2011年03月01日

トウジンと沖ギスの薩摩揚げをもらった

確率100%で釣れるアコウ釣りの付録。ドウジンと沖ギス。

普通は投げちゃいますよね(北海道弁で捨てる)
こいつを後生大事に取り込み一手間も二手間もかけて
美味しいものを作り上げる。
とても楽しいことですね。

もっともトウジンは刺身にしても少し甘味があって歯応えもいいし
捨てるにはもったいない魚ではあるけどあの姿形がね〜。
食欲を刺激しませんね。
海のネズミですから。

先日アコウ探しの時にトウジン5kg、沖ギス2kgくらい二人して釣った。
とにかく良い比率なの。この2種類。
練製品にはね。

船上でいくら暇とは言え、クソ寒い中せっせと下ごしらえしてるAさん
こいつを家で薩摩揚げにする。
毎年もらう。
毎年旨い。
本当に旨い。
もちろん白いインベーダーなんか使ってませんよ。
手抜きをせず材料の持ち味を最大限引き出し
“真面目”にきちっと作れば先日書いた醤油の如き本物が出来るのと同様、
子供にいくら食べさせても大丈夫。

アコウ釣りで本命がだめでもこの楽しみがあるから止められないね。
頂く側に取っては。

船頭はと言えば風邪薬飲みながら船の上で。
釣りキチとか釣りバカの範囲じゃないな。


001.jpg
Aさんが作る本物の旨い旨い薩摩揚げ。
皿は三上 亮さん作陶。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:55 | 神奈川 ☁ | 【釣】−船友 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

興津川のうるか

5月から興津川の鮎解禁になりましたね。

毎年Aさんから手造りの苦うるかをいただく。
ご存知の通り苦うるかは鮎の内臓を塩漬けにした珍味で潤香とも書く。
まさに一級品の酒肴だ。
この生臭さの香りはこたえられない。

何しろ興津川の鮎だ。安心して食べられる。
何処ぞの川などは上流に浄化槽を設置した施設がたくさんあって
その浄化槽を仮に全部止めてしまうと
川の水量が30%になってしまうという川もあるが
(もっともその様な川の鮎は栄養豊富で肥えているらしい。何の栄養なんだ?)
そんな川の鮎は“アユにはアユ”だが全く別もんだ。

Aさん自ら釣ってきて塩加減を吟味して造る。
うるかは左党にとって食べる宝物のようだ。

そして一緒に沢山もらった“鮎本体”も上品な脂が乗ってて
塩焼きで食べたらさすがに興津川の鮎だ。

何匹でも食べられる。

どこかのタベタレだかバカタレだが知らないけど
知ったかぶって鮎はこうして箸で背中を押さえ頭から引・・・

なんてこと言ってるけど本物の鮎はね、頭からかぶりつけばいいんですよ。

こんな贅沢はそうは出来ないと今日も岩清水が進んで至福のひと時だ。


岩清水:自己主張の無い清澄な日本酒のダボさん流表現。

うるか.jpg
珍味「苦うるか」
日本酒にぴったり


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 07:31 | ☔ | 【釣】−船友 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

釣りキチAさん

そうそう、これから記事を書いていく上で
どうしても登場してもらわなければならない人
Aさんについて触れておきます。

この人は 一緒に船に乗ると凪が良からぬ方向になるのではという名前なのですが
もう100回以上一緒してるけど荒波にもまれた記憶はない。

そして、こと釣りに関しては博学で釣キチ度数はダボさんと同レベルだが
何しろ鮎釣りがしたくて川のほとりに家を建ててしまった人だ。
ダボさんはさすがに川にまで手が廻らず沖釣りだけなのに。

で、これも不思議な巡り合わせなのだがいつも同じような釣果で帰ってくる。
ダボハゼ丸にはAさん以外の人は乗らないので、二人だけの釣行で
たまに二人でオマツリ騒ぎがある時などこっちは何もせず竿先だけを向けておけば
あれよあれよという間に解いてしまう。

それはそうだろう。
駿河湾の遊漁船の仲乗りもやる人なのだから。

そして魚料理も得意ときてる。

お世辞のおの字も言わないAさんだけど
波長はピッタシ合ってます。

ぜひご贔屓に。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:07 | ☀ | 【釣】−船友 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする