2019年11月30日

予報に反して港内も荒れ模様 〜 11月29日釣行

気圧配置が安定しないこの頃なので風波予報は盲信せず出船するのだが
それにしてもこの日は吹いた。

清水港内でもデッドスローにも係らずスプレーが飛び
これでは南のタチウオポイントに行き着けても釣りにならんだろうと
興津沖でやることにした。
ここなら北寄りは何とか凌げ船を立ててしまえばタチの当たりは取れる。

さすがにこの荒れでは他船は一艇も出てない。
暗闇の釣りは他船に神経を使うからその点は心配ない。

2時間程度でAさん共々そこそこ釣り上げ喰い渋ってきたので
南の大アジポイントへ強行。

途中鯛場に僚船「T」が入ってたが反応見えずで更に南下。
北に追われての航行だから問題ないが
ポイントで船を立てても当たりが取れるか。
また棚の大きな上下も気になったが何とか釣りになった。

しかし北に向かっての潮廻りがしんどい。
スパンカー展開してるから舵利きも悪いときてるし。

まぁそれでも種々釣果もあって北風もようやく落ちてきて
帰港時は自動操舵で楽々マリーナへ。


予報に反して港内も荒れ模様 001.JPG
この日のタチはF4前後の形揃い。
血抜き活き締めで頭がないのはいつも通り。


予報に反して港内も荒れ模様002.JPG
下ごしらえと3枚おろしが済んだ旨そうな身。
血抜きのおかげで身は真っ白。


予報に反して港内も荒れ模様 003.JPG
アジも程々だったが形が少々物足りなかった。
マルアジ混じり。


予報に反して港内も荒れ模様 004.JPG
キダイも前回同様中くらい揃い。


予報に反して港内も荒れ模様 005.JPG
その他大勢。
サバも良形揃いだったが写真撮らず。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 16:15 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

マアジとマルアジ 〜 11月15日釣行

タチのポイントに魚影が全くない。
駄目元で仕掛け入れてみるかとAさん
ポツリポツリは反応ないのに釣れてくる。
しかし長続きしないだろうと思ってたらやっぱり。

早々にアジポイントへ移動。
反応は大したことないが喰いは良く
期待通り釣れてくるが何故かマルアジが多い。

これいつも思うんだが僅かにしか離れてないのに
ポイントによってマアジが多い所とマルアジが多い所があるみたい。

マルアジは干物とフライが実に旨いからこれはこれで嬉しい。
腹中に脂肪の塊が入っていれば刺身もマアジに劣らない。

この日も実にいろいろ釣果がクーラーに納まった。
タチから始まってマアジ、マルアジ、マダイ、キダイ、カクアジ
マサバ、ゴマサバ、イトヨリと誠に賑やかなこと。


マアジとマルアジ 001.JPG
タチはほんのおかず程。


マアジとマルアジ 002.JPG
アジはこれだけ釣れば十分。


マアジとマルアジ 003.JPG
サバも良形揃いだが頭と腹わた抜きが面倒で
そのままクーラーに入れたのもある。


マアジとマルアジ 004.JPG
この日の赤い魚。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:54 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

今日はね九目釣りよ 〜 9月27日釣行

トロアジ、サバ、アマダイが狙いものだが
今月はまだ4回しか出てないから禁断症状出る寸前の出船。

サバは釣れなかったが五目を通り越して九目釣りになった。
1度の釣りで9種類とはちと珍しい。

ポイントに入るとポツポツ出てる。
準備ももどかしく
いそいそと仕掛けを入れるとAさん共々でっかいのがきた。

巾広の大トロアジだ。

群の足早はいつものことで日が少し高くなるとどこかへ消えてしまって
どこを探せど見付からないのは毎度のパターン。
いつも通りアマダイに変更。

ところが少々様子が変だ。

全然当たらないよ。
Aさんも首傾げてる。
外道も来ないから底引きが入ったか
ブログで場所まで書くのは考えものだなぁ。
仕方なくポイントを外してやったら九目釣りになってしまった。

早朝からしばらくしは北東が6〜7mほど吹き波も複雑で質悪く
おまけに上潮が異常なほどかっ飛んで潮下に大きく流される。
それでも根性の釣りで種々釣り上げるが今度は一変して無風状態に。
これも船が安定せず釣りにくい。
やはりスパンカー張っての操船がやりやすい。

何だかこの日は魚の種類が多彩だなぁなんてクーラーの中を見たら
おかずには十分なので帰り支度。
無風の海面を少々飛ばしての帰港。


今日はね九目釣りよ001.JPG
嬉しい大アジは3匹がトロアジ。


今日はね九目釣りよ002.JPG
アマダイ、キダイ、カナド、ヒメ、ヒメコダイ、ムシガレイ、ホウボウ。


今日はね九目釣りよ003.JPG
刺身が絶品のチカメキントキ。
各鰭先は鋭く長いので危険極まりない。
釣り上げたら直ぐにカット。
刺身に昆布締め、酢締め、天ぷら、煮魚、干物といろいろできるなぁ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 18:19 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

旨い魚が食べられる釣りびと 〜 8月2日釣行

釣りびとにしか叶えられないこと、新鮮で旨い魚が思う存分食べられる楽しみ。
ただし釣り上げ直後適切な処理をすることが必須条件ではあるが。

市販の魚で1本釣りのものを求めるのは一般的には至難で
一時に大量に漁獲されたものしか口に入らない。
1本釣りブランド物でアジやサバがあるが一般には求め難い。
釣りびとは自由気儘に釣りを楽しみ
旨い魚が手に入るのだからこんな至幸そうはない。

前触れが長引いてしまったが今回もその旨い魚を追って駿河湾を一路南下。

前回良い思いをしてやっと打てた新しいポイントに入る。
何しろ旧来のポイントは全部消失してるので新たなポイントだ。

大サバ6匹、大アジ2匹、その他諸々の釣果だったが
両者共々ピカイチの個体で活き締め血抜きをしキンキンに冷やして持ち帰る。
薄皮と身の間はアカムツと同等程もの脂乗りで貴重に超が付く個体揃い。

サバは面倒でも釣り上げた直後に頭と腹わたを取り去ってしまう。
アニサキスと身割れ防止策
アジもこれほど巾広の個体は中々お目にかかれない。
釣り上げて旨さの想像つくのは喰い意地が張ってる証拠だな。

今回も海は静か過ぎ無風だから操船に苦労した。


001.JPG
血抜きをし頭と腹わたを取ってある。


00201.JPG

00202.JPG
サバの身は一ヶ所の身割れも起きてない。


003.JPG
どうですこの巾広のアジ、ホント貴重なこと。
もちろん活き締め鰓蓋血抜きしてある。


004.JPG
赤い魚の主役は35pのチカメキントキ。
刺身の旨さは知る人ぞ知る。
鱗は頑固で落とし難いから鱗ごと皮を引いてしまう。


005.JPG
珍しいカガミダイ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:33 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

この日も梅雨の隙間をついて 〜 7月8日釣行

アジとサバが相変わらずいない。
しかも広範囲にいない。
どこかにいるんだろうけど探し出せない。

アマダイでも冷やかしてみるかと4mのアジ仕掛けを
底から2mの棚取りでやってたら中くらいのが2匹釣れた。
Aさんも同じく。

大したことないのでアカムツに変更。
ではではと例のメト化したサバ短を3本針に付けた胴付き仕掛けを落とすと
小さなもぞもぞした当たりが出るも
追い喰狙って間を置いたらまたもぞもぞと
何の当たりか分からず巻き上げ開始。

すると途中の引きがアカムツのそれだ。
ホクホクしながら手持ち竿で。

海中に見えたのは2匹の白い魚影、本命のアカムツをダブルでしめしめ。
ただ少し形が小さい。
でも贅沢言ってられない。

その後直ぐAさんも本命取り込み。
何やかんやで4匹を釣り上げた後
風向きと潮流れ変わって当たりがピタリと止まってこの日は終了。


この日も梅雨の隙間をついて.JPG
このオオメハタはでかかった。
アカムツは350〜400gだった。
他にユメカサゴなど。
アマダイはアジ狙いのゲスト。
この他に形の良いヒメコダイ、大サバなどおかずには十分な釣果で
まぁまぁな釣り日和を過ごした。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 17:34 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする