2019年07月24日

小鳥の巣箱 2

今年5月に小鳥の巣箱について紹介しましたが
期待してたヤマガラとシジュウガラが営巣せずスズメが“入居”し
雛が巣立って行った。

巣箱の出入口の直径を30mmにしたのが原因で
今回それを28mmに作り直した。
材料も加工が簡単な太い孟宗竹を使って。

竹材店から直径15pの竹を調達してきた。
竹は油を含んでいるから小鳥が嫌がると聞くので
熱湯に20分浸け油抜きし加工した。
多分来春には期待通りになるのではと今から楽しみだ。

しかし丸い竹を丸い木の幹に固定するのに何か工夫をしないと。
巣箱が動いてしまうと小鳥は利用してくれないので
ひと知恵絞らないといけない。

孟宗竹による巣箱作りの様子をご紹介します。
なお巣箱は小鳥が利用する時期の寸前に掛けても利用の確率は低く
秋のうちに掛けておく必要がある。


小鳥の巣箱 001.JPG
直径15pの孟宗竹をひと節ごと切って28mmの穴を空けた。


小鳥の巣箱 002.JPG
熱湯に20分浸すというより煮る状態。
筒が中間で切れてるのはシーズン後に内部を清掃するため。
使用時は針金で縛ってテープを巻き接続させる。
これだけ太いとかなりの重量がありテープだけの接続では心許ないので。

後は秋口に木の幹に縛り付ける方法を考えないと。
まだ時間があるのでじっくり考え良い知恵を出すことにしよう。

梅雨空で海に出られないからこんなことでもしてないと。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

ゴキブリちゃん姿を消して久しい

スーパーデラックスな大きな黒光りのゴキちゃん。
数年前から我が家に寄り付かなくなった。

何でも仲間同士の伝達力があるらしく
あの家は危険だから寄り付かない方がいいぞ、ということになったらしい。

“ゴキブリ団子”の威力が強いらしく数年前から自前で作って
各部屋の要所要所に置くようになってから
嫌な思いをしないで済むようになったが
いつまた「御免下さい」と入ってこられては困るから
毎年5月から新しい団子を作って置くようにしてる。

ホウ酸団子とも言うようで
ホウ酸、小麦粉、玉ねぎ、砂糖、焼肉のたれを混ぜ合わせ
こねて小さな団子にし干し上げた物だが意外と効果が見られるし
何より廉価にできる。
既製品もおおよそ材料は同じような物らしい。

ゴキちゃん、これ食べると脱水状態になり
外の溜まり水を求めそこで死ぬから死骸を見ないで済む。


P1070428.JPG
今年も作った団子、今乾かしてる。
毎年古いのを回収し新しいのと交換するが食べた形跡がない。
つまり居なくなった証拠だしとにかく見ない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

小鳥の巣箱

今年も冬の間小鳥達の餌場を作りかわいらしい仕種を楽しませてもらった。

スズメはもとよりメジロ、ヤマガラ、シジュウガラが多く
これらの小鳥しか入れない広さの網目の籠の中に餌を置くことで
横暴で意地の悪いヒヨドリを寄せ付けないようにしてある。

そうしないと小鳥達が餌を食べてても蹴散らし意地悪がこの上ないのでヒヨドリは。
時々ガビチョウ、アカハラ、イソヒヨドリ、コゲラ等も来るが
餌籠には入らず自然の餌をついばんでるのを見るのも心和む。

今年は初めて巣箱を作りモクレンの木に掛けてみた。
ヤマガラ、シジュウガラが利用してくれたらいいなと楽しみにしていたら
何とスズメが目敏く巣作りをしてしまった。

巣の出入り口直径30mmにしたのが原因で28mmにすべきだったようで
スズメでも利用してる姿を毎日見るのは楽しいものだが
来シーズンは28mmに作り直そうと思う。

酒を飲みながら眺めてるのは実に楽しい。


小鳥の巣箱001.JPG

小鳥の巣箱002.JPG
“新築”の巣箱がお気に入り。
雛に餌を運ぶスズメちゃん。
スズメもよくよく観察してみると可愛らしい。
こちらの動作も警戒しながらよく見ているようだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

白内障手術から丸1年

結論から先に言いましょう。

手術して良かった。
本当に良かった。
術前と視感がまるで違うのだから。

しかし昨年術前5月中頃まで苦渋の真っ最中でかなりのストレスな毎日だった。
手術の不安が消し去れず、かと言って放置も出来ず。
釣り餌は付けにくく竿先の当たりを見逃し何を見てもぼやける。
何より本を読めないのが堪えた。
高齢の方々でいらっしゃるんじゃないですか、こんな症状の方。

高齢者のほとんどがこの疾患と対峙せざるを得ない厄介者。
しかし手術を済ませてしまえばパラダイスの視界が待っている。
ほんとに見事な別世界。

手術で迷ってる方、決断されることお勧めしたいですね。

わたしもそうでしたが眼球にメスが入ることへの恐怖は
考えただけでもぞっとする。

しかし現実の手術は痛くも痒くもなく
片眼を10〜15分で済ませてしまう不思議さ。
麻酔だって注射ではなく点眼ですからね。

1年経った今では済ませて良かった大正解。
大切なことは手術を受ける評判の良い医療機関と腕の良い執刀医を探すこと。
おおよその地域で評判の立つ口コミはあるもので
そんなところなら間違いないでしょう。

躊躇されてる方はまだそれほど重症ではないのでしょうが
この疾患は進むことはあっても改善されませんからね。
それと軽症の方が手術はやりやすいようですよ。
思い切って早く済ませパラダイスを手中にされては如何でしょう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

鮨屋に行ったら是非食べてみて

住まいから車で30分ほどかかるのだが行きつけの鮨屋があり
時々かーちゃんの運転で飲みに行く。
かーちゃん酒飲まないのでこちらはいくら飲んでも大丈夫。

旨くて廉価だからいつ行っても盛況で
時には入店を待たされることがあるほど。

当方旨い魚はいつも自給自足だから食べるのは
マグロ、コハダ、それに貝類だがいつも思うのは飯を付けて、
つまり鮨にして食べた方が旨い。

でもこれでは酒のつまみにしては直ぐ腹が張ってしまう。
特にコハダは鮨にした方がはるかに味が引き立つ。

そしてそろそろ腹がきつくなった後の締めにかんぴょう巻を食べるのだが
これが今回のお勧め。
ただしちょっと注文付けて巻いてもらう。
特別難しいことではない。

ワサビを猛烈に効かせてもらうだけ。

辛いのが苦手な人には向かないが鼻にツーンをくるどころか
涙がポロポロ出るぐらいに。

鮨飯と海苔、強烈なワサビ
それに主役のかんぴょうが合体した何とも言えぬ味わいは
最後の締めにこれ程ぴったりのものはない。


IMG_2382.JPG
当店お勧めの1人前。子供が注文した。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする