2013年07月24日

5連続のキスも程々満足 〜 7月23日釣行

秋田県は男鹿半島北側の付け根に遊漁船「おが丸」があり
キス釣りは3kgが当たり前の様子。
キスに限らず他の狙い物も羨ましい限りの釣果がホームページにあって
時々見てるのだがこれは凄い。
当地ではこれでも年々少なくなってるようだ。

今回の富士川沖での釣果はAさん共々50匹ほどだったから
この倍以上は釣れてることになる。

今回は徹底的にゴロタ石回りを釣ったから平根周囲同様20cm前後が多く
中には26cmも一匹混じった。
駿河湾では良い方ではなかろうか。

ところで毎年のことだがお呼びでない連中が現れ出した。
アカシュモクザメだ。
まだ幼魚で60cmほどだったが泳がせの端竿に掛かった。
一瞬ワラサかと思ったがタモを構えてたAさんがサメだと。
そう言えばさっきから水中を悠々と泳いでた。

次に端竿にきたのはスーパーデラックスなマエソ。
何だかんだで活き餌のキスを5匹もロスした。

それにしてもヒラメやマハタを海面でのバラシが多くがっかりさせられる。
今回もAさんマハタを取り損ねた。

一日中凪の海で釣果も程々5連続のキスはまだ外れがない。
次回は如何に。


001.jpg
アカシュモクザメの幼魚


002.jpg
見事なバディのマエソ


003.jpg
今回は良形が揃った


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:15 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

4連続のキスも満足満足 〜 7月20日釣行

いつもAさんが餌を買ってきてくれる釣具店に事情あって
一週間ほどジャリメが入らないとのこと。
仕方なくアオイソメを買ってきた。
少々喰いは悪いとのことだが早朝他に店を開けてる所がなく仕方ない。

そうかぁ喰いが悪いのかぁ、と不安を抱えながら
凪の海を富士川沖へと快調に飛ばし
いつも通りタチポイントを覗くがベイトもいない。

このところタチは北東寄りにポイントを移しているようだが狭い範囲みたい。
タチもいいけど今の時期、やはりでかキスに引かれ
タチはパスして毎度の期待通りの釣れっぷり。
アオイソメでも喰いは悪くないが消耗が激しい。

釣り上げたキスの鰓ぶたに指を差し込み針を引き抜く時
ジャリメは針に付いてズルーっと口から引き出せるが
アオイソメはちぎれて針に付いてこないから
一匹釣り上げる度に新しい餌を必要とする。

シーズンに何回かあるキスのタモ取りを今回も。
強烈な引きを腕と竿でかわしバレを恐れながら釣り上げ
タモ取りしたのは27cmの丸々とした小さな鯉のような立派さ。

Aさんは端竿でマゴチ2匹を釣り上げ1匹もらった。
少々腕も疲れたのでタチポイントの様子を見に行ったが
やはり狭いポイントで大きな反応は出てない。
遊漁船がいつも5〜6艇入ってるがポツポツほどの様子。
腕が腱鞘炎になるほどには遠く及ばない。

この日もでかキスで満足のいく良い釣り日和を楽しんだ。


001.jpg
友人が集まりワインパーティー。
釣果のキスは刺身にした。
旨い旨いと完食。
今回の大皿は三上 亮さん作陶。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:38 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

連ちゃんでどかっとキス 〜 7月15日釣行

願ってもない気象予報に早朝暗い時間からマリーナ駐車場は車が多い。
タチ狙いだな。

こちとらキスの冷凍ストックを溜め込もうと続けて富士川のキスへまっしぐら。
途中タチポイントも覗くが反応無し。

キスは前回同様活発に喰ってくる。
天候もよく凪で連休とあって船は多い。
潮は小潮だが早い流れで潮回りの頻度が多い。

富士川のキスも昔と比べ小さくなってるが
小さな平根回りではそこそこの良形が出る。
一番大きなのが26cm。

こんなのは大味で20cmぐらいが旨いと思う。
タイと同じだな。

ところでキス釣りのライン何号を使ってますか?

というのはデカキスを巻き上げ途中に切れてしまった。
小形スピニングに巻いてある1号ラインを手で引っ張ってみたらやはり切れる。
何年も使っているので劣化してるのだ。
2度も切れた。
これは取り替えないと。
どうぞお気を付けください。


001.jpg
どかっとシロギス。
冷凍ストックが増える。
Aさんも同量ほど。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:26 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

ブルブルッときてスッポ抜けるあれ 〜 7月13日釣行

いつもブログ読んでいただき有難うございます。
今日は特別いいこと書きますね。
キス釣りのことです。

ブルブルッとあれだけ強烈に引ったくるような当たりがあって
それっとばかりタイミング良い合わせ・・・。

ところがどういう訳かスッポ抜け。
えっ?!どうして?

ってなこと経験おありでしょ。
そういうわたしもしょっちゅう。

今回のキス釣りはシーズン初の富士川沖へ。
南からの大きなうねりの中
快調に飛ばし途中タチのポイントにベイト反応があったので
ジグを入れてみるも芳しくない。

ではではと、いそいそとキスポイントに入り
楽しすぎるほどキスに遊んでもらった。
潮色もまぁまぁでうねりはでかいがこんなもんものともせず。

久々に20cm以上のあの強烈な引きを心行くまで堪能できた。
Aさんもニコニコ顔になりっ放しで超ご機嫌。
デカキスを60匹以上。

周囲には遊漁船が一艇のみで貸切状態。
予報が悪かったので出てくる船がなかったのだろう。

ブルブルッっと当たりがあって合わせても針掛かりしないのは何故か?
前から疑問に思って持ち前の好奇心から原因を探ってみようと思ってた。
それが今回究明?できた。
と言っても推測の域は出ないけど。

まずキスの口と針の大きさ。
カワハギを除いて他の魚の口の大きさは
オニカサゴのようにムツ針18号なんて大きな針を使うが
あのばかでかい口に対して18号ムツ針はいかにも小さい。

おおよその魚に対する針の大きさは
うん、これで合ってるなと合点できるがキスの口をしみじみ見てください。
あの小さな口。
それに対して針の大きいこと。
ここまで押さえておいて下さいね。

そして口の中にも大きな原因を見つけた。
顎の上も下もツルッとした誠に硬い骨で被われてる。
しかもかなり奥までも。

つまり一旦餌を吸い込んでも針が大きいため瞬時の違和感で吐き出してしまう。
この吐き出し時、都合良く口の中に引っ掛かるところがないから
いとも簡単に口中から出てしまう。
こんなことではなかろうか。
だから針を飲まれるか口先にちょっとだけ引っ掛かって釣れてくることが多い。

そして口先に掛かったのが巻き上げ中のバレの原因にもなる。
他の魚のように口中の途中、針掛かりはまずない。

えらい研究しちゃったかな。
当たらずしも遠からずではないでしょうか。
これからキス釣りの時、これらを踏まえて対応するとしよう。


001.jpg
口の大きさに対していかにも大きな針。


002.jpg
口の両脇を切って開き、顎の上下を調べたら
どうにも針掛かりしそうにない硬さとつるつる感。


003.jpg
やはり富士川は釣れれば良形が揃う。
それでも10年前と比べると数も少なく小形化してる。
次は同じく富士川のキス15日の釣行記です。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:36 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

キス釣りの楽しさ甦った 〜 7月10日釣行

サバが冷凍庫に沢山ストックできたので

  「しばらくはもういいわね」

と、かーちゃん言うので全く在庫のないキスが欲しいと思ってたけど
釣れなければどうしようもないことで諦めてたがAさん

  「そこそこ釣れるようになったみたいよ」

と言うんで、それじゃあとシーズン初の本格キス狙い。
あまりシラス網の入ってなさそうな所で。

富士川沖ほどの良形は望めないが
刺身にも干物にも天ぷらにも程良いのが希望を叶えてくれた。

このぐらいの形だと刺身にする時
血合い骨を取らなくても腹骨をすくだけで食べられるからひと手間省ける。
何だか負け惜しみのようだけど。

この調子だとかなりの量がいけるぞとせっせと釣り上げてたら
何やら怪しいガスが空を覆いだしてきた。
ガスの怖さは何度も経験あるから
君子危うきに何とかで10時過ぎに切り上げてきた。

凪は申し分なく潮も澄んで条件に恵まれたキス釣りが楽しめた。


001.jpg
程々の形揃いで外道もいろいろだった。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:11 | 神奈川 🌁 | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする