2020年06月13日

いそいそとイトヨリ求め出たんだけど 〜 6月9日釣行

柳の下にそうは安易にいてくれないわイトヨリちゃん。

午後から南が吹き出す予報だったので午前中に勝負をつけちまおうと
いそいそ出掛けたがAさん共々振られてしまった。

投錨ポイントは、というより広範囲に魚影は見当たらず
辛抱と我慢の投錨釣り開始。
当然当たりは出ない。

しばらく粘ると僅かながらコマセに付いてきた。
しかし餌喰わず。

よくあることで潮の状況が変わればと期待してたらぼつぼつ喰い出した。
それも良形のマアジばかり。
大形はイトヨリやマダイのような引きをするから。

お!今度はとワクワクするが良形過ぎるマアジが上がってくる。
これはこれで満足なのだが。
大きなマアジは800gあったけど強烈な引きをかわしながら楽しめた。
サバも混じったがこれまたデカサバでこれも嬉しい。
これでキロ級イトヨリ釣れたら言うことないんだけど。


P1080233.JPG
この日の主役。
650〜800gの激旨アジ。
こんなのばかり13匹の釣果。
鰓を切って血抜き済み。
ゲストは大サバのみ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年06月10日

幅広大アジ 脂のりのり大サバ 〜 6月6日釣行

このところ釣行毎、凪の日が続いている。
こんな日は投錨釣り日和で船を止めてしまえば
船頭は何もすることはなく釣りに専念できる。
Aさんも潮回りで時たまスプレーの洗礼を被ることもない。

この日も“イトヨリ五目”で鯖根、安倍川沖へ少々スピード上げて。

相変わらず魚影少なく投錨ポイントを探し回るがどこも芳しくない。
気長にコマセを撒いて集めようとするも魚は船に付かない。
手ぶらじゃ帰れないから何とか格好だけでもつけたいが何しろ魚任せなので。

それでも何とかなるもので大アジと大サバそこそこ釣ったが
本命のキロ級イトヨリはAさんが一匹のみ。
しかしこのポイントはまだまだいるはずで狙う価値あり。

引きは強力で食しては実に旨くキロ級ともなると料亭行きだという。
マダイより歩留り良く味に個体差がない。
だから釣り上げた時はマダイより嬉しい。

気圧配置も少しの間良さそうなので近日いそいそ行ってみよう。
柳の下に何匹いるだろうか。
本命だめでアジ、サバで大満足。

考えただけで浮き浮きして寝られなくなるね。
釣りバカ、釣りキチどうしようもない。


幅広大アジ 脂のりのり大サバ001.JPG
幅広で金色の大アジ。惚れ惚れするフォルム。


幅広大アジ 脂のりのり大サバ002.JPG
その腹中には旨さの証、脂肪の塊びっしりと。


幅広大アジ 脂のりのり大サバ003.JPG
大サバはこれまた幅広で脂がのりのり。
身割れせず持ち帰り締めサバに最高。
強烈な引きで暴れ回るからふやけた指を針スで切ってしまった。
痛いのなんの。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年04月13日

釣って楽しく食べて旨いトロアジ 〜 4月11日釣行

波風穏やかな予報だが案の定大外れ。
北寄り6〜7mの中を南下し大アジポイントへ。
この日も魚影乏しくアンカー打ってコマセで寄せる作戦にした。

ところが風強く走錨気味。
リモコンで微速調整しながらの対応で
何とかコマセに付いた600g前後の幅広アジの引きを楽しみながら
Aさん共々釣り上げる。
間違いなく腹中に脂肪の塊が入った脂ノリノリの見るからに旨そうなのを。

いい思いをしてたら長さ200mもあろうかという程のイルカの帯が
湾奥に波しぶき立てながら移動してる。
かなりの大群だ。

これじゃアジは怯えて餌どころじゃない。
当たりは止まるが過ぎ去ると再開する。

Aさん2sのマダイも釣り上げた。
それも大アジとの一荷で。
これは応えられないホクホク顔。

午後から南が強まる予報だったのでそれまでにアンカー上げないと。
午前中で沖上がり、南に押されてスピードアップで帰港。


釣って楽しく食べて旨いトロアジ.JPG
釣果の一部。
500〜600gを17匹。
冷凍庫の保存材料が出来た。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 14:52 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−アジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

この日の珍魚は超が付く高級魚 〜 11月12日釣行

このところ釣行毎の珍魚を紹介してますが
何れも狙って釣ったのではなく他の魚を狙っていて
たまたま釣果になった訳だから釣ったのではなく釣れちゃった。
つまり釣れたと、言わば偶然ということですね。

ところがこの偶然の方が狙いものより遙かに有難かったりなんてこと
度々出くわすから釣りは面白い。

それにぴったりなのがこの日の超高級魚、白アマダイ。
異様な引き具合で何だろか?
狙い物の大アジとは明らかに違う抵抗で6m先の海面にボッカリ浮いた時
直ぐAさんに白アマだぁと叫んでしまったね。

これは嬉しい大歓迎。
半身は刺身、半身は昆布締めだぞなんて既に喰い気満々。
こんなこともあるから沖釣りは止められない。

夜が明ける前にタチを少々釣り
反応が消えてから大アジ狙いでこれも満足満足の釣果で午前中の早上がり。


この日の珍魚は超が付く高級魚00101.JPG

この日の珍魚は超が付く高級魚00102.JPG
白アマダイにしては1.2kgと少々物足りないが“貴重品”には変わりない。
今までも何回か狙ったがAさん共々一匹の釣果しかなかった。
体色が白いのと小さな眼が特長。


この日の珍魚は超が付く高級魚002.JPG
タチも“おかず”には十分。
酢締めとフライで食べようかな。


この日の珍魚は超が付く高級魚004.JPG
大アジもツ抜けで大満足。
何匹かはマルアジも入ってるがフライにするとすこぶる旨い。
その他、大サバ、カイワリ、アカアマダイなどで賑やかな釣果だった。


この日の珍魚は超が付く高級魚00202.JPG
タチウオの餌釣りだが
冷凍庫で保存しておいた古い“メト化”したサバ短での釣果で
アカムツ、オニカサゴもこの餌に良く反応する。
きっと臭いなんでしょうね。
一般的にはキラキラした新しいものが良いとされているが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 18:02 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

今日の珍魚 〜 11月5日釣行

クロマグロの幼魚ヨコワ(メジ)とウスバハギ、
滅多に釣れない二種が釣れた。
狙って釣ったわけではないから“釣れた”がぴったり。

ヨコワは引きが強かったので
何がきたかとワクワクしながらの巻き上げで無事タモ入り。

一方ウスバハギもただならぬ抵抗でこれもやはり何がきたかと
魚を見るまでまるでわからなかった。
ウスバハギは小さな群でいるのだろうか、
Aさんが先に釣り上げてるから。

煮魚にすると旨い魚でカワハギやウマズラにやや味は似ている。
もちろん旨いキモもたっぷり入って上等な味。

大アジは4匹でマアジとマルアジが半々。
夜のタチ餌釣りでF3が少々。
いずれにしても大したことなかった。


P1070736.JPG
ヨコワ
丸々として刺身が良かった。


P1070738.JPG
ウスバハギ
かなりでかい。
煮魚にしたがカワハギやウマズラと比べるとやや大味。


P1070740.JPG
大アジとタチ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 17:14 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする