2019年11月29日

うろこ取りは楽しくない

大漁にしろ貧果にしろ釣ってきた魚を食べるには避けられないうろこの処理。
アマダイの松笠揚げは別にして
これが楽しくて仕方ないなんて方いませんよね。
ガリガリゴリゴリちっとも楽しくない。

一般家庭のキッチンでやればそこら中うろこが飛び散り
かーちゃんにおこられるし良いこと一つもない。

結局何とかして楽に出来るよう工夫するしかない。
工夫ったってビニル袋の中でやるか道具の選択ぐらいしか考えつかない。
その道具も今まで随分色々見てきて良さそうなのを試行錯誤してきたが
力が不要で飛び散らない物は未だかつて見たことない。

今手元にあるものをまとめて紹介してみます。
そこそこ良さそうと思われる6種です。


うろこ取りは楽しくない00101.JPG
2014年に購入した一番の大仕掛けで
電動うろこ取りは大漁時に強い味方になる。
しかしこれを普通のキッチンで使ったら
かーちゃんに大目玉食らうこと間違いなし。
つまり業務用ということでしょう。

三枚刃が横に高速回転するが
ゴム手袋の脂に当たっても怪我をせず安心して使え
魚の大小問わずしかも鰭際もきれいに落とせる。

2014年12月13日の記事にもしてるから丸5年間使用しているが
故障もせず6種中一番の優れものでとにかく楽々。

コードをコンセントに差し込んで
回転刃のコードを本体につないだりの少しの手間はあるが
短時間で処理できる。

高価がわざわいするが大漁時はこれ程頼りになるうろこ取りはない。


うろこ取りは楽しくない002.JPG
なかでも優れたウロコとり
このへら状の道具は上記とは対照的に廉価で鯛などには活躍する。
つまり平面の多い魚に適している。


うろこ取りは楽しくない003.JPG
鱗トル
ゴムの材質で理屈はへら状のと同じだが
少々高価なだけあって使い勝手は良い。


うろこ取りは楽しくない004.JPG
金属タワシ
ヒラメ、コチ、など大形魚の細かく頑固なうろこには一番ではないだろか。
廉価だし。


うろこ取りは楽しくない005.JPG
金属ブラシ
これで落とせないうろこは他のどれを使ってもだめみたい。


うろこ取りは楽しくない006.JPG
昔から板前御用達のロングセラーで
おおよそはこれ一本で用は足りる優れもの。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☔ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする