2010年06月11日

釣ったと釣れたの微妙な差 〜 6月10日釣行

何となくですね、

“釣った”というのは狙った魚をそれなりの技術も使い釣り上げた時。
“釣れた”というのは外道も含め、何もしないのにたまたま難無く釣り上げた時。

と、微妙な差があるように思えますがどうですか。
以下はその中間のような状況をどうぞ。


今日もキス、マゴチ、ヒラメ狙いで出船。

いつもの様にマゴチ、ヒラメの大好物「豆アジ」「カタクチ」を調達すべく
外堤防脇でダボさんお得意のコマセ無しのサビキ針で
20mぐらいの立ちをやってた。

そしたら底近くで30cmのカマスが掛かり無事釣り上げた。
これは大した技術も無く釣り上げたので “釣れた” 部類。
狙ったわけでもないし。

気を良くして底狙いをと仕掛けを下ろしたら、

あぁ、やっちゃった、根掛かりだ。
んっ? いや待てよ、、違うみたい。
うっすら生体反応がある。

だけど小型両軸リールのドラグは滑って巻き取れない。
強く締めて巻き上げてみるも竿も限界みたい。
自慢の腕のクッションゴムをフルに使い

おっ、、何とかなるか!

Aさぁーーーん!ちょっとコレ見てよ−!とんでもないのが掛かったみたい!」

竿のしなりを見てバウのAさん、おっとり刀ならぬ“おっとりタモ網”で脇に来て

「ゆっくり、ゆっくりね」

とアドバイス。

とにかく浮かない・・・。

しばらくして水中にやっと見えた。

「えっ?イシナギ!?」

って言ったら、Aさん

「コショウダイだ!」

と言いながらタモ入れ成功。

つまりこんな状況が “釣った” と “釣れた” との中間では。

Aさんが既成の仕掛けならとっくに切られてるなって。
以前の記事でも書きましたが、全て自分で作る仕掛けなので
サビキ針も針スは3号を使っている。

計量したら2.1kgあった。
腕のクッションゴムが効果を発揮したので
“釣った” 部分もあると思って “中間” にしました。

今日もAさんマゴチの1.7kgを2匹の大活躍。
キスは2人で180匹。4.0kg。

干物、天ぷら、刺身にします。

海もいい凪だった。


img001.jpg
Aさんマゴチ釣ってご機嫌


img002.jpg
コショウダイ 50cm 2.1kg
3号のサビキ針でよく切れなかった。
針もよくのされずに済んだ。


img003.jpg
マゴチ 1.7kg/コショウダイ 2.1kg
図鑑見ると旨いらしい。


img004.jpg
キスの下ごしらえ真っ最中
やっと半分


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:30 | ☔ | 【釣】−釣果−コショウダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする