2020年01月23日

鱗落とし三点セット

魚を釣ってくればタチなど除き
おおよその魚は調理始めにしなければならない億劫な鱗の処理。
おもしろくも楽しくもない単純な作業で
周囲に飛び散り後始末もしなければならず。
かといってこれをしないと先に進まない。
ビニル袋の中や水の中でしてる人もいるようで。

ところが写真のような三点セットがあればかなり効率良く
かつ飛び散りも最小限に作業できる。
いずれにしても尖った鰭先に向かってある程度の力で擦る為
怪我予防のため厚手のゴム手袋を用いるのでこれも含めて三点セットとした。

黒のゴム製で片力商事の「鱗トル」はおおよその魚に対応でき
全くといってよい程飛び散らず鱗が取れる。
鰭際の細かい部分は従来からの金属製が使いやすい。
これは飛び散るがほとんど鱗トルで処理後なので問題は少ない。

これでキッチンを汚さず鱗の処理ができる。


P1080016.JPG
取っ手の付いた黒色の「鱗トル」と従来からのうろこ取り。
厚手のゴム手袋。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする