昨年10月より更新が滞ってしまい
ご訪問いただいている方々に申し訳なく思います。

一旦滞ってしまうと張り詰めていた心構えが緩んでしまい
持ち前の“ズボラ性”が勝ってしまった結果です。
ですからダボハゼ丸は沈没どころか例年通り1年90回ペースで出船しています。

最近はタチウオの餌釣りと
つい最近の入れ喰いだったアマダイやイトヨリ狙いですが
Aさん共々張り切ってやってますが一旦休止の現状をお知らせ傍
もちろん再開も視野の内ですが
まずは今までご訪問いただいた皆様に心からお礼申し上げます。

大変有難うございました。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 17:36 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

フグ被害は駿河湾だけなのか

静岡市周辺の釣具店からコマセカゴが消えたと聞くが
多くの釣り師が余程の被害を受けてることが見て取れる。

まったく異常なほどのフグの数は湾内に群を作り次から次へと悪さを繰り返す。
ラインの高切れ、片テンにコマセカゴを丸々やられると何千円もの損害になる。
これを2度3度やられると竿を出す気がしなくなる。

相模湾ではそのような話は聞かないと地元釣具店では言うのに
なぜ駿河湾に多いのか。
それこそシラス網で全部さらってくれまいか。

負荷のかかった竿先が上下に動いて正常な状態時に
一瞬竿先がグイーっと下に下がったかと思うと
フッと平らになってしまった時の失望感。

嫌だな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする