2020年05月31日

キロ級イトヨリ マダイより嬉しい 〜 5月30日釣行

この日も無風状態が続きスパンカーによる操船不可能なため
投錨で魚を船に付けるべくせっせとコマセ撒き。

しかし魚影は芳しくない。
そのうち寄ってくるだろうとじっくり構えてる中
ボツボツ大サバが釣れ出しアジも混じりだした。
魚幅も広く35pの立派な型。

またまた強い当たりがあって
マダイのキロ以上だなと想像しながらやり取り開始。

ドラグ調整の電動からラインが引き出される。
マダイと全く疑わず姿を見せたのはイトヨリだった。
1sぐらいかなと算段したらぴったりだった。
喜んでたら奇遇にも全く同サイズの2匹目も釣れた。

次にAさんにもきた。
それも2sはあろうと思われる型でこんなの初めて見た。
丸々してまるで丸太ん棒だ。

いずれにしてもキロ級以上のイトヨリはマダイと同じ引きをし
同じパワーを秘めている。

投錨による釣法は潮廻りの必要もラインを立てる操船も不要で“超楽ちん”。
居眠りで船の上で船を漕いでしまう程。


キロ級イトヨリ マダイより嬉しい.JPG
この日の赤い魚。
イトヨリは2匹共1sちょうど。
マダイは800g


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年03月31日

イトヨリ炙り昆布締めとキダイ酢締め 実に旨い 〜 3月25日釣行

毎年今の時期、的を絞った釣り物無くアジ、サバ、タイ
それにアマダイもあてにはならず
仕方なくキダイとイトヨリにまぐれでシロアマが釣れたらいいなぁと
何とも締まりの無い釣行になるが今回もその成り行きに。

で、久々の出船。

珍しく早朝から凪で取り敢えず南下。
“徘徊”しながら反応見るも食指動かずでキダイポイントに入る。

酢締めに手頃なのをポツポツ釣り上げるが
時々グイグイと休み無くやや強い引きで上がってくるのは
これも狙い物のイトヨリでこいつはアマダイより嬉しい。
Aさんこれの1kgを上げた。
この日の釣りはこれだけで価値あり。
何しろ釣り物の大形は料理店行きだからね。

そして糠喜びさせられたのは
20分近くかけて浮かせたアカエイのスーパーデラックス。
その次は大蛇のようなスソウウミヘビ。
くたびれ儲けのサンプルみたい。
でもまぁまぁキダイとイトヨリは十分確保したので良しとしないと。

それにしても脂乗り乗りの大サバ釣りたいなぁ。
レア造りの締めサバ久しく食べてないもの。


イトヨリ炙り締めとキダイ酢締め 実に旨い001.JPG
狙い通りのイトヨリ。


イトヨリ炙り締めとキダイ酢締め 実に旨い002.JPG
それを炙り昆布締めにした。
柔らかい身質が程良く締まりアマダイより好きよ。
数釣りできる魚じゃないけどね。


イトヨリ炙り締めとキダイ酢締め 実に旨い003.JPG
キダイの酢締め。
Aさんこれの為にキダイ釣りたいという程の味。
釣りそのものはおもしろくはないけどこの食味は中々の魅力。
酢飯を作って手巻き鮨にしたら、ん!もぅー!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:11 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−イトヨリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする