2014年09月06日

スーパーマーケットと客の攻防戦

スーパーマーケットのチラシ広告を見てお客も色々労力を使うようだが
どっこいスーパーも知恵を絞ってるなぁと。
正に守るも攻めるもの図式でなるほどなと感心させられる。

お一人様一個限りだなんて要は目玉商品があると
客は一家総出でレジに並び人数分を確保してくるし
中には何回もレジに並び直し大量に手に入れる客もいるとのこと。

利益を絞った目玉商品を一部の客が買い占めるのを何とか防ぎたいと
色々スーパーも知恵を絞る。

と、どうなるか。

  「目玉商品を除く他の商品を1,000円以上買った客にだけ
      目玉商品を一個販売する」

うまく考えましたね。
さすがの客もこれでは手も足も出ない。

今の所はスーパーの勝ちだが客の方だって
そのうちウルトラ技を考え出すかもしれない。

攻防戦は中々大変でまだまだ続くかも。


001_02.jpg

001_01.jpg
スーパーが知恵を絞って考え出した目玉商品についての説明書き


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【伝】−広告・チラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

血圧基準値の怪

何故製薬会社は医療機関と医師に金を払うのかという
少々言い訳めいた意見広告が目に止まりました。

額面通りならそんなこともあるんかいなぁとも思われるが
中々そうはいかないのが医療機関の複雑な利権絡みで
もっと主目的が他にあるのではと勘案したくもなる。
多くの医師がこの社会の実情を記した著書を出しており
それらを読むとその姿が浮かび上がってくる。

その中の一つでわたし達が少なからず気にかける
血圧基準値について記してみます。

日本血圧学会(特定非営利活動法人)が2000年以前に高血圧症としてたのは
上160以上、下95以上が基準値だった。
ところが2000年を境にして上が130以上、下85以上に引き下げた。
これは何を意味するのか。

医療機関組織と血圧学会に何があったのかは知る由もないが
今まで160以上の人達が用いてた高血圧症の薬を
130以上の人達にも用いるようになったわけだから
当然製薬会社は潤い売上げアップにつながる。

多くの医師は著書の中で130の基準値を何故国を挙げて高血圧とするのかと
疑問を呈し、ましてや薬を用いることの不可解を突いている。

これらには医療機関関係をつかさどる金銭の絡んだ複雑な裏側の姿があり
特に製薬会社と医療機関の結び付きは昔からの習わしのようなことらしい。

医療に係わる難しい著書はわたし達には理解できないが
易しく解説されたものが多くの出版される今日
これらは少しばかり見る目を広げ知識の肥やしにもなるから
海に出られない日も有効に過ごせる。


001.jpg
製薬会社から医療機関や医師に金が流れるのは何故かの意見広告。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【伝】−広告・チラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

車販売のチラシ

ご存知のように車のエンジンには気筒数の違いがあるが
一般的には小型車のいわゆるファミリーカーなどに
搭載されてるのは4気筒が多いようです。

大型車になると6気筒。
それもスペースを取らないV型エンジンになるし
更に高級車になると8気筒や12気筒エンジンが主役を占めるようになり
メルセデスやロールスロイスなどに使われている。

このクラスになると我々一般人にはとても手が出せない車両価格になり
持ったとしてもランニングコストが手に負えないのが実情だ。

ところで輸入車で度々チラシ広告の入ってるものに
400〜500万円クラスが多いがこのクラスになれば
当然6気筒エンジン搭載車だろうと思うのだが
どっこい4気筒が結構あり逆に考えると
4気筒エンジンでこんなに高いの?と疑問に思う。

国産車だったら200万円を少し超えたクラスにいくらでもあるではないか。
4気筒エンジン車にとてもそんな対価を払おうという気にはならないが・・・。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:33 | 神奈川 ☔ | 【伝】−広告・チラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

印刷屋から見たチラシ

時々書いてますが
わたしの所では印刷業とそのデザイン制作を手掛けていますが
量販店やスーパーのチラシ類の取扱いはしておりません。
ですから極々客観的にそれらを見ながら酒を飲んだりして勝手なこと書いてます。

前々から気になってた折込チラシのカラー刷りと
1色だけのいわゆる単色刷り。
少々勝手な見方をすると何故単色物を使うのか。

商品とその値段を伝えるだけならそれでも用は足りるが
まずチラシを手に取ってもらうにはカラー刷りのインパクトにはかなわない。

またこれらにまつわる経費にしても
例えば4色刷り(カラー刷り)だからと言って
印刷代が単色物の4倍ということはないし用紙代は全く同じ。
大きな比重を占める新聞店に支払う折込費用も全く同額。

毎夕の肴にチラシ類は楽しく眺めるが単色物はまず見ない。
何故なら楽しくないから。

チラシの持つ目的は見る人に見てもらう楽しさを与え
来客を促すことが壱番重要になことなのに。
これで経費の節約になるのだろうか。


002.jpg
1色刷りのチラシ。


001.jpg
カラー刷りのチラシ、インパクトが遥かに大きい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【伝】−広告・チラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

過払い利息

一般にイメージする弁護士さんとはかなり違うイメージの
おぼっちゃまのような写真。
弁護士さんです。
しかも若い方。

ローンを含め貸金業者を利用した消費者が
利息を余分に払ってた部分を取り戻したりすることの
代理人として行うとの宣伝チラシ。

多くの司法書士、弁護士が
この業務を遂行することの折込チラシは最近めっぽう多い。

相手が金融業者だから確実な収入源になるが
この重圧で倒産した業者もある。
大手だった武富士のように。

しかしその後も金利の利ざやは大きく賃金業者の業績は好調だから
過払金利があって代理人が請求すれば
確実に回収できるから旨味ある業務だろう。

弁護士や司法書を天敵のように感ずるのではないだろか。
業者にしてみれば。


001.jpg
このチラシ連日入ってる。
余程効果があるのかな。
それにしてもおいしい仕事ですね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【伝】−広告・チラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする