2020年06月17日

風ないのに物凄い波、うねり 〜 6月16日釣行

波予報はそこそこだった。
港内もなんら問題なく外堤防を出てから様子が違ってきた。
ほとんど無風なのに東からの嫌らしい高波と
南からバカでかい壁の様なうねりがぶつかり三角波を生んでる。

南下しイトヨリ五目だったけど
あまりの恐ろしさにAさんに富士川方面のベイトを探しヒラメでもやろうかと。
しかし北へ行っても同じようなものだろうとそのまま強行。

風はないので兎は跳ねてないが波とうねりに翻弄され
ポイントに何とか着いたが北の微風に船を立てるため
180度船を回すのがとにかく怖い。
しかし風弱く流し釣りには不向きなので危険承知で投錨してみた。

海面の潮流れは異様に速くアンカーロープはきっちり張ってる。
バウから襲ってくるうねりは恐いが東の波は何とか凌げる。
海面は川のように流れてるからラインは海面30度もの斜めになり
当たりが取れる状況じゃない。

6mの仕掛けをマイナス3mでやるも流れ強く棚安定せず。
錘を150号に変えての対応で100号よりはましになった。

ところが一難去ってまた一難。

モジャコ(ワカシの小さいの)23pほどのが船に付いてしまって
2本針共かかってしまい仕掛けがポリエチレンラインにまで絡まり
解くに解けず予備の仕掛けも使い果たす始末。
何とも難行苦行の一日だった。
帰港時は嘘のように静まった海面で居眠りしそう。

釣果は大サバ5匹、大アジ2匹、マダイ、チダイ各1匹でおかずはクリアしたが。


風ないのに物凄い波、うねり001.JPG
チダイ、マダイ、レンコダイ。


風ないのに物凄い波、うねり002.JPG
マダイ炙り造りと大アジ刺身、旨かったなぁ。
苦労の末だから余計に。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年05月18日

久々の石花海は凪だった 〜 5月14日釣行

石花海北堆は32mの小さな根頭があって
その周辺は50〜60m立ちで広範囲の第2の根頭があり
魚が集まる海域になっている。
マリーナから約64マイル。
岬をかわし21ノットでオートパイロット設定し約1時間の航行。
途中少し南のうねりが入ってたが問題なくポイントへ。

僚船K艇から詳しい情報をもらっていたイサキの反応がない。
時に小さいのが出るも直ぐ途切れてしまい乗せられず
それでもヒメダイ、マハタ、アカイサキはよく釣れるし
キダイも釣れれば大きい。

Aさん共々午前中で“船が沈みそうな程”の大漁で
もう帰ろうと南に押され快適な航行で帰ってきた。


久々の石花海は凪だった001.JPG
アカイサキ10匹ほど釣れた。
刺身は少々物足りないがソテーやフライにすると旨く
淡泊なので油を使った料理が合う。


久々の石花海は凪だった002.JPG
丸々としたゴマサバも10匹、締めサバが絶品だし干物も極旨。


久々の石花海は凪だった003.JPG
キダイの600g


久々の石花海は凪だった004.JPG
良形のマハタは4日熟成させ昆布締めに。


久々の石花海は凪だった005.JPG
ヒメダイ15匹。
フエダイ科だが似たようなのが多く同定に苦心する。
刺身良し、塩焼き良し、煮魚良し、もちろん昆布締めは絶品で干物も旨いね。
魚の優等生。
ただし霜降り造りにすると皮がベローンと剥がれてしまい見栄えよくない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年04月20日

昨年11月に続き2匹目のシロアマダイ 〜 4月16日釣行

珍しく早朝から凪の海を大アジ狙いのポイントへ南下するが魚影は少ない。
100m立ちで粘るが様子が前回とは違う。
まず潮流れが弱く反応出ても喰わないがAさんボツボツ釣ってる。
当方には音沙汰無くあくびばかり出る。

少し浅場に移ってキダイも狙おうと、
それとあわよくばシロアマなんて都合良いこと考えたりで
ところがそれがあわよくばだった。
1.2kgと少々シロアマにしては物足りないが贅沢言ってられない。

昨年のは予測してなく偶然だったが
今回は一種の狙い物だったから釣れたのではなく釣った、になるかな。
釣りびとが一生で1匹釣ったら御の字とされてるのを2匹目なのだから大満足。
アカアマダイのキロ級より重量感ある引きは特長かな。

この日の釣果は
ウッカリカサゴ、マハタ、大アジ、キダイと正に五目釣りになった。


P1080165.JPG
偶然にも前回と同じ1.2kgのシロアマ。
刺身昆布締めにしよう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 15:26 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

予報に反して港内も荒れ模様 〜 11月29日釣行

気圧配置が安定しないこの頃なので風波予報は盲信せず出船するのだが
それにしてもこの日は吹いた。

清水港内でもデッドスローにも係らずスプレーが飛び
これでは南のタチウオポイントに行き着けても釣りにならんだろうと
興津沖でやることにした。
ここなら北寄りは何とか凌げ船を立ててしまえばタチの当たりは取れる。

さすがにこの荒れでは他船は一艇も出てない。
暗闇の釣りは他船に神経を使うからその点は心配ない。

2時間程度でAさん共々そこそこ釣り上げ喰い渋ってきたので
南の大アジポイントへ強行。

途中鯛場に僚船「T」が入ってたが反応見えずで更に南下。
北に追われての航行だから問題ないが
ポイントで船を立てても当たりが取れるか。
また棚の大きな上下も気になったが何とか釣りになった。

しかし北に向かっての潮廻りがしんどい。
スパンカー展開してるから舵利きも悪いときてるし。

まぁそれでも種々釣果もあって北風もようやく落ちてきて
帰港時は自動操舵で楽々マリーナへ。


予報に反して港内も荒れ模様 001.JPG
この日のタチはF4前後の形揃い。
血抜き活き締めで頭がないのはいつも通り。


予報に反して港内も荒れ模様002.JPG
下ごしらえと3枚おろしが済んだ旨そうな身。
血抜きのおかげで身は真っ白。


予報に反して港内も荒れ模様 003.JPG
アジも程々だったが形が少々物足りなかった。
マルアジ混じり。


予報に反して港内も荒れ模様 004.JPG
キダイも前回同様中くらい揃い。


予報に反して港内も荒れ模様 005.JPG
その他大勢。
サバも良形揃いだったが写真撮らず。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 16:15 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

マアジとマルアジ 〜 11月15日釣行

タチのポイントに魚影が全くない。
駄目元で仕掛け入れてみるかとAさん
ポツリポツリは反応ないのに釣れてくる。
しかし長続きしないだろうと思ってたらやっぱり。

早々にアジポイントへ移動。
反応は大したことないが喰いは良く
期待通り釣れてくるが何故かマルアジが多い。

これいつも思うんだが僅かにしか離れてないのに
ポイントによってマアジが多い所とマルアジが多い所があるみたい。

マルアジは干物とフライが実に旨いからこれはこれで嬉しい。
腹中に脂肪の塊が入っていれば刺身もマアジに劣らない。

この日も実にいろいろ釣果がクーラーに納まった。
タチから始まってマアジ、マルアジ、マダイ、キダイ、カクアジ
マサバ、ゴマサバ、イトヨリと誠に賑やかなこと。


マアジとマルアジ 001.JPG
タチはほんのおかず程。


マアジとマルアジ 002.JPG
アジはこれだけ釣れば十分。


マアジとマルアジ 003.JPG
サバも良形揃いだが頭と腹わた抜きが面倒で
そのままクーラーに入れたのもある。


マアジとマルアジ 004.JPG
この日の赤い魚。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:54 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする