2010年05月06日

ダイビングとイシダイ

横須賀のすぐ近くに東京湾唯一の自然島、猿島がある。
この島の東側、水深6〜7mの所に小さな洞窟があってこの中にいつ行っても
4〜5匹の大きなイシダイが入っていて
ボイトの小型水中銃(カスタム)で獲ってきた。

透明度が悪く懐中電灯で中を照らすが目が暗闇に慣れるまでは何も見えないが
少したつとイシダイの鰭がひらひらしているのが見えるようになる。

やがて魚の形がうっすら見えてくるので
水中銃の矢尻が魚にすぐついてしまう程近づけ
引き金を引くとイシダイは猛烈に暴れヘドロを巻き上げ中はすぐ見えなくなる。
それが静まるまで、その周辺の海底を持っていった板っぺらで煽ぐと
大アサリ(タコ貝と言っていた)が沢山獲れ、それをスカリに入れ持ち帰る。

何しろこのタコ貝掘っても掘っても貝の層でいくらでも獲れる。
そうこうしてる中、洞窟内のヘドロも収まってくるので2匹目のイシダイ突き。
こんな事を繰り返し中のイシダイは全部いただくことになる。

しま模様が消えた50cm以上の口の周囲が黒い立派な形だが食べては旨くない。
歯の上下を合わせて飾りものにした。

一週間も経ってから行くと又イシダイが入っている。
今でもあるかしら。あの洞窟。

こんなのが釣れたらさぞ豪快だろうなぁ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:42 | ☀ | 【釣】−海の履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

ダイビングから沖釣りへ

ダイビング歴もかなりあって、もっともン十年前の話だが当時は
クルーザー型船艇を使っていたのだが、
これはこれで夢中になるぐらいおもしろかった。

競泳で自由形を得意としていた時代があったので
「クロールストローク」なんて格好の良い船名を付けていた。

何しろサザエ、アワビ取り放題、カンパチヒラマサも水中銃で獲っていた。
アメリカのボイト社製の水中銃はパワーがあって性能が良く命中率も高く、
時には20kgオーバーのヒラマサを獲ったりしたが、
そんな時は小脂の太さ程もあるステンレスの矢尻の付いたシャフトが
曲がってしまい、ローラーにかけて修復してもセンターが狂って真っ直ぐ
飛ばなくなったりしたものだ。

今でこそそんな事をしたら警察事になってしまうが当時は良き時代であった。

今ダイビングでとってこれるものは写真だけになってしまい往年の
醍醐味は薄れてしまっている。
(こんなこと言ったら漁師に怒られるかも)

今はその海中に1本の糸を頼りに魚に遊んでもらっているが、両方のおもしろさ
を知った上でダイビングと釣りとどちらに魅力を覚えるかといえば、
そく釣りと答えたい。

それ程沖釣りは気を狂わせる。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 19:11 | ☀ | 【釣】−海の履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする