2011年07月16日

ポリバケツ、ジグバケツ

タチのジグはその日の気分で適当に選んで使うのだが
あちこち使ったりはしない。
ジグで釣果が左右されるなんて思ってないから。
つまりいい加減なんです。

それでも色々種類は準備してあるから収納を考えたら、これ意外と便利。
100円のポリバケツの縁にドリルで穴を沢山開け、フックを引っ掛ける。
ただそれだけ。

1日に何種類ものジグを使う方はバケツの底にも穴を開けておくと
上からホースで水洗い出来て便利ですね。

ただしバケツにけっつまずいて
足にフックが刺さったなんてことが無いようにしないと。


001.jpg
ぶら下げて持ち運び便利で針先も傷まない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:43 | 神奈川 ☀ | 【釣】−ダボ船頭の知恵袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

レモンと船のフロントガラス

湿気の多い時期、特にひどいのが船のフロントガラスの曇り。
海水スプレーを浴びるので車のそれとは少し違うような気がする。

車用のガラスクリーナーで拭いても全く取れない。
真っ暗闇の早朝出航時はほんと泣かされる。
何と言っても前方が見えないほど恐いものはない。

昔、バーテンダーから聞いたことを思い出した。

「ワイングラス等のガラス類の器はレモンの絞りかすで拭くときれいになる」

頭の隅に記憶が残ってた。
これをヒントに先日船のフロントガラスに用いてみたら
ものの見事にクリアになった。

絞りかすでは力が入らないから半分に切ったものでやってみたら
とてもきれいになった。
長年こびりついた曇りだから少々力を入れ何度もこすらないといけないが
2回目からは簡単だ。

フロントガラスの曇りに泣かされる方、是非試してみてください。
当然、車にも応用できるでしょうね。


レモンと船のウィンドウ硝子.jpg
半分に切ったレモンでフロントガラスをこすると嘘の様に曇りが取れる。
曇りと言うか塩分の幕なのでしょうか?


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:47 | 神奈川 ☀ | 【釣】−ダボ船頭の知恵袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

血抜き活き締め

おまーりさんネタをちょこちょこ書いてるけど
おまーりさんを血抜き活き締めする訳じゃありませんからね。
早合点しないでちょうだい。

えっ?違うんだって?残念だなぁー、なんて言ってる人誰ですか。
真面目にいきます。

写真でお分かりの通り左側は
あえて血抜き活き締めをしないで持ち帰ったタチウオ。
右側は釣り上げて直ぐはさみで頭を切り落とし施してあるもの。

どうです、一目瞭然でしょう。

つまり前者は毛細血管中に血液が残ってるので赤色をしてるのですね。
血合身が生臭いのと同じでやはり生臭いです。
特に刺身や締めものなど生で食した時、顕著に感じられます。

一般に白身魚より青魚の方が“血の気”が多く、鯖が良い例ですね。
タチウオもそれ程ではありませんが頭を落とす時飛び散ります。

上手に血抜きが出来たらあえて脊髄を切断しなくても
結果的にはそれに近い状態になるので是非施したいものです。
大体の魚は鰓を切って海水入りのバケツに少しの間入れておけば済むことです。

折角の新鮮な魚、釣り人の“特権”なんですから
できるだけおいしく食べたいものです。


001.jpg

002.jpg
2枚共、左が釣り上げてそのまま持ち帰ったタチウオの切り身。
右が血抜き活き締めをした身。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:53 | 神奈川 ☁ | 【釣】−ダボ船頭の知恵袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

クーラーボックスの手入れ

我流のクーラーボックス(以下C.B)を清潔に保つ方法です。

釣りから帰ってC.Bをよく洗っても何となく臭いが残る。
長く使っていると尚更に。

これ簡単にクリアーできます。

帰宅したら風呂場でも庭でもC.Bにいっぱいに水を入れて一晩置くだけ。

翌日、洗車ブラシみたいなもので水が入ったままでさっとこする。
その水を捨てて終わり。

生臭さは一晩置いた水がほとんど吸収してくれます。

これで何年もやってますが臭いは全く付いてない。
試してみてください。


img002.jpg
この状態で一晩置く。上面まで水がいっぱいに。


img001.jpg
次の日ブラシで簡単にこする。
これでいつも清潔に保てます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:58 | ☔ | 【釣】−ダボ船頭の知恵袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

根魚探し

根魚釣りが苦手だと言う人がいる。

話を聞いてみると、どこにどんな魚がいるのか見当がつかないからだと言う。
棚取りや仕掛けがどうのという問題以前に大きな壁があるみたい。

確かに中層魚のように決まって集まってくる根や魚礁のような
明らかなポイントがある訳ではないので、初めは取っ付き難いかもしれないが
海底地形図を“読む”習慣をつければ解決できることだ。

つまり等深線に親しくなること。

ダボさんはこれを見るのが楽しくて楽しくて。
晩酌の時、テーブルの上に開いて酒の肴にしてる程だ。

慣れてくれば海底“地質”図を見なくても底質がおおよそ判断つくようになる。

おっ!ここはオニカサゴがいそうだぞ。
早速三角定規を持ち出し緯度・経度を割り出し、
釣行時にGPSに数値をインプット。
そこへオートパイロットをセットすれば船が連れてってくれる。

到着したら魚探でノーマルと海底拡大のモニター画面でじっくり観察。
(緯度・経度から割り出した数値と実際の海底形状とずれることが多々ある)

ポイント上に乗ったら一旦完全に船足を止め、どの方向に流れるか見定めて
その上の方へ船を移しここから仕掛けを下ろせば流れに乗ってポイント上に来る。

自分で読んだポイントで目的の魚が釣れた時の醍醐味は格別だ。

根魚ポイントは傾斜面が良いと言われているが
深さの変化が激しく、落ち着いて釣っていられない。
潮回りを頻繁にしなければならないし根掛かりも頻発する。
ただし斜面に添って平行に流せる時は喜んでやるけど。

むしろ等深線が開き気味で小さな変化が何ヶ所かあるところ。
こんな所は平地で小さないわゆる平根が点在し、
その根回りで良い釣果が得られることがよくある。

根魚釣りは始めに海底地形図ありきということだ。

でもね、こんなこと言っちゃいけないんだけど、もっとずーっと楽な方法はある。

ポケットにハンディGPSを忍ばせ遊魚船に乗る。
で、ポイントに着いたらポケットでポチッ。

だけどこれでは醍醐味のだの字も味わえないし第一アンフェアだよね。

ちなみにダボさん遊魚船には一度も乗ったことありませんよ。
一応言い訳しとかなくっちゃ。


10.06.00_根魚探し.jpg
使い込んだマリーナ近くの海底地形図。そろそろ買い替えないと・・・
駿河湾内外の全てにこのようにポイント打ちをしています。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:31 | ☔ | 【釣】−ダボ船頭の知恵袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする