2014年07月07日

ダボ仕掛けもこれではお手上げ 〜 7月6日釣行

カタクチがほんとにほんとに少ない駿河湾。
シラス網漁を根本的に考慮する必要ある時期でしょうね。
いや、時期を失っしてることすらあるのでは。

ベイトの群は小サバばかりでカタクチが申し訳ほど混じるのみで
その小サバがでかいこと。

7月6日にこの釣法された方はおわかりと思いますが
20cm近くほどのも混じる。
この釣法は底物がベイトを一発で丸飲みしてくれるのが特長なのに
これほど大きいとそれが出来ず腹を囓られたり尾の方から引っ張られたりで
針掛かりせずベイトを喰い逃げされるばかり。

実は前回釣行時に小サバが大きくなってきてるから懸念はしてたのだが。
日に日に大きくなる小サバでは対応できなくなる。
カタクチの群さえあったらなぁとつくづく願うし食物連鎖上重要でもあるのに。

小サバがもっと成長しそれ目的の釣りができるようになれば
それはそれで歓迎なのだが。
今の中途半端な大きさではベイトにもならずどうしようもない。

いくらやってもらちがあかないので
興津のキスをやって帰ろうとキス竿を振ったら
かーちゃんと2人分ぐらいの天種は確保したが小さな個体ばかり。
天ぷらには丁度の大きさだがAさん共々同量ほど。


001.jpg
これだから止められないなぁーなんて10kgのヒラメとやり取りしてたつもりが
いつまで経っても上げられない。
前回のAさんの二の舞かいなぁなんて言いながら。
そしたら正にその通り10kg以上ものエイでした。
残念でした。くたびれもうけでした。


002.jpg
こんなシイラまでもがお騒がせ。
ムニエルにでもしようかと持ち帰った。
なんだか二人して締まりのない釣りになってしまった一日でした。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:47 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−シイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

何でぃシイラかよ 〜 8月27日釣行

釣り物がなくて船を出すのは全く虚しい限りだが
万が一ひょっとしてなんて釣り師特有の期待感もあって
三保沖コマセ五目ポイントへ入るも案の定貧弱な反応がポツポツ出る程度で
乗せられる大きさではない。

Aさんがせっかく大粒のオキアミを調達してきたのに。
今オキアミが不漁とのことで特に大粒が品不足で釣具店でも困ってるみたい。

で、その貴重な大粒を使ってのんびりムードの中
時々中形のサバやマルソーダ、カイワリに20cmほどのマダイなどが釣れる程度。

と、Aさん見ると何やら真剣なやり取り始めてる。
ばかに元気に引くなぁと見てたら海面を派手にジャンプ。

シイラだ。

えーい、この際何でもいいやと散々走り回らせ
疲れて黄金色になったところをタモに入れた。
60cmほど。

直ぐに2匹目がきたと思ったら船頭の竿にも。
船の周りに何匹か付いてたのでそれだろう。

一応活き締めし、頭と腹わた尾鰭を取って持ち帰って3枚におろし
片身を3切れにして干物にして食べたら
中々バカにしたものではなくとても旨かった。

よーしそれなら次はルアーで狙ってみるかと手ぐすね引いてるところ。
シイラは刺身も良いがバターを使って焼いても旨い。

少しばかり大きいのをデッキに上げるとドッタンバッタンの大騒ぎになり
針を外すのに手間取るからタオルなどで両目を塞いでしまうとおとなしくなる。

しかしシイラ狙いなんてあまりパッとしないなぁ。
釣り物がないから仕方ないか。

鯛場が9月1日から入れるようになるから
次回は少々だが期待できるかなぁ、シイラ以外を。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:25 | 神奈川 | 【釣】−釣果−シイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする