2020年02月17日

瓢箪から駒 〜 2月12日釣行

早朝から9時頃までは凪で
10時頃より南寄り8m吹き出す予報の出てる真っ暗闇の中出港し
いつもの様に南下するがこの日もアジ、サバ、マダイ反応なし。

早々にアマダイに変更するが相変わらずこまいのばかり
つまり天種サイズばかり。
このところ何回もこんなことばかりですっかり嫌気が差してる。
これじゃおもしろくも楽しくもない。

こんなことならダメ元の一発狙いで
浅場のシロアマ狙ってみようとのことになり
60〜70m立ちへ移動し気合いを入れた。

しかしそう簡単に釣れる魚じゃない。
ところがどうしたことか良形キダイがよく釣れる。
Aさんキダイ釣りたいと前から言ってたので
これはもうホクホク顔で大満足の様子。
じゃんじゃん釣り上げてる。

まさかこの場所で?
と正に瓢箪から駒。
それにイトヨリの良形も混じるんだから堪えられない。

2人でイトヨリを7〜8匹は釣ってるなぁ、よれよれの餌でも喰ってくる。
久し振りの無我夢中の釣りをやりながら
10時近くになって遙か南の海面を見るとやはり白うさぎが跳ね出してる。
予報通りだなと思う間もなく南西が10m吹き出した。

見る見るうちに海面が大きく掘れ出した。
それでも帰路は風下だからとまだ粘るが
増々酷くなりマリーナの桟橋に着けられるかが心配になりもう帰ろうよ。

仕舞い支度の最後はスパンカー降ろし。
これ1人でやってたら降ろしてる最中船は横向きになり
引っ繰り返ること間違いなし。
1人が風上に微速前進をかけてないと降ろせない程の強風。

追い風、追い波に押されいいポイント見付けたなぁと
上機嫌で港内に入ったがここも白うさぎ。
この様な荒れた海でも漁船はほんとに強く惚れ惚れする。


瓢箪から駒001.JPG
キダイがよく釣れた。大きいのは700g。
これの酢締めはめっぽう旨い。


瓢箪から駒002.JPG
他の釣果。
イトヨリ600gを頭に。
ハタと共に昆布締めにする。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 12:55 | 神奈川 🌁 | 【釣】−釣果−キダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする