2012年06月13日

車で行く鯖街道(2)〜 小浜市

人口約3万人。訪れる街の規模としてはちょうど良い。
このあたりから京都に向けて日本海の海産物を人馬で運んでいた言わば産地だ。

福井県のこのあたりは“原発銀座”。
旅人の足を遠のける感じはするが。
それはさておき落ち着いた良い街で人々も親切だ。

ホテルせくみ屋という珍しい名前のホテルに宿泊したが
2食付きで19,800円は“超お買い得”。
ツインルームも33平方メートルと広く
夕食は越前ガニ1人1匹ずつと大形の舟盛り、
その他で食べきれないボリュームで味も良かった。

そうそう上記値段は2人分ですからね。
1人1万円以下。
よく商売成り立つなぁと思うし、このホテル当地一流ですからね。

街中も散策したが趣があり海もきれい。


001.jpg
小浜の海


002_01.jpg

002_02.jpg

002_03.jpg

002_04.jpg
街並四景


003.jpg
大好きな漁港。


004.jpg
クラシカルな信用金庫。


005.jpg
路地裏


006.jpg
こちらのツバメの巣も変わっていてトックリを横に張り付けたような。

小浜は何度か通過しているが宿泊したのは初めてだった。
また行ってみたいなぁと思える所。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 08:51 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

車で行く鯖街道(1)〜 熊川宿

古き良き時代の宿場町と聞けば何やら旅愁心をくすぐられる。

中山道や東北の一部には名の知られた所があるが
その多くは全国に点在し、今まで車旅の対象としてきた。

一般的に言えるがそのほとんどが商業化観光化され
街並みそのものは当時を忍ばせるに十分なのに何か素直に溶け込めず
旅気分を削がれる思いをする。
中には客の呼び込みまでする店があっておちおち歩けない。

その点前回の車旅で訪れた四国愛媛の内子宿は良かったが
今回の重要伝統的建造物保存地区の熊川宿はそれにも増して“超天然物”。

日本海の小浜界隈から京都へ海産物や塩を運んだ街道で
“主力商品”の鯖が多かったことから鯖街道とも言われる若狭街道。

京は遠ても18里。
若狭の商人達はこう言って72kmの道程に負けじと身を奮い立たせたのだろう。
人が空身の早足で行っても2日はかかる。

その途中の宿場が熊川宿。
他の多くの宿場町のように観光化“させず”
苦労しながら昔の姿を保ち続けていることなど
30分にも及ぶ資料館の職員の方から説明を受けることができた。

店舗一つ開くにしても厳しい規制を設け
ここまで細やかな神経を住人の方々が持ち
その姿を保ち続ける姿には頭が下がる思いだ。
従ってどこかの宿場街のように家並全部が土産物店や飲食店だなんてことは
ここ熊川宿にはない。

本物の良さ、姿が残るとても貴重な所で
機会があれば立ち寄るに十分値すると思う。


001_01.jpg

001_02.jpg

001_03.jpg


001_04.jpg

001_05.jpg

001_06.jpg

001_07.jpg
街並七景


002.jpg
道路に沿っての清流に家一軒一軒の脇に設けられた水仕事をする場所。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:50 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする