2015年09月17日

27cmのカワハギとウマヅラ 〜 9月16日釣行

北寄りが7〜8m吹く海面はドンブラコ状態。
ヤフーの予報は北が2〜3mだと。
いつも大外れだなぁ。

フグにビクビクしながら仕掛けを入れたらAさん一発でやられた。
しかもアジやサバは釣れない。

僚船が鯛場に出てるので連絡したら何とかなりそうなので
舳先を海面に突っ込みながらポイントに入ったが
他船も僅かしか来てない。

小鯛やソーダが釣れその後に連続してカワハギとウマズラの27cmが4連発。
それを見たAさんがお得意のカワハギ仕掛けを即席で作ったかと思ったら
早々とでかいのを釣り出した。

そう言えば9月も中旬になるとカワハギシーズン入りなんだなぁ。
ただしキモはまだ大きくないね。


001.jpg
下ごしらえ済んだカワハギとウマヅラハギ、身は刺身で頭は煮付けにする。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:06 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−ウマヅラハギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

中深のウマズラハギ 〜 1月19日釣行

等圧線も気象予報も問題なさそうなのだが
何となく北寄りが吹き出しそうな予感の中、三保沖オニポイントへ。

若潮なのだが大きな2枚潮にになってる様子で
船べりから垂直に糸は入るのだが
魚探とリールの深度表示が40mも異なり根掛かり連発。
それも針スではなく片テンが引っ掛かり仕掛けのロスばかり。

Aさんも同じらしく根掛かりと奮闘してる。
きっと底の潮流れが異常に速いのだろう。
早々にギブアップ。

さて何をやろうか。

中深のアジをやろうと反応探しをしてたら
アジではなさそうだが何やら魅力的なのが現れた。
100mほどの立ちで平根があるみたい。

仕掛けを入れたら早速喰った。
それも結構な手応えで慎重に巻き上げてAさんのタモに入ったのは
見たこともない大きなウマハギだ。
こいつは旨いんだよなぁ、なんて言いながら潮回りし乗せる度に良形。

気を良くしてやってたらそれこそ急激に北が吹き出してきた。
6〜7m。
船はドンブラコでこれはかなわんと航路へ避難しアカボラ狙い。
だがここもすぐにドンブラコ状態。

帰港準備してたら土肥行きフェリーがいつもの航路を外れ
岸寄りコースに由比方面に向かっている。
波風を避ける為岸寄りコースを取ったようだ。
それ程ひどい。

予報が当たってしまった辛い釣り日和でした。


001.jpg
Aさん良形でご機嫌。


002.jpg
船頭も。


003.jpg
950gは立派。こんなでかいの見たことない。昆布締めの好材料。


※ 魚関係のホームページや魚類図鑑などの説明に食性は見たことないが
釣り師の立場から感じた食性を書くとカワハギのような小さな口ではあるが
餌を喰う様子は一発で食い込むのではないかと思われる。
カワハギのようにホバリングしながらついばむのとは明らかに違うようだ。

群の中に餌を落とすと一発で針掛かりするのが常で
どちらかと言えばシロギスのような食性ではなかろうか。
想像ではあるが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 11:17 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−ウマヅラハギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

潮がかっ飛んでた 〜 10月28日釣行

港内の海面を見ると外海は少々きついかなと出てみたら何てことはなかった。

今日はオニ狙いなのだが一応ウマハギ、カワハギの反応見ようと
ポイントに入ったが群が小さく芳しくないがちょっとやってみるかと始めるも
潮流れが早過ぎ小さな反応に乗せられない。
相当の潮上から流してもすぐ反応上を通過し釣りにならずオニのポイントへ。

ところが当たり前のことだったのだが沖も相当な潮流れでドデカイ3枚潮。
2人共根掛かり連発でどうにもならない。
そう言えば3艇ほどのムツ狙いも早々に引き上げてた。

浅場の方が少しはましかと再びハギ狙いできつい状況の中
2人共何とか粘り、おかずくらいは確保して退散の憂き目に。

とにかくオニ状況を確認したいのだが
アマダイも時期にきてるからこっちもやりたい。
何だか忙しくなってきたぞ。

今日の釣果は1.5kgほどで写真撮りの価値もない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:37 | 神奈川 | 【釣】−釣果−ウマヅラハギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

カワハギ、ウマハギ 〜 10月24日釣行

旅に出る前の4〜5日間は大雨で船も出せず
結局帰ってからの24日釣行まで2週間も間が空いてしまった。

オイルの落ちているエンジンを恐る恐る始動させ
カワハギ、ウマハギ狙いで三保沖へ。

ウマの反応は芳しくない。
カワハギと違いウマは時には大きな群をつくるから真っ赤な反応が出るのだが
ポツリポツリと小さいのが出るだけで思うように船を乗せられず苦労する。

ワラサもどこかへ行ってしまったようで
これまた反応無く遊漁船も極僅かで鯛狙いの方が多い。

それでも先調子竿でAさん抜かりなくカワハギ混じりでとっくにツ抜けなのに
こっちは5匹しか釣れない。
今日はたるませ釣法が良いとAさんが言うから
6:4調子を使ってる船頭は分が悪いかも。

潮の色も少しよくなってきたので次回はオニを試そうよと話ながらの帰港。


001.jpg
小さな鯛は3枚に卸して酢締めにすると旨い。
Aさんはこの倍くらいの釣果。


002.jpg
今回餌取りの邪魔者ホンベラの雄を持ち帰った。
旨かったか不味かったか後日報告します。
もっとも関西では好んで食べられてる魚だけど。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:05 | 神奈川 🌁 | 【釣】−釣果−ウマヅラハギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

カワハギ、ウマヅラハギの胃袋はオキアミぎゅうぎゅう 〜 10月10日釣行

今日の駿河湾鯛場も50艇ほどの船団ができていた。

この1艇に仮に平均して5人ほど乗船して
1人が2kgのオキアミこませを蒔いたとしたら
1艇が蒔く量は10kgになり50艇ではなんと500kgのこませを蒔くことになる。

これを週末や休日に限って計算しても、
えーっといくつだったかな・・・。

とにかく膨大な量が蒔かれることになる。

この海底はオキアミが積もり積もってんだろな。
この場所で釣った魚の胃袋はオキアミでは千切れんばかりに膨らんでいる。

アミエビこませほど腐敗は早くはないけど一番先に臭いが発生するところだな。
この前釣ったワラサなんて凄かった。
再びこませで使えるほどかと思うくらいに。

青物は血抜き活き締めをした後
鰓と腹わたを取るのでその時にオキアミの入った胃袋も他の魚の餌として
海に返してくるのだが。
要するに捨ててくる。


001.jpg
今日も50艇ほどの船団。


002.jpg
いろいろ釣れた。
Aさんもこのくらいの釣果。
オキアミぎゅうぎゅうの胃袋はグロなので載せません。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 10:21 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−ウマヅラハギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする