2014年10月27日

船を流して五目釣り 〜 10月25日釣行

凪の中サバとイナダを求めて出港。

大潮の満潮時とあって湾内はごみの海。
ペラを労りつつ超スローでの船足。
中には飛ばして行く船もあるがペラが心配ないのかと思う。

湾外はいつもと変わらず程よい澄潮。
イナダで前回良い思いをした場所に船を乗せると反応はそこそこあり
こりゃあいただきかな、と思いつつ仕掛けを降ろすも

???

全然ダメ。

らちがあかなくサバポイントはどうかと20ノットほどで行ってみたが
ここは反応すらない。

アカムツベテランK艇が沖に見えたのでAさんが携帯で様子を聞いたら
アジが少し釣れてるとのこと。
それじゃアジを主に五目釣りだとばかり
70mほどの立ちを流してみようと仕掛け替え。
これが程々良くAさん共五目が顔を揃えた。

流し釣りは船が環境の異なる海底上を通過するから
岩礁帯の魚と砂礫地にいる魚が釣れるので五目釣りが楽しめる。

それにしても近頃の駿河湾、魚いないなぁー。
10年前の海に戻らないかなぁー。


001.jpg
根の上で食べごろのイシダイが釣れた。


002.jpg
五目釣りの面々には
アジ、ゴマサバ、マダイ、イシダイ、それにコショウダイ。


003.jpg
珍しいコショウダイは砂礫地で釣れた。


004.jpg
コショウダイは鼻の孔が左右に2つづつあるのが特徴で刺身が旨い。


005.jpg
釣果で刺身の盛り込みを造った。
造ってたらオツムの中で酒がちらちらと。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:52 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

サバがイナダに 〜 10月9日釣行

台風後の海面は湾内ごみだらけでペラに巻き込まないようにと
4つの目でワッチしながら超スローペースで湾外に出る。
外は思ったほどごみはなく潮色もまあまあ。

サバポイントは反応ある。
これはしめしめと取らぬ何とかの算段しながら仕掛けを入れる。
すぐにでも喰うかとわくわくしたのだが??

何で喰わんのか。
ええっ!まるっきり喰わんぞ。

広く動き回ってはみたものの、どこも反応はあるのに。
それと狭い範囲だが大きなフグが団体で待ち構え上げてくるコマセかごに
大勢でへばり付いてくる。
仕掛けを7本も切られた。

僚船K艇がアカムツで出てるも全くだめで
鯛場に移ったらアジが釣れたと連絡が入り、ではではと向い波の中行ってみた。

良さそうな反応がありアジかなと思い仕掛けを入れてすぐ喰った。
大サバかなと思ったら手頃なイナダで
Aさん共々続けざまに釣れるも沢山釣っても有難くない魚なので
少し早目に沖上がり。

まだまだ釣れたな。


001.jpg
イナダ、マダイ、イラ、イシモチで賑やかなこと。
イナダは刺身にするが皮が薄く
さくいので銀を付けての皮引きはプロでも手こずる。
つまりかなり難しく完璧にはできない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:18 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

黒い魚だけ 〜 9月23日釣行

このところ連続して釣れてるおいしいスミヤキ。
今回も期待しての出港。

休日というのに一艇も入ってないポイントへ。
本来はアカムツの場なのだがどこへ消えたか近頃全くの音沙汰無しで
赤い魚は放流サイズのユメカサゴばかり。

北東が6mほど吹いてるが船を立ててしまえば問題無しだが
船の流れがふらふらと安定しないのは何故か。

この前のようにムツでもと期待したが今回は混じらずで思惑通りスミヤキが2匹。
その1匹は今までに見る初めての大きさで
250m立ちから海面まで強力な抵抗の連続。
水中に見えだした時はサメ?と思われたほどの大きさ。
これは願ってもないがデッキ上では手当たり次第あちこちを噛み付き始末悪い。

もう1匹も良形だった。
ドンコは6匹でこれもご馳走。
ユメカサゴは6匹釣れたが全て放流した。
小さなユメカサゴは良い出し汁が取れるのだが
資源保護からもっと大きくなってからにしたい。
煮魚用スミヤキとドンコは冷凍庫に在庫ありで今回は両方とも干物にする。

ところでマリーナの支配人。
通例からだとそろそろ人事変更の時期ではと思われるが。
会員からもスタッフからも人気があり好感持たれてる方だけに
少なくともあと3年は在職であって欲しいと願わずにいられない。

このところ黒い魚ばかりの写真で見栄えがいまいちなので
今回の写真は割愛しました。
干物が出来上がったらお知らせ致します。
きっと旨いと思いますが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:24 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

沖釣りハプニング2題 〜 9月17日釣行

1題目は怖い思いとAさんのアイディア。

2題目は今回もAさんがとんでもないものを引っ掛けた顛末。

いつもの中深釣りで270m立ちをやってた。
Aさんが南から大型船が進路を変えず向かってくると言う。
確かに僅かにも進路を変えてる様子がない。
そのうち変えるだろうと高を括ってたらいよいよ300mほどにまで迫ってきた。

ムムム、マジかよ、、おぉ!どんどん巨体が迫ってくるぞ、
えぇっ、こりゃヤバイ!!

Aさんに

  「ワッチしてないぞ!」

と言って逃げる段階になったが何しろ270mも仕掛けが入っているから
二人共巻き上げてる間がない。

状況は右前方に船を回さねばならず
ラインがペラに絡む可能性があるが他に方法なく背に腹は変えられず。
その大型船(1万トンはありそうだ)から僅かな距離で難を逃れたが
そのまま直進して行った。

とんでもないのがいるもんだ。
一瞬なだしお事故が頭を過ぎる。

が、しかし案の定シャフトにラインが絡んでるが切れてはなさそう。
これ以上ペラを回すとラインは確実に切れる。
エンジンを停止させフックでペラ下方を探ってみたがラインは引っ掛からない。

Aさんが何やら考え出した。

細く長いロープがあれば良いがそんな気の利いたものは船内にない。
リールに巻いてある釣り糸を使うことにし
Aさんが作ったのは大きなネックレス状のもの。
これでペラの下方をくぐらせ両舷を2人でトモからヘサキに掛けて移動し
シャフトから海底に行ってるラインを引っ掛けようというアイディア。

これがまぁ信じられない大正解で
ラインはネックレスに引っ掛かってきて一件落着だがAさんアイディア凄い。

それにしてもあの大型貨物船、本当にとんでもないやつだ。
完全に一人もワッチしてない。
海上保安部に通報しようと思ったがまたややこしいことになるので止めたが。
沖釣りをされる時大型船の中にはこんなのもいるから
重々注意しないとぶつけられる。


2題目はまたまたデカイのを掛けて打ちのめされたAさん。
トラブルのラインも無事回収し続けてたらバウで

  「おぉー」

なんて言いながら綱引き状態で魚に走られ竿とラインが直線状態。

あっ、こりゃだめだなと思った。
船外機やドライブ船なら直ぐ引っ張る方へバウを向け対応できるが
半舵シャフト船ではお手上げ。
それでもラインはPE6号。
仕掛けも中深用だから僅かに期待はしてたのだがとにかく綱引きだ。
今までこんな切羽詰まってのやり取りするAさん見たことない。

しかし結果は早々にやってきた。

プッツン!

PE6号のライン切れ。
釣り人生の中で初めての経験だと言う。
夢を見せてもらったって。
とにかくあれだけ走られるのだから大型回遊魚に間違いなかろう。
だとすればキハダの30〜40キロ級以外には想像つかないな。

今回は2人共今までにない経験をした釣行だった。
それにしてもあの大型船腹が立つ。
いろいろあるものだ。


001.jpg
こんなのをAさん考え無事ラインの回収ができた。
これで船底をくぐらせトモからヘサキへ2人で移動しながらラインをひっかける。


002.jpg
今回中深の釣果。良形オオメハタ連発とこれまたデカイスミヤキは大ご馳走で
クーラーに収まらず口先、尾をカットしてある。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:51 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

相模湾はアマダイフィーバーだって 〜 10月19日釣行

マリーナに早朝着いたら北が最大で8m吹いて
出港を躊躇してる方々が帰って行った。

倉沢と由比のアマダイなら北風は凌げるだろうとAさん来れないので単独出港。
スプレー浴びながらポイントに入り“ダメだろな感覚”で仕掛けを入れるも
ダメだろなの通りで餌も取られず当然外道もこない。

西倉沢から由比沖にかけて広いポイントが
GPSにマークしてあるがその全てがだめ。
結構丁寧にトレースしたがコツンともこない。
道理で一艇も入ってないはずだ。

3時間ほどでギブアップ。
航路に立ち寄ったがここも“以下同文”。

わたしの地元相模湾ではアマダイフィーバーですよ。
アジも良さそうだし。
定置網は沢山ある相模湾だがシラス網も少ないし、底引きなんてやったら
漁師仲間から袋だたきにでもなるのか、聞いたことがない。

環境破壊による食物連鎖の乱れと
生態系破壊が極限にきてしまってるように感じる駿河湾。

一番深刻なのは遊漁や漁師さん達ではなかろうか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:02 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする