2020年01月25日

気象予報、何を信じたらよいのか 〜 1月22日釣行

あくまでも予報だからと言われたら返す言葉もないが、それでもなぁー
あまりにも“予報外”が多くて翻弄されてしまうのには困ったことだ。

下の写真2枚は1月22日前日の様子なのだが
一見してばっちり釣り日和の気圧配置と波予報。
これ見たら誰だって凪の海だと思ってしまう。

ところがだ、外堤防を出た途端、北東風でドンブラコ状態。
追い風だから、えーいままよと南下して
コマセ五目ポイントに入るも魚影なしで
えーいもっと南下してしまえと追い風をいいことに
次のポイントへぶっ飛ばした。

風は西に変わり大波は北東から、しばらくどうーすべーか
様子を見ていたが横波で船はひっくり返りそう。

Aさん、これじゃいくら何でも危険だから北に戻って
初めのポイント沖の深場でアマダイやろうということに。
大波に向かって10ノットそこそこで後戻り。

少しはましな海面でアマダイ狙い。
ところが釣れることは釣れるのだが小まいのばかりで
かといってアマダイは放流できないし天種にでもと血抜きせずクーラーに。

そのうち眼力優れたAさんが少し南の波も落ちてきた様子なので
元の南のポイントに行こうと再び南下しポイントに。

Aさん眼力通り先程より良くなってる。
ではではとアマダイ開始。
300〜500gをポンポン釣り上げるも期待するキロ級は出ない。
まぁ天種釣りと割り切ればちょうど良いサイズ。
数も釣れたことだしこれで良しとするか。

凪になった海面を少々飛ばし気味にマリーナに帰る。


気象予報、何を信じたらよいのか00101.JPG

気象予報、何を信じたらよいのか00102.JPG
気圧配置は高気圧のド真ん中で波予報も願ってもない様子なのだが
とんでもないことになってた。


気象予報、何を信じたらよいのか002.JPG
アマダイ釣果。20匹以上だが天種サイズ多し。


気象予報、何を信じたらよいのか003.JPG
今回もキアマが2匹。
ちょっと見アカアマと判らないでしょ。
前回も書きましたが食味はアカアマと同じで
身は引き締まり気味だが水分が僅かに多い。
アマダイは釣れたらまず顔色を見てください。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 16:52 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする