2011年03月16日

形になって現れた原発放射能

とうとう被爆者を出してしまった原発放射能。
東京電力と行政が“絶対安全”と言っていたのはあれは一体何だったの。
被災地の方々は地震と津波と放射能の三重苦ではないか。

地震と津波は天災で誰も責められないが原発事故は紛れもなく人災だ。

こうなると原発は怖いという知識が増々高まるから
これを押さえ込むために行政が発表する情報も
操作の疑いが非常に高いと思われてくる。
こう考えるのは普通ではないか。

何しろ放射能は目に見えないのだから
その情報に反論出来ないところが行政には好都合だ。

関西電力が計画している山口県内の原発施設の建設も
二井関成知事が中断すると発表した。
札束面叩き戦法も今後通用しなくなってくるのは明らかだ。

確かに今のままでは出来上がってしまった原発に頼らなければ
現状維持は出来ないだろうが
私達一人一人が知恵を出し合えば、脱原発は可能ではないか。

つまり電気エネルギーを上手に使うということで。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:19 | 神奈川 ☔ | 【燃】−原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

こわい怖い原発事故

懸念されていた原発事故が現実の事となった。
福島原子力発電所。

避難範囲が当初半径5kmだった。
次は10km。三度目は20kmに広がった。
本当にこの距離で安全なのか。
何だか大きな不安が残るが。

1986年4月のチェルノブイリ原発事故が頭をよぎる。
行政は原発は絶対安全だと建設の度に言って来た。
そんなに自信があるなら何故東京湾の埋立地に建設しないのか。
ここに作れば遠方からの膨大な費用をかけて
送電設備を作る必要もないのにね。
やっぱり怖いんでしょうね。

だから原発のある所は都市から離れている所ばかりだ。
それも地元で反対運動が起きると札束で面をたたくがごとくのやり方で
次から次へと落としていく。

絶対安全の上、経済も潤い現金収入も得られるとなれば
その土地の人達の中には賛成の人も出てきて
反対の人達と対立する。
これは行政の狙いどころだ。

だから言われるように絶対安全がどっこい今回のようなとんでもないことになる。

我々一人一人が電気エネルギーをもっと上手に使う知恵を出し合えば
原発はいらないのでないか、なんて考えてしまう。

大体日本は電気エネルギーの使いすぎではないか。
放射能は目に見えないし
何年も後になって障害が現れることがあるからこれは本当に怖い。

だから行政が発表する内容を、はいそうですか、と
鵜呑みになってしまっても良いのかな、
なんて勘繰ってしまいたくもなるのは私だけだろうか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:01 | 神奈川 | 【燃】−原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする