2019年03月23日

楽しめる双眼鏡

常備しておくと何かにつけ便利な双眼鏡。
40年前に購入して以来随分楽しませてくれたし
北海道車旅のフェリーには無くてはならない程活躍してきた。

バードウォッチングには欠かせないし
遠くの何かちょっと気になる物を見るにも便利。

ところが長年使ってきたニコンの10×50の機種は
とても鮮明に見える優れものなのだが自重が1sある。

もう少し軽量なのが欲しくなり、つい先日Amazonで
ニコンのモナーク7 10×42の機種を購入した。
自重は650g。
何と軽いことか。

近くの公園に持ち出し小鳥を観察してたら大満足な使い勝手。
車旅の必携品になりそうだ。

双眼鏡の知識を持ち合わせてないと倍率の大きなものを選びがちになるが
一般的には8〜10倍ほどが適当だ。
対物レンズは大きい方が明るくて見やすい。
そして何より信頼できるメーカーを選ぶのも大事だ。


楽しめる双眼鏡001.JPG
40年以上使い込んだニコン製の10倍。


楽しめる双眼鏡002.JPG
今度購入したニコン製の10倍だが旧機よりはるかに改良されている。
それもそうだろう40年以上も前の製品との比較だから。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

脳梗塞から少しでも遠ざかる工夫

どれほど健康に自信がある人でも、こと脳梗塞には例外はなさそうだ。

何の予兆もなく(僅かな予兆が出る場合もある)
自分の体が自分の体ではないような状態に突然襲われ
何事が我が身に起きたのか理解できずへたり込んでしまう。

これほど突然前触れもなく起こるのは交通事故ぐらいしかないのでは。
心構えのしようがない。

この疾患を少しでも遠ざけるには日常生活。
特に食生活の不摂生を正すことが大事だ。

中性脂肪、コレステロール、血糖値、血圧などは高齢者の気になることだが
正にこれらに注意を払うことを常に心掛けることが大切だ。

体を巡る血液濃度が上がりドロドロ状態になることを避け
春の小川のようにサラサラ行くようにすれば確率は下げられる。
アルコール類は絶対だめではなく適量ならむしろプラスに働くといわれる。
(脳内出血は別)

絶対いけないのがタバコ。
この習慣は何としても絶つべきだ。
タバコを吸っていても何ともない高齢者がいるとの話を耳にするが
これは確率の問題であって吸ってる人全部に疾患が起こるということではなく
高確率で疾患に巡り合うということだから
その確率から遠ざかることが疾患から免れるということで
突然の脳梗塞から身を守る最重要事項だ。

中々止められなくてという人は多いが一度脳梗塞を経験すれば
とてもそんなこと言ってられなくなり
再発恐怖の日常を余儀無くされる。
タバコを止め食生活に留意すれば脳梗塞の恐怖から遠ざかることは確かだ。
脳神経医師もこれらのこと強く説得するのだから確かなこと。

現在全く健康で脳梗塞なんて
どこの国のことかとの人もどうぞ油断されないで下さい。

わたしがいい例なので。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

突然やってくる脳梗塞の恐ろしさ(3)

脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞を含めた疾患を脳卒中と呼ぶ。
いずれもほとんど前触れなくいきなりやってくるからガンより始末悪い。

ガンは突然倒れることはまずないが
脳疾患はこれが顕著だから予め気持ちの準備も出来ず即入院になり
後遺症が残る。
普段何事もなく好き勝手な日常生活をしてる時に突然襲ってくる。

患ってみて初めて今までの生活状態を振り返り
あんな無茶、こんな不摂生してたんだなと思い返すが後の祭り。

高脂質なもの、コレステロールにつながるもの、血圧によくないもの、
それにアルコール。
これらのこと何も留意せず欲しいだけ接摂取し続け
その結果血液がどろどろ状態になり
それが脳内を巡ることになるのだから良かろうはずがない。

それに高血圧とたばこは最も悪い。
今元気でも禁煙と血圧を下げることが最重要課題だ。
これだけ脳疾患の確率を下げられることは確かだ。

何事もなく現在の生活を続けるには脳疾患を重々意識しておくことが大切だ。

ちなみにわたしはたばこは吸わず大酒飲みでもなく血圧は正常、
食生活だけがでたらめ過ぎただけなので割合軽度で済んだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

突然やってくる脳梗塞の恐ろしさ(2)

脳梗塞発症を注意しようにも直接の手立ては見当たらず
食生活を通して留意するぐらいしかない。

高血圧、中性脂肪、血糖値、それにコレステロールなどを考えた日常の食事と
アルコール類の摂取量抑制である程度はコントロールできる。
それに禁煙は最重要事項。

またこの疾患は再発率が非常に高く初期発症の回復後20〜30%といわれてる。
驚異的早さの回復で当初医師の見立てたとされる2週間の入院加療生活の半分、
1週間で退院できたのは喜ばしいが再発の恐怖は付いて回る。
しかも再発は初期発症より重症になることが確実というからなおさら怖い。

今まで全く健康だった人が突然襲われる脳疾患は実に不気味で
誰にでも可能性があるからせめて日常生活に留意していかないと。
特に高齢者は。

とは言っても飲酒や食事内容の制約は
人生の楽しみがかなりの部分を奪われてしまうが
背に腹は変えられないということか。
しかし受け入れざるを得ない。
辛いことだが。

今日で10日間の禁酒が続いてる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 16:14 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

突然やってくる脳梗塞の恐ろしさ

釣行から帰ってきていつものように旨い酒を呑み早々と寝てしまった。

いつものように夜中の2時
トイレに行こうとベッドから降りようと両足を床に付け起き上がろうとした。
ここまではいつものことで何ら問題なかった。

ところが足が床に着き立ち上がろうとしたら体がへなへなというか
ふにゃふにゃというか完全に崩れてしまって立つこともできなく
何事が起きたのかと。

えっ!何で!?

両手をベッドに付いて立ち上がろうとするのだが
どうにも自分の意思通りにならず這うような姿でやっとトイレに行った。

その後再びトイレに行きたくなったが同じ状態。
何が何だかわからず夢でも見てるのかとさえ思ったがどうにも現実らしい。
頭はしっかりしているのだが体が他人のもののような感覚。
猫がマタタビに酔った状態というか
操り人形のひもを一気に全部弛ませてしまった状態。

かーちゃんが救急車呼ぶなんて言ってるが
どんな病院に運び込まれるかわからないので
近くに親しくしてる医師がいるから早朝に連絡してみようということになり
7時頃に電話したら直ぐ来てくれた。

これ脳梗塞の症状だから少しでも早く病院に行かないと
後々影響出るとのことで市立病院に連絡してもらい早々に訪れ
MRIの結果立派な脳梗塞で即入院だと。

つまり緊急入院で期間はわからないとのこと。

このかた入院生活なんて経験なく目先真暗。
しかし覚悟するしかない。

かーちゃん大忙し。
入院当日から点滴治療開始。

白内障手術の時も両眼で約1ヶ月飲酒禁止で辛かったが
家で生活できたから食べ物に制限はなかった。
入院生活では両方制約される辛さ。

しかし早く手当できたので3日目からリハビリ開始でき
結果見る見るうちに回復の兆しが現れ病院でも喜んでくれる。
やはり若い時からのスポーツが
この年齢になってもプラスの要因になっているようだ。

日常何事もなくてもこの疾病はある日突然やってくるから要注意だといっても
注意のしようもないが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする