2014年09月17日

アカムツリサーチ 〜 9月14日釣行

アカムツ10連勝したポイントも含め3ヶ所ほどリサーチを兼ね探ってみたが
Aさん共々ゲスト以外は1匹も釣れず
水温を見ると24度だからもう少し下がった方がいいかな。

200〜300m立ちをくまなく探って
その中にはかなり良い地形もあって期待したが500gのムツが2匹釣れた。

アカムツの当たりと巻き上げ中の反応は似てるので間違えるが
アカムツと同格だからこれはこれで良し。

終盤にAさんが何やら“巨体”を掛けたらしく奮闘してる。
横でやり取りを見てたが完全な根掛かり状態だが生体反応がある。
深さ220mで掛け70mほどまで浮かせたが
抵抗の力強さは前回のブリ5kgなんてもんじゃない。

2人して何だろ何だろう。

しかしこの70mで強烈な引き込みがあり残念ながら相手の勝ち。
巻き上げたら小さなユメカサゴが付いていてこいつに喰い付いたようだった。
つまり針掛かりはしてなくくわえてただけみたい。

エイでもサメでもない引き具合で巨大なアラか
或いはアブラソコムツだったかも。
姿だけでも見たかった。

こんなことがあるのも中深の魅力。


001.jpg
ムツの2匹は嬉しい釣果


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:48 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−ムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

三保沖からタイ場周辺で底引き網を入れてるが 〜 10月10日釣行

10月6日は三保沖から興津沖にかけて
昨日10月10日はタイ場の近くで同じ船らしき小型艇が
底引き網漁をやってたが問題ないのだろうか。

大体この狭い湾内で底引漁自体が環境に配慮されてるのだろうか。
これじゃあ清水周辺の海はそれでなくとも魚がいないのに
完全に枯渇状態になってしまうよ。

西伊豆のタカアシガニにしても最近は小形が多いらしいが
当然の結果と言えまいか。

駿河湾を豊かな海に戻すため皆んなで考えるべき問題ではなかろうか。

そんな痩せ細った海からムツを釣ってきた。
前回同様ちょっとだけ工夫した釣り方でAさん良形9匹。
どういう訳か船頭には小さいのばかりしかこない。
おかしいなぁ。

脂が乗ってるのと食味が良いのはアカムツ同様だが
ムツ科の魚とホタルジャコ科で魚種は全く異なる。


001.jpg
底引き網を引く船


002.jpg
貧果のサンプルみたいな釣果


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:36 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−ムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

魚の排泄口 〜 10月6日釣行

今朝も全く期待無しでの出航。
どこをうろついても変わり映えしないのは
このところの釣行ですっかり“学習”してしまった。

タイ場周辺で中深をやったら30cm足らずのムツが釣れた。
Aさんはそのムツを“6つ”も釣り上げた。

ムツと黒ムツはよく混同されるがこれはムツ。
アカムツとは全く科が違うが同様に白身の脂が乗った高級魚。
とは言っても30cmそこそこでは小さすぎるが。
せめて40cmもあればと思うのだが、そんなものはこの界隈にはいない。

この魚、下ごしらえがとても楽にできる。
何より鱗が抵抗なく落とせ内臓は少なく兜割りも出刃がすーっと入る。

一つ特長がある。
排泄口が見当たらないのとその小さいこと。

腹をカマの方から尻鰭にかけて
目を皿のようにして見ても判明しない程のものが
尻鰭のすぐ付け根に申し訳ほどのがある。
指先で触ってもわからないほどのが。

出刃にしろ調理ばさみにしろ、ここから切り裂くからわからないのは困る。


001.jpg
つまようじの先が僅かに入るほどしかない


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:07 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−ムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする