2019年01月05日

とらふぐは身欠きなら誰でも調理できる

いつも沖に出て釣ってくる魚は何れも食味は別格だが
海の恵みはまだまだこれ以外に多くあり
大間の本マグロや赤貝本玉の一番玉、とらふぐ等が思い浮かび
時々とらふぐが無上に食べたくなる。

そんな時は下関のふぐ問屋に依頼し送ってもらう。

天然物と養殖物があり値段が二倍以上違う。
だがその値段差程も食味が感じられないから
自分だけで食べる分には養殖でこと足りる。

何年か前に各地の条例が新しくなり
加工品ならふぐ調理師免許を持たなくても調理可能となった。
身欠きはその加工品に位置づけられ誰でも包丁さばきが出来るようになった。

とは言ってもふぐ刺しはプロの造る超薄造りは難しく
特殊技術やふぐ引き包丁がないと造れない。

しかしこの超薄造りの食感は元来好まないし物足りないから
いつもの釣り魚の白身魚のような薄造り感覚で引くから難しくはないし
この方が食味も増し歯触りも好感持てる。

(負け惜しみではないよ)

ふぐの身欠きには骨も皮も付いてくるから
アラは鍋にしたり皮は湯引きにしたりで楽しめる。
ふぐだからと言って何も特別難しいことはない。
仮に中骨に身を多く付けて三枚におろしても
骨は鍋に入れるから無駄は全くない。

ふぐ刺しも旨いが鍋が一番魅力を感じる。
個人の好みだけど。

ちなみに購入先は下関のふぐ問屋(株)酒井商店
間違いのない品物がそれなりの価格で安心できる。
(コマーシャル料もらってませんからね)


とらふぐは身欠きなら001.JPG
この状態でヤマト宅急便で送られてくる。
今回は天然物。


とらふぐは身欠きなら002.JPG
早速三枚におろした。
鍋を楽しむため中骨にたっぷり身を付けて。


とらふぐは身欠きなら004.JPG
自己流の薄造りは柳刃包丁でかなり贅沢な白身魚と同じ引き方。


とらふぐは身欠きなら005.JPG
皮は湯引きして細く刻んだ。
刺身同様ポン酢もみじおろしをを付けて。


とらふぐは身欠きなら006.JPG
これはアラだけ頼んだ。これは養殖。


とらふぐは身欠きなら007.JPG
ばっちぃ写真でご免なさい。
これだけしゃぶり尽くすほど鍋は旨いをお見せしたかったので。
太田道灌じゃないが身(実)の一つだに無きぞ悲しきで
猫またぎどころか猫大またぎだ。

冷え冷えの大吟が止めどもなく…


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

船が風上に流れる時

沖釣りも回数を重ねると様々な風と潮流れの係りに出くわす。
中でも風向きと潮流が十字に交差した状況は一番困る。

サイドスラスターでも付いてない限り
舵とスパンカーの振りではどうにもならずドテラ流しになってしまって
釣りのおもしろさを失ってしまう。

理想的には風上から風下に流れ、潮流れもそれに逆らわない状況。
これが一番良い。

一方、時として起こる状況だが風上に向かって船が流れる時がある。
たまたまそうであったのかもしれないが釣果が上がらない時が多い。
何故だかわからないが。
それでも潮さえ素直ならラインは直角に入るから釣りにくいことはない。

スパンカーに程良い風速3〜4mの時にでもこんな状況に出くわすことがある。
余程潮流れが強いのだろう。

そして水面の潮流れと同じように仕掛けの入っている棚の潮流れも
同じかどうかもわからない。

魚探深度と電動リールの水深でおおよそのことはわかるにしても
正に沖釣りは科学だ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

甘口、辛口天気予報

釣行から帰って次の釣行日を決めるのにパソコンで天気予報を見る。
そしてその2日前と前日の予報は特に念入りに。

いつも参考にしているのは

○お天気.com
○マピオン
○気象庁
○ヤフー
○ウェザーニューズ
○日本気象協会
○バイオウェザー気圧配置図

の7ヶ所からの情報を参考にしている。

沖釣りは晴とか雨とか以上に風波の情況が重要になるから
そこを重点的に見る。

この中で突出して厳しい風情報を出しているのが「お天気.com」で
えっ!ほんとにこんなに吹くんかいなという程の超辛口予報を出す。

「ヤフー」のピンポイント天気は超甘口で
表示されてる風速はその2〜3倍吹く場合が多く
他の情報などはその中間と判断してる。

「お天気.com」情報を元にしてるのが釣りニュースの予報で超辛口だから
前々日と前日、それに当日では激変することもあるがよく当たる。

沖釣りは風と波情報を正確に掴んでこそ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

ゴマサバとマサバ、それに海中運動会

ゴマサバとマサバは釣り人なら一見して判別できる。

駿河湾の三保松原沖にアジ、サバ、タイの好ポイントが点在するが
夏場に釣れるのはほとんどが丸々としたゴマサバが多い。

一方、静岡市沖ポイントではほとんどがマサバ。
夏場のマサバは脂が落ち痩せて旨そうに見えず
食しても煮魚ぐらいしかなさそうで、とても締めサバで食す気がしない。
ほとんど根魚用短冊餌にし冷凍してしまう。

ゴマサバは夏場が旨いと言われるのは夏場のマサバが不味く
ゴマサバは一年中味に変化がないのでそのあたりが比較されるのだろう。
それに夏場の盗人ソウダガツオもヒラ、マル共に三保沖に多く
仕掛けが下に着くまで途中で横取りされ
ペンペン(シイラの小)同様困ったものだ。

もっともヒラソウダはその日の内なら血合身を外して刺身にもなるが
今の時期、海の中は大運動会で小形中層魚がうようよして
80号錘りのコマセカゴでは落下速度が遅く中層魚の格好の餌食になってしまう。
100号錘りに変えてもスプリンターもどきには効果ないみたい。


人気ブログランキ

ングへ にほんブログ村 釣りブ

ログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 17:44 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

サバとアニサキス

アニサキス(以下アニ)怖い怖い。
こいつ中々しぶとくて塩や酢で締めてもピンピンしてる。
もちろん醤油なんてへっちゃらでクネクネ泳いでる。

スルメイカで塩辛を作る時、こいつが蚊取り線香状で身に付いてたので
何匹か試してみたら全く元気で死ななかった。
15分くらい見てたけど知らずに食べて苦しむ人がいるらしい。

イカの身に付いてるのは注視すれば見えるけどサバはそうはいかない。
腹の中に入ってるので腹を開かないとわからない。
内蔵に住み着き魚が死ぬと身の中に入り込み
知らずに食べると悲劇が始まる。

旨いシメサ バが食べたくサバ目当てに釣行することがある。
尾の方まで丸々としていかにも脂がのって
見るからに旨そうな夏場のゴマサバ。
こんなのを釣り上げた多くの方がいわゆるサバ折りして持ち帰るが
血抜き活締めはできてもアニ対策はできていない。

ダボハゼ丸のやり方は釣り上げたら直ちに頭を落として内臓を取り出し
塩分3%の氷水に浸けて持ち帰る。(塩を持参し海水に溶かし真水氷に混ぜる)
こうすれば血抜き活締めアニ対策もばっちりで
頭の無い分ボリュームも少なく帰ってからの生ゴミ対策にも大いに役立つ。
ただし頭を落とす時、勢いよく血が吹き出るから
向きを注意しないと血を浴びてしまう。

この方法で持ち帰ると刺身でも食せる状態でもちろん身割れは 全くない。
こんなので作ったシメサバはアニの心配もなく、いやいや刺身でも絶品だ。

今まで数え切れない程のサバを釣ってるが内蔵には時に見るが
身の中に入り込んだの一度も見たことない。
安心して食べられる。

そうそうシメサバを作る時は
塩と砂糖を半々に混ぜて使うと短時間で水分が出て旨味も増す。
(知り合いの板前から聞いた方法)


サバとアニサキス1.JPG
見栄えは良くないがこんな状態で持ち帰るサバ。


サバとアニサキス2.JPG
直ぐ3枚におろせるし身割れも皆無。


サバとアニサキス3.JPG
こんなのは釣り師しか食べられないサバの刺身。
こればめっぽう旨い。
砂ずりは堅いから外す。
(5枚おろしで血合いは外してある)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする