2019年08月28日

ヒメちゃん捨てないで 〜 8月26日釣行

今回も安倍川沖の大アジ、サバ、アマダイ狙いで航海灯を付けての出港。
日の出が一時より一時間も遅くなった。

ポイントは貸切状態で一艇もいないから思い通りに流せる。
反応は芳しくなく忘れた頃にポツリポツリと出るが喰いは良くない。

そんな中キロ級のマダイを掛けたと喜んだ。
強烈な引きで巻き上げが止まることも。
慎重に慎重に浮かせたら赤くないのが一荷で付いてる。
何と800gの正に大アジで、しかも巾広で旨そうなのが。

しかし後にも先にも大アジはこれだけでその後は全く反応出ない。
Aさんも似たり寄ったりで浮いた反応が出ると
これも丸々とした旨そうなサバで大歓迎。
サバ反応も直ぐに途切れいつものパターンでアマダイに切り替え。

ところが今までこんなことなかったが
大き目のヒメが次から次へと喰ってくる。

この魚、釣りびとの大方は捨てるでしょうね。
図鑑によってはこれ程食味評価が分かれる魚もそうはない程だが
天ぷらや干物にすると一級の味になる。
小骨が多いから高級蒲鉾の材料になるなんて評価もある。
しかし天ぷらや干物にすれば気にならないし
食味も満足に足りるからせっせと調理する。
個体の中に腹わたが悪臭を放つのがあるが
腹わたを除去すれば臭いは残らない。

今回は全部干物にした。
本命のアマダイも500〜600gの食べ頃サイズで
これも三枚におろして干物にした。
しばらく肴は干物が主になりそう。
もちろん大サバは締めサバ、大アジは刺身に。

釣りびとしか味わえない贅沢が満喫できる。


001.JPG
25p級のヒメ


002.JPG
800gの大アジに丸々としたサバ


003.JPG
形揃いのアマダイとホウボウ


004.JPG
ヒメの干物


005.JPG
アマダイの干物
近々干物作りの浸け汁作りをアップします。
超我流だけど化学調味料、油脂を一切使わない旨々の付け汁。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:06 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−ヒメコダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする