2012年08月08日

100mm腕クッション今日もフル稼働 〜 8月7日釣行

このところ平日釣行が多いので海面は貸切状態。
またまた五目釣りで毎度のポイントへ。

早朝は魚探も寂しくボウズが脳裏をかすめるが
ポイントは広いのでウロウロしてたら何とか乗せられそうな反応が出た。

船を大きくUターンさせ真上に来た。
船外機やドライブ船ならこんな苦労もせずその場で乗せられるのにと
いつも思うのだがこればかりはどうしようもない。
何しろアスターンの舵が効かないので。

仕掛けを入れコマセを振ったら竿先が深く海中に突き刺さった。
よーし、おいでなすったとばかりやり取り開始。

Aさんが鯛だなって言ってる。
なるほど鯛の引きだが肝心な竿が鯛竿ではない。
1.8mのアママルだ。
その上クッションゴムは付けてない。
従っていつもの腕クッションの出番で竿の中間まで海中に引きずり込まれても
何とか100mmの腕で凌いでいる。

深さは40mほどだがドラグが滑って巻いたり出たり腕クッションで凌いだり。
Aさんゆっくりやってよぉー、なんて言いながらタモ持って構えてる。
竿が短いから船底に入られる。
何とかかわさないとペラに巻き込んだらパァーだからね。
やっとテンビンを掴んだがここからが難しいところで
勿論ここでも腕クッションが大活躍。

水中に見えだしたのは良型の真鯛でAさんのタモにすっぽり収まった。
結果は良型1.2kgと次に1.6kgの食べ頃サイズ。
五目釣りは出来なかったがウマズラとマルソウダで三目釣り。
まぁ良しとするか。

それにしてもタチとキスをやりたいけどいなけりゃしょうがないなぁ。


001.jpg
1.2kg


002.jpg
1.6kg
それぞれ真鯛


003.jpg
チビを入れて3匹
手前1.6kg、真ん中1.2kg、奥はおちびさんの各真鯛


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:01 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

海水温が16度台になってきた 〜 11月27日釣行

アマダイはまだだめだろうとこの日もタイ五目釣りで我慢してきた。

反応はあまり芳しくないが何とか探し当てアンカーワークで真上に乗せる。
Aさんがバウでアンカーを下ろし船頭は反応の上までアスターンの操船。
Aさんアンカーを海底にかけるべくロープの調節をし
丁度アンカーが利いた時に反応の真上にくるようにするには
呼吸が合わないとできない。

で、早速釣り始めるも今日の魚は反応の割に喰ってこない。
手始めはAさんがクロダイを釣り上げ、次に同じくクロダイを船頭が。

水温を見ると16.4度と表示されてる。
もう1〜2度下がればアマダイだな、なんてそればかりが気になる。

昼近くまでに
クロダイ、マダイ、イナダ、サバ、アカヤガラ、ウマハギ、マルアジと
まさに五目釣り。

2人共おかずくらいは確保して少々ぶっ飛ばして帰港した。


001.jpg
食べ頃のいろいろ貧果だけど。
この丸アジは35センチあった。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:34 | 神奈川 | 【釣】−釣果−タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

今日もアマダイのピンチヒッター マダイ 〜 11月13日釣行

相変わらず水温が高い。久能沖で19〜21度。
これではアマダイも布団、じゃなかった砂の中に潜ってられないか。

仕方ないからまたまたマダイで茶を濁すことに。
個人差はあるだろうけどマダイよりアマダイの方が旨いと思うんだが
釣れなきゃしょうがないもん。

前回同様久能沖30〜50m立ちを広範囲にノロノロ徘徊し反応を見つけた。
Aさんのアンカーワーク、船頭はロープを引きながら反応までアスターンをかけ
アンカーを固定させ、それではと試合開始。

凪も良いし富士山は目の前だしさぁー、マダイちゃんいらっしゃいよとばかり
仕掛けを下ろすと直ぐにきた。

ルンルン気分で巻いてたら強烈な突っ込みで竿先が海中にギューンとなるが
そこを直径10cm超の“腕クッション”で凌ぎ
Aさん差し出すタモにお入り願った。
もちろんAさんもバウでご機嫌のやり取りを楽しむこと度々。

そうこうしてるうち反応がアジになってこれも直ぐに食ってきた。
35cm〜40cmのマルアジだ。
マアジならもっと嬉しいんだけど丸々して脂が乗って旨そう。

カイワリも混じり10時頃になると大潮のすぐ後の中潮なので
潮が速くなり反応がすっかり消えた。

一旦アンカーを上げ他を探したが見つからず
今日はもう沢山釣ったから帰ろうと悠々の帰還。

マリーナの水の出悪くションベン小僧のような水圧で船を洗い
家に帰ったら子供達来てて、それじゃあ刺身を造ってやるぞ、と
マルアジを刺身にしたらマアジに劣らず旨かった。

やはり脂が乗ってたのと1匹毎活き締め血抜きしてあるから
そりゃあ旨いわけだ。
沢山造ったがぺろっと食べちゃった。


001_01.jpg

001_02.jpg
仕方なしのマダイにしては上物を釣り上げたAさん。


002.jpg
船頭も。


003.jpg
これは魚の反応ではありません。
コマセかごが下から5mに来ている所が写ってます。
仕掛けが5mなので。


004.jpg
本日の総捕獲量。
Aさんも同量程度でクーラー持ってヨロッとしてたな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:56 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

底物がだめだから中層魚 〜 11月5日釣行

このところアマダイとオニカサゴにケッチン喰らい
当分見込みが立たずなのでAさんと“作戦会議”。
仕方ないから中層魚をやろうと“決議”して久能沖へ。
鯛場は時間に縛られるから嫌でね。

早朝から2人して魚探を凝視し広範囲を探索してたら
広い範囲で鯛とイナダらしき反応を見付けた。

ばっちりコマセに集めようと久し振りのアンカー打ち。
Aさんのアンカーワークと船頭の操船でぴったり呼吸が合い
バッチリ良い場所に船を止めることができた。

今日は操船しなくていいので楽ちん楽ちんなんて喜びながら仕掛けを下ろすと
間もなく竿先がぎゅーんと海面に突き刺さる。

Aさんタモ持って横に来てこりゃあ鯛の引きだからゆっくり巻いてと言ってる。
ドラグを緩めにしてあるから止まったり巻いたりで
海中に見え出したのはやはり鯛でAさんのタモに無事ゲット。
1kg上の食べ頃サイズだ。

そうこうしてたら今度はAさんがニコニコしながら
弓状に曲がった竿を操っている。
上がってきたのはやはり食べ頃サイズの鯛で
その後も2人して飽きない程度に釣り上げる。

そのうち反応が消えたり出たりしてたら今度はイナダが釣れ出した。
この魚は2〜3本も釣れば十分だが
鯛に欲目があるから続けたらイナダばかり。

と思ってたら今度は黒ダイがきた。
それもキロオーバーの良形。
今日の仕掛けはビシアジ用で鯛仕掛けの半分もないのに良く釣れたもんだ。

2人して満足顔で凪の良い海を快走して楽しい1日が終了となりました。


001.jpg
ザ・鯛。


002.jpg
Aさんも。


003.jpg
良形揃い。ヒラメと違って鯛のあまりに大きいのは旨さに欠ける。
このぐらいちょうど良い。


004.jpg
イナダも。


005.jpg
鯛を3枚におろして皮を引いた。


006.jpg
イナダも3枚におろした。


007.jpg
こんなにあらが出た。身もあらも冷凍すれば1年中食べられる。


008.jpg
アワーメーターが4,500Hになった。
偶然に車の方は45万kmになった。
この船の使い勝手なら2万Hは大丈夫とヤンマーのHさん。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:59 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする