2020年07月30日

ポイントに着くまで難行苦行 〜 7月29日釣行

早朝のマリーナは無風状態。

こりゃあ少々飛ばして行けるわいと
暗闇の港内を滑るように走れたのは良かったが外堤防出た途端
とんでもない海面が待ち構えてた。

清水港の天和丸と並走してたが
両船とも141ノット程しか出せず波浪に翻弄される。

こんな予報じゃなかったのにぁ。
大きく乱れた南東からのとてつもないうねりは恐ろしい。

安倍川の風車発電の白い灯がチカチカ見え出した。
後少しの格闘だ。

やっとの思いでポイントに着いたらこんな日に限って魚影が賑やかだ。
船を止めて投錨してしまえばドンブラコ状態だが釣りにはなる。

ところが波の質が悪く投錨ポイントを定めるのに苦労する。
初めの投錨では波に煽られ走錨しポイントを外れ入れ直し。
さてさてと思う間もなく海面を見ると川のような潮流。

魚影は見えても棚取りに苦労し当たりも取り難いから釣果に繋がらず
暫くたって潮が緩み始めてから釣れ出したが午後は雨の予報。

アジのツ抜けをと気は焦る。
そんな時重量感ある当たり。

ちょっと嫌な予感が。

でも上げてみないことには分からないがアカエイじゃないかなぁ。
強烈なずっしりした引きは予想通りバカデカイそのもので
針ス切ってハイサイナラ。

その後Aさんも格闘してるなと見てたらホシザメのでかいの。

この日はあまり良い釣果じゃないから
持って帰ったらと言ったらそうしようと。

デッキに上げたらドッタンバッタンの大騒ぎ。
太いすりこぎで頭を一撃し大人しくなった。

しかし船内にすりこぎを用意してあるなんて人るのかしら。

Aさんはこの日も3s近くのマダイと1s程を釣り上げた。

何だか予報通り雲行き怪しくなってきた。
丸太ん棒のようなのが海面の所々に漂流してるから船速押さえての帰港で
洗艇してたらポツリポツリと降り出した。


ポイントに着くまで難行苦行001.JPG
毎度の旨アジは全9匹。
アジ刺は薄皮むくでしょ。
その下の身は脂でテラテラ。
腹中は真白い脂肪の塊がべったり。
だから味は推して知るべし。
こんなの釣りびとしか食べられないよね。


ポイントに着くまで難行苦行002.JPG
この日の赤い魚マダイ、キダイ、イトヨリ。
マダイはAさん釣果。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
posted by ダボさん at 18:32 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする