2020年02月23日

ラーメン店の店主

今までラーメン店特集のグルメ雑誌を見てた時から
なぜだろと常々思ってた疑問。

写真撮りでポーズをとってる店主は腕組みしてるのが多い。
今回もチラシ広告に載ってる6軒中4軒の主のポーズが腕組みしてる。

なぜこのポーズが多いんだろ?
不思議だなぁ。

腕組みを広辞苑で見ると物事を考える時などのしぐさと解説してる。
だとしたら写真撮りの時何かを考えているのだろうか。
それとも単なる格好づけなのか。

和食料理人や洋食のシェフで
腕組みした写真は見たことがないように思うが
ラーメン店の主だけがなぜだろう。
摩訶不思議。


-ラーメン店の店主.jpg
6軒のラーメン店主の4人がこのポーズをとってるチラシ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 🌁 | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

クレソン

海に出ない日の散策コースに小田原市立公園のフラワーガーデンと
接続する神奈川県立公園の諏訪の原公園があり
車で10分ほどで行けるので
澄んだ空気と景観の良さを楽しむのにお気に入りの場所だ。
フラワーガーデンは今の時節、梅が満開で観光バスのコースにもなっている。

その公園内に心が洗われるような清流の小川がある。
そこにクレソンの群生があり清々しい大きな葉を付け
これも目の保養になる。
他の見方をするととても旨そう。

住まいの裏山にも以前にはあったが
人が多く入るので今はなくなってしまった。

クレソンは水の質を問わなければ多くの場所に生えているが
河川の上流に工場があったりすると排水が気になり食べる気にならない。

パセリと同じようにマヨネーズやサラダオイルを加工したものに付けて食すと
独特の香りがあっていくらでも食べられる。
しかしこの味は個人の嗜好によるところもあり苦手な人もいるようだ。

公園内散策の折、いつも旨そうだなと見つめてはいるのだが
場所柄から採ることはできず写真だけ撮った。


クレソン.JPG
満開の梅とクレソン


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:00 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

小鳥達のスナップショット

日々ダイニングルームのケージに来る小鳥達の写真を撮った。

動きが激しくじっとしてないから中々うまく撮れない。
それにバカチョンデジタルカメラだから。


小鳥達のスナップショット001.JPG
ヤマガラとメジロが2匹ずつ。


小鳥達のスナップショット002.JPG
メジロ2匹にシジュウガラとヤマガラが仲良く食事中。


小鳥達のスナップショット003.JPG
メジロ、ヤマガラのアップ。


小鳥達のスナップショット004.JPG
ヤマガラのおすまし顔。


小鳥達のスナップショット005.JPG
メジロとシジュウガラの混浴。この寒いのに水浴中。


小鳥達のスナップショット006.JPG
メジロのアップ。これもおすまし顔。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

小鳥達との信頼関係

寒くなり落葉樹は幹だけになり小鳥達の食料、自然界の餌も不足になるから
ケージダイニングを訪れる小鳥の数も日毎に増えてくる。

そして食べっぷりの勢いも旺盛になり
人への警戒心も空腹には叶わず薄れてくる。

相変わらずメジロ、シジュウガラ、ヤマガラが常連客で食べる量も半端じゃない。
今では1mの至近から写真も撮れるほどになって楽しみも増す。

しかしこちらの一挙一動を常に見ていて警戒は怠らない。
だから1mの際で観察できるのは大きな信頼関係を必要とする。

雨降りは小鳥達に遊んでもらっている。


P1070947.JPG
至近からのシジュウガラ


P1070934.JPG
シジュウガラ
足でクルミをつかみ器用に食べる。


P1070886.JPG
ヤマガラ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

ラップ、ラップ、食品ラップ

サランラップは旭化成のブランド商品。
その昔この手の商品は他にあまり無かった。
今では数え切れない程のラップが溢れてる。

だが粗悪品の多いこと。
廉価にするため材質を落としたり薄くしたり
苦労の跡が計り知れるが一番苛立つのは巻き込み。

忙しい時の巻き込みは箱から出して千切れ端を探し出し
やっと見つけつまんで引き出すと思わぬ方向に切れてしまいロスが多くなる。
スーパーの自社ブランド商品の中にもこんなのがあり
一度経験すると二度と買わない。
“安物買いの銭失い”の典型的だ。

旭化成に知り合いの人がいて先日サランラップをいただいたが
やはりこれに勝るラップは他に見ない。
値段の違いもあるだろうが無駄なロスを出さないで済むことを考えると
価格だけの価値はあるように思う。

とにかく料理中は正に湯水の如く消費するラップ。
とても有難いいただき物。


P1070925.JPG
様々なラップの一部。
下の2本は旭化成のサランラップ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする