2020年12月18日

さっぱり味の酒

深山の小さな沢に注ぎ込んでる清水。
岩の割れ目からにじみ出してる清水。
手で受け喉を潤した時のあの清涼感に似た酒が多々ある。
香り弱く重くなく抵抗なしにすいすい飲め肴を選ばない。
何とも理想な酒。

一例を挙げるならば新潟の越乃寒梅。
プレミア価格でめっぽう高価。
いわゆるさっぱり系の酒だが探せば他にもいろいろある。
プレミア価格ではなく。

一ノ蔵 無鑑査。
久保田 千寿
鄙願、などが挙げらるが酒ばかりは個人の嗜好もあるから難しさもある。
酒臭く重量感ある味でなければ飲んだ気がしないという人もいることだし。


さっぱり味の酒.JPG
左から一ノ蔵 無鑑査、久保田 千寿、鄙願(ヒガン)
これらはさっぱり系の酒で鄙願以外は量販店で
1,000円台から2,000円台で購入できる。
肴は何でも合うように思う。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
posted by ダボさん at 15:04 | 神奈川 ☁ | 【酔】−酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする