2019年08月23日

ホウボウの皮、実に旨い 〜 8月21日釣行

少しうねりは南から入るも20ノットで走れる、
安倍川沖を目指して脇目も振らず。

ポイントに入ると海底は静か過ぎ反応のはの字もない。

流してるうちなんとかなるべと仕掛けを入れるも
ウンともスンともないのは当然、魚がいないのだから。

ところが棚高に反応出てきた。
底から3〜5mに大アジ反応、それもかなり大きい。
棚を合わせると強烈なひったくる喰いが即座にきた。

ルンルン気分で慎重に慎重に巻き上げ
船べりに姿を現したのはビッグサイズの一荷。
それも針を飲み込んでる。
余程喰いが荒いのだろう。

ところが大きな反応が途切れるとまた元の静かな海底になってしまい
航跡頼りに探すがどうにも見付からず。

ほんの一瞬のドラマだった。

アマダイに切り替えると飽きない程に釣れてくる。
その中に良形ホウボウが混じり目算通り。

この日のアマダイは手持ちの誘いが良かった。
特に誘い上げ時にググンとヒット。

クーラーも重くなり南も吹き出したので南に押されて帰港。

ホウボウは早く皮を食べたいので皮を引いて熟成させた後
アマダイと共に昆布締めにする。

ホウボウの皮が頗る旨い。
湯引き後酢締めにするのだが肝心なのは湯引きの秒数。
おおよそ15秒。
ちなみにアマダイの皮は5秒、これ以上やるとトロトロになってしまう。

おおよそ魚の皮は湯引き酢締めがとても旨いが
それぞれ微妙な湯引き秒数があり少しばかり難しい。
少し歯応えがあるぐらいが上出来なのだが失敗することも多々ある。


001.JPG
ほど良くできたホウボウの皮の酢締め。


002.JPG
本日の釣果。
大アジ、最大は800g


003.JPG
アマダイの最大は600g
昆布締めと松笠揚げに。


004.JPG
500gが最大のホウボウは刺身と昆布締め。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 13:37 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−ホウボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする