2014年06月23日

ダボ仕掛け 泳がせサビキの実力 〜 6月20日釣行

マリーナの旗がのたりのたり凪の早朝、カタクチの群を探しに出港。

清水灯台から10ノット程で南下し海面のざわつきと魚探に気配りするも
大きな群は今回も見られず少しでも反応が出ればダボ仕掛けを落とすのだが
カタクチより少々大きめの小サバが多く生き餌には大きすぎる。

3年前の今頃は魚探モニターが真っ赤になるほど
カタクチの大きな群があちこちにあったのに。

しかしこの仕掛け作りの時いつも思うに
丸セイゴ針17号もの大針によくぞ小魚が掛かるものだと不思議で仕方ない。
底物の大形魚は小魚の群に付くといわれるが群が小さいと食欲も湧かないのか
落とし込んでも一発で喰ってこない。

今回4本針を使ったがカタクチと小サバが混じり合って針掛かりするから
着底後も小サバの動きが派手でプルプルの振動が大きく伝わる。

と、そんな時この釣法独特の合わせタイミングの見計らいが必要なく
(喰い逃げもあるが)
一発でグッグーンとくる当たりが出た。
6:4調子竿が胴から半分ほども鋭く海面に突き刺さった。
正に釣り師が何もかもを忘れる一番のクライマックス。
そーらおいでなすったと頭上高く合わせればがっちり針掛かり。

おおっでかいぞ!やったねーダボ仕掛け。
バウのAさんにグーサインで知らせたら

 「ドラグ緩めてー、ゆっくりやってー」

って言ってる。
ドラグは少し緩めにしてあったから巻き取った分が出て行ったりの繰り返しで
何度も強烈な突っ込みをお得意の腕クッションでかわしながら。
両軸手巻きリールだから僅か40m立ちからも腕がくたばる程の延々のやり取り。

横でタモを持ってスタンバイしてるAさんが

 「ブリかな?」

って言ってる。
底物の引きとは違うがとにかく姿を見たい。
相手もこちらの駆け引きに疲れてきたようで澄み潮の中
ゆらりゆらり悠々と姿を現したのは見事な真鯛でAさんのタモに収まった。

70cm 4.1kg。

普通なら何メートルもの針スを用いて釣る真鯛なのに
僅か10cmの枝スに喰ってくるのは
ダボ仕掛けとピチピチの生き餌の実力に他ならない。
ヒラメ、マゴチがいれば一発で喰ってくるわけだ。

その後は練り物の好材料で大きなマエソがきたり。
そのうち小さな反応も無くなりアカムツをやろうと南下し深場へ。
澄み潮で底潮の動きも確実だから条件は良さそう。
今回はサバ短餌のみ使用で落とし込む。

凪の海面は船の揺れが少ないからこんな時は少々重労働にはなるが
手持ち竿で誘いをかけるとグイーっと乗ってくることが多く
Aさん共々いつもの釣果で一日が終了。
2人して2匹ずつのバラシはあったが程々だった。


001.jpg
丸セイゴ17号針4本にカタクチと小サバがパーフェクトに。
こいつをそのまま底に落とす。
自分で考え出した仕掛けにこの姿を見るといつも不思議に思う。
今では既製品もあると聞くが。


002.jpg
するとこんなのが。
ダボ仕掛けと生き餌に負けたのねマダイちゃん。
観念した顔つきしてるね。


003.jpg
大きなマエソ


004_01.jpg

004_02.jpg
Aさんも船頭もいつものやつを。
再三の修理から戻ってきたシーボーグMT500は今回のところ無事役立った。
これ当たり前。


005.jpg
アカムツは最大が700g。
真鯛共々刺身と昆布締めに。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:09 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

アマダイ仕掛けで4.6kgの真鯛を 〜 12月22日釣行

2週間ぶりの釣行。
波予報は3mが大外れで一日中1mほどしかないアマダイポイントで戦闘開始。

ぼつぼつそこそこ釣れる中、とんでもない竿の絞り。

あーぁサメちゃん掛けちゃったかいなぁー。
水深110m猛烈な突っ込みに小型電動が悲鳴をあげる。
Aさんバウで何事かと注視してる。

ドラグを少しだけ緩めたら20mも引き出された。
サメでもホシザメならAさんと半分ずつ持って帰れるなぁ、なんて思いながら
お得意の腕クッションをフル活用しての駆け引き。
こんな強烈なのサメしかないけど引き方がどうも違うんだよなぁーなんて
Aさんに言いながら。

アマダイ用の竿は半円状態。
そのうち相手も少々パワーが落ちたみたいなのでドラグを締め直し
よいしょよいしょと。

澄潮だったので白いのがゆらゆら上がってきたのが見えて
タモを持ったAさんがタイだ!
慎重にやってと言いながらスッポリタモ入り。

こりゃーでかい。

クッションゴムもなく全長2mの仕掛けで針はチヌの4号。
針がのされずよくもったもんだ。
上唇の良い個所にかかっていたのが幸いした。

こませもなく僅か2mの仕掛けにやられたんで
さぞ悔しかったろうな、この大鯛。


001.jpg
700gのアマダイ


002_01.jpg

002_02.jpg
70cm4.6kg
(こんなのは食べて旨くないと思うがのちほどお知らせ)


003.jpg
昨日の釣果は6目釣り


004.jpg
富士山とてもきれい


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:42 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

100mm腕クッション今日もフル稼働 〜 8月7日釣行

このところ平日釣行が多いので海面は貸切状態。
またまた五目釣りで毎度のポイントへ。

早朝は魚探も寂しくボウズが脳裏をかすめるが
ポイントは広いのでウロウロしてたら何とか乗せられそうな反応が出た。

船を大きくUターンさせ真上に来た。
船外機やドライブ船ならこんな苦労もせずその場で乗せられるのにと
いつも思うのだがこればかりはどうしようもない。
何しろアスターンの舵が効かないので。

仕掛けを入れコマセを振ったら竿先が深く海中に突き刺さった。
よーし、おいでなすったとばかりやり取り開始。

Aさんが鯛だなって言ってる。
なるほど鯛の引きだが肝心な竿が鯛竿ではない。
1.8mのアママルだ。
その上クッションゴムは付けてない。
従っていつもの腕クッションの出番で竿の中間まで海中に引きずり込まれても
何とか100mmの腕で凌いでいる。

深さは40mほどだがドラグが滑って巻いたり出たり腕クッションで凌いだり。
Aさんゆっくりやってよぉー、なんて言いながらタモ持って構えてる。
竿が短いから船底に入られる。
何とかかわさないとペラに巻き込んだらパァーだからね。
やっとテンビンを掴んだがここからが難しいところで
勿論ここでも腕クッションが大活躍。

水中に見えだしたのは良型の真鯛でAさんのタモにすっぽり収まった。
結果は良型1.2kgと次に1.6kgの食べ頃サイズ。
五目釣りは出来なかったがウマズラとマルソウダで三目釣り。
まぁ良しとするか。

それにしてもタチとキスをやりたいけどいなけりゃしょうがないなぁ。


001.jpg
1.2kg


002.jpg
1.6kg
それぞれ真鯛


003.jpg
チビを入れて3匹
手前1.6kg、真ん中1.2kg、奥はおちびさんの各真鯛


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:01 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

海水温が16度台になってきた 〜 11月27日釣行

アマダイはまだだめだろうとこの日もタイ五目釣りで我慢してきた。

反応はあまり芳しくないが何とか探し当てアンカーワークで真上に乗せる。
Aさんがバウでアンカーを下ろし船頭は反応の上までアスターンの操船。
Aさんアンカーを海底にかけるべくロープの調節をし
丁度アンカーが利いた時に反応の真上にくるようにするには
呼吸が合わないとできない。

で、早速釣り始めるも今日の魚は反応の割に喰ってこない。
手始めはAさんがクロダイを釣り上げ、次に同じくクロダイを船頭が。

水温を見ると16.4度と表示されてる。
もう1〜2度下がればアマダイだな、なんてそればかりが気になる。

昼近くまでに
クロダイ、マダイ、イナダ、サバ、アカヤガラ、ウマハギ、マルアジと
まさに五目釣り。

2人共おかずくらいは確保して少々ぶっ飛ばして帰港した。


001.jpg
食べ頃のいろいろ貧果だけど。
この丸アジは35センチあった。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:34 | 神奈川 | 【釣】−釣果−タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

今日もアマダイのピンチヒッター マダイ 〜 11月13日釣行

相変わらず水温が高い。久能沖で19〜21度。
これではアマダイも布団、じゃなかった砂の中に潜ってられないか。

仕方ないからまたまたマダイで茶を濁すことに。
個人差はあるだろうけどマダイよりアマダイの方が旨いと思うんだが
釣れなきゃしょうがないもん。

前回同様久能沖30〜50m立ちを広範囲にノロノロ徘徊し反応を見つけた。
Aさんのアンカーワーク、船頭はロープを引きながら反応までアスターンをかけ
アンカーを固定させ、それではと試合開始。

凪も良いし富士山は目の前だしさぁー、マダイちゃんいらっしゃいよとばかり
仕掛けを下ろすと直ぐにきた。

ルンルン気分で巻いてたら強烈な突っ込みで竿先が海中にギューンとなるが
そこを直径10cm超の“腕クッション”で凌ぎ
Aさん差し出すタモにお入り願った。
もちろんAさんもバウでご機嫌のやり取りを楽しむこと度々。

そうこうしてるうち反応がアジになってこれも直ぐに食ってきた。
35cm〜40cmのマルアジだ。
マアジならもっと嬉しいんだけど丸々して脂が乗って旨そう。

カイワリも混じり10時頃になると大潮のすぐ後の中潮なので
潮が速くなり反応がすっかり消えた。

一旦アンカーを上げ他を探したが見つからず
今日はもう沢山釣ったから帰ろうと悠々の帰還。

マリーナの水の出悪くションベン小僧のような水圧で船を洗い
家に帰ったら子供達来てて、それじゃあ刺身を造ってやるぞ、と
マルアジを刺身にしたらマアジに劣らず旨かった。

やはり脂が乗ってたのと1匹毎活き締め血抜きしてあるから
そりゃあ旨いわけだ。
沢山造ったがぺろっと食べちゃった。


001_01.jpg

001_02.jpg
仕方なしのマダイにしては上物を釣り上げたAさん。


002.jpg
船頭も。


003.jpg
これは魚の反応ではありません。
コマセかごが下から5mに来ている所が写ってます。
仕掛けが5mなので。


004.jpg
本日の総捕獲量。
Aさんも同量程度でクーラー持ってヨロッとしてたな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:56 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする