2014年09月22日

スミヤキとドンコ 〜 9月20日釣行

中深釣りでムツやアカムツは釣れなくても
スミヤキ(標準和名クロシビカマス)とドンコ(エゾアイナメ)は
お馴染みさんだが両者の実力を知らない方はあまり有難くないでしょうね。
ところが煮魚にした旨味を知ると次から大事に持ち帰ること受け合い。

おおよそそのフォルムと汚らしく黒系の色合いから食指が動かないが
包丁を入れた時の身の白さは誰が見ても旨そうに見えるはず。

地元の小田原では昔からスミヤキは大人気で時にスーパーでも売られる。
小骨が変則的に多く入ってはいるが食べながら除けばどうってことはない。
旨味のある脂がこってり乗って煮魚の筆頭だろう。

一方のドンコは対照的にさっぱり系で身質が軟らかだから
煮汁の浸透が早いので少々薄味の煮汁を使うとぴったり。
そして両者共キモと胃袋は絶品で佳い肴になる。


001.jpg
連続して釣れてるスミヤキ。


002.jpg
デッキ上でタモの柄に喰い付いた鋭い歯は自分の武器をよく心得てる。


003.jpg
背鰭が鋭いから注意。


004.jpg
煮魚用に下ごしらえしたドンコ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:04 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−クロシビカマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする